エールのミュージックティーチャー役は誰?御手洗先生の本業も歌手?

エール,ミュージックティーチャー,誰

「エール」のミュージックティーチャー役が誰なのか、話題になっていますね。

御手洗先生という役名ですが、俳優の方の本業も歌手なのだとか。

NHKの連続テレビ小説「エール」の第4話に登場し、強烈なインパクトを残したミュージックティーチャーこと御手洗先生。

俳優はいったい誰で、どのような人物なのかを調べていきたいと思います。

エールのミュージックティーチャー役は誰?プロフィールを紹介

「エール」のミュージックティーチャー役は誰なのでしょうか。

プロフィールを紹介していきたいと思います。

ミュージックティーチャー役は古川雄大

ミュージックティーチャー役を演じているのは、古川雄大(ふるかわゆうた)さん。

とてもかっこいいですね。。

1987年7月9日生まれの32歳で、長野県出身だそうです。

ジャズダンス・クラシックバレエを習われていて、趣味でギターもされているよう。

ミュージカルや映画にも多数出演されいます。

「テニスの王子様」に出演されていたことをご存知の方も多いのではないでしょうか。

その端正なルックスから、写真集も発売されています。

一方で、そのルックスとは裏腹に、天然な性格なのだとか。

そのギャップが愛されている理由なのかもしれませんね。

さらに、歌手としても活動されているようです。

本当に多彩ですね。

「エール」ではミュージックティーチャー役ということですので、歌手活動について詳しく見ていくことにしましょう。

ミュージックティーチャー役の本業も歌手?

古川雄大さんは、俳優だけでなく歌手としても活動されています。

どちらが本業なのかはわかりませんが、どちらも完璧にこなされているといえるでしょう。

レコード会社とも契約されており、CDも発売されています。

2014年8月には、自身のベストアルバム「Yuta Furukawa BEST 2008-2014」を発売されました。

最新のシングルは2019年11月に発売された「Love Songs」。

気になる方は一度聴いてみてもいいのではないでしょうか。

実際に歌手をされているので、今回のミュージックティーチャー役にぴったりだと思います。

歌手経験がない俳優の方よりも、より洗練された演技が期待できますね。

エールのミュージックティーチャー役(御手洗先生)の過去出演作

 

この投稿をInstagramで見る

 

ドラマ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」無事にクランクアップしました! 観て下さった方々、応援してくださった方々、ありがとうございました^_^ 今回医療ドラマの中でとても味のある来島という役をいただけて、素晴らしいキャスト・スタッフの方々と共に一つの作品を作っていく中で、たくさん学ばせていただきました。 考えさせられる内容も描かれる中、主演の天海さんを筆頭にとにかく気さくに話し合える環境を作ってくださり、救われました。 この経験をこの先に活かせるよう、精進していきます。 最終回、お楽しみに^_^ #来島達也

古川雄大(@yuta_furukawa_official)がシェアした投稿 –

エールのミュージックティーチャー役を務められた古川雄大さんは、過去にどのような作品に出演されているのでしょうか?

2010年には、TBS「ヤンキー君とメガネちゃん」の第9話と最終話に長崎役として出演されました。

10年前に放送された作品ですが、見ておられたという方も多いのではないでしょうか。

2018年には、「下町ロケット ヤタガラス編」の題6話から最終話に吉井浩役として出演されました。

こちらも非常に人気のある作品でしたね。

演技力が高く評価されていることがうかがえます。

そして、2019年には日本テレビ「トップナイフ~天才脳外科医の条件~」に来島達也役として出演されました。

医療ドラマにもチャレンジされたよう。

どのような役柄も完璧にこなされていますね。

さて、今回のミュージックティーチャー役は前回の役柄とは大きく異なっていますが、どのような登場シーンだったのでしょうか?

エールのミュージックティーチャーの初登場シーンは?

ミュージックティーチャーの初登場シーンを見ていきましょう。

4月20日放送の第4話に登場したミュージックティーチャーこと御手洗先生。

ヒロインの音(二階堂ふみ)の歌の先生として登場したようです。

常にハイテンションで、堅苦しいことを嫌う御手洗先生。

ですが、敬語を使わないと怒るという一面も見せたよう。

他にも、「先生」と呼ばれることを嫌い、音に「ミュージックティーチャー」と呼ぶように発音を指導する場面も。

そのやり取りが非常に面白いと話題を呼んでいます。

また、御手洗先生の独特なキャラクターにも大きな反響が寄せられています。

4話の終盤に登場した御手洗先生ですが、かなりのインパクトを残したよう。

次回からの演技にも注目ですね。

では次に、ミュージックティーチャーこと御手洗先生についての反応を見ていきましょう。

エールのミュージックティーチャーがキャラ濃すぎ・面白いと話題?

「エール」に登場したミュージックティーチャーについて、皆さんの反応を見ていきましょう。

やはり、「キャラが濃い!」「面白い」といったコメントばかりでした。

その独特なキャラクターが受けたようですね。

ミュージックティーチャーの発音を練習させるシーンが特に印象的だったようです。

今後の音とのやり取りや、その指導の仕方にも注目ですね。

古川雄大さんも、「ミュージカルに出演したり、後輩を指導した経験を活かしたい」とおしゃってました。

今後どのような演技を見せてくれるのか、非常に楽しみです。

エールのミュージックティーチャー役は誰?御手洗先生の本業も歌手?まとめ

「エール」のミュージックティーチャーこと御手洗先生役を務めているのは、古川雄大さんです。

俳優に加え、歌手活動もされているよう。

過去にも様々な作品に出演されていたことがわかりました。

「エール」での初登場シーンは非常に人気だったので、今後の演技にも注目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です