私たちはどうかしている9話ネタバレあらすじと感想!手をつなぐ七桜と椿

私たちはどうかしている9話ネタバレ

私たちはどうかしているマンガ9話のあらすじと感想をネタバレしていきます!

8話では七桜たちは光月庵の最中を完成させ、白藤屋に持っていくことができました。

ただ、七桜オリジナルの最中にしようといった椿に黙って、光月庵の最中に変えてしまった七桜。

9話では2人の仲はすれ違う?それとも進展する?

2人がいったいどうなるのか気になりますね。

私たちはどうかしている9話のあらすじと感想をネタバレしてご紹介したいと思います。

私たちはどうかしている9話のあらすじ

私たちはどうかしている9話のあらすじからご紹介します。

無事に白藤屋からの信頼を取り戻した七桜と椿。

光月庵に戻ってきた七桜を、大旦那は母屋での食事に七桜を誘います。

嬉しくなる七桜でしたが、急に大旦那が豹変して…。

9話は光月庵のドロドロ回ですね。

食事の場があっという間に修羅場に…。

この後くわしいネタバレをしていきます。

私たちはどうかしている9話のネタバレ!

私たちはどうかしている9話のネタバレ、いってみましょう。

手をつなぐ七桜と椿

七桜は白藤屋の女将から、これからも光月庵の御菓子をいただきたいと言われてホッとします。

椿と七桜に結婚式はしないのか聞いてくる女将。

式の予定ないという二人に、和菓子を作る人は思い出を大切にしなくちゃと言うのです。

和菓子はひなまつりなどの行事や人生の節目に一緒にあるもので、思い出に華をそえる存在なのだから、と。

帰り道、七桜は椿に光月庵の最中を持って行ったことを怒っているか聞きます。

結果的に七桜の判断が正しかったことを椿は認めます。

しかし、相談がなかったことは腹立たしいと言う椿。

七桜は言ったら反対されると思ったと反論し、2人は険悪な空気になります。

こんな関係で結婚式なんてありえないと笑う椿に、七桜は「そうだね」と返事しつつ道行く仲のいい老夫婦に目を止めます。

七桜の視線の先に気づいた椿は、「一度夫婦らしいことをしてみるか」と手を差し出します

その手を取った七桜。

「これは駆け引き。ドキドキなんてしない」

光月庵の家族の食事に呼ばれる七桜

手をつないで歩く七桜と椿をみた人から可愛らしいと噂され、こんなことで夫婦や恋人に見えるなんて簡単だと言う椿。

七桜は好きだから手をつなぐというのも「変わらないもの」なのかもと話します。

ずっと変わらないからほっこりする、光月庵のあんこもそういうことを大切にしているのかも。

さらに七桜は大旦那様とちゃんと話してみたら?と提案します。

しかし、それを聞いた椿は手を放し「わかった気になるな」と言って先に帰ってしまいました。

椿とつないだ手を見つめて物思いにふける七桜。

そこに大旦那が現われ、白藤屋には光月庵の最中を持っていったんだねと話し、七桜を家族の食事に連れてきました。

どうして七桜がいるのかと怒鳴る今日子に、大旦那は自分が呼んだんだと言います。

白藤屋の信頼を取り戻せたのは七桜のおかげだからと。

七桜はこんなメンバーだけど誰かと一緒に食事をすることを嬉しく思います。

大旦那の豹変

椿にお酒を取ってくるよう言いつけて、大旦那は七桜に落雁は作れるかと聞きます。

作れるけれど落雁は繊細なのでまだまだうまく作れないと言う七桜。

大旦那は落雁は材料も作り方もとてもシンプル、だからこそ職人のセンスが問われると語ります。

一粒一粒が美しく日持ちもするから長く食べてもらえるのがいいんだと。

でも椿は落雁を売るのを止めると言っており、大旦那はそれが気にくわないのです。

「あいつには職人としてのプライドも和菓子への愛もなにもない」

そう言い切る大旦那に七桜は、椿はこの店をとても大事にしていると言い返します。

ふすまの向こうで聞いていた椿は七桜の発言に驚きます。

椿を愛しているのかと大旦那に聞かれ「はい」と答える七桜。

次の瞬間、「嘘をつくな!!」と大旦那は七桜にご飯を投げつけます!

さらに結婚すると言いながら部屋も別々で、お互いに目も合わせようとしないくせに、私はだまされないと言い放ちます。

椿の部屋へ?

さらに大旦那はこの家には二人の女が入り込んできた、と話します。

一人は女将の今日子。

息子を裏切って血のつながらない椿を残したと言うのです。

今日子は冷静に椿はちゃんとあの人との子供だと言いますが、聞く耳もちません。

そして二人目は七桜の母親

息子の命を奪った女だと。

そして七桜に「お前は何を奪うつもりなのか」と詰め寄るのです。

その時、椿が大旦那に水をぶっかけます!

「僕の妻をいじめないでもらえますか」

そう言って七桜を抱き寄せ、「俺の部屋へ来い」と言うのでした。

今すぐ無料でわたどうを視聴する>>
*公式サイトで配信中

私たちはどうかしている9話の感想

私たちはどうかしている9話の感想にいきたいと思います。

大旦那大爆発でしたね~。

七桜によそ者は出ていけと言っていた今日子も、大旦那からはよそ者認定されているっていう。

光月庵はみんなバラバラなんですね。

椿は本当に不倫の子供なんでしょうか。

まだ大旦那がなぜそう思ったかがハッキリしないんですよね。

しかし大旦那はニコニコしゃべってたかと思うと、急にキレるんで怖いです。

でも今回は椿の「俺の部屋に来い」発言につながったので、ある意味グッジョブ。

このシーンドラマで横浜流星さんが演じたらもう絶対大興奮ですよ。

10話でどうなっちゃうのかドキドキしますね。

9話の手をつなぐシーンもよかったですよね。

「ドキドキなんてしない」っていうのはもうドキドキしてるってことでしょう。

自分に言い聞かせてますよね。

七桜は椿にちょっと惹かれてる気がします。

椿の方も七桜には本音を見せ始めてると思うんですよね。

家族にも心を閉ざしている椿が七桜に心を許すんでしょうか。

あ~、でもそのタイミングで正体がバレるとかなのかな~。

とにかく10話で七桜は椿の部屋へいくのか、関係が進んじゃうのか気になります!

>>原作漫画を今すぐ無料で読むならコチラ<<

\U-NEXTは最新巻がタダで読める/
今すぐ無料トライアル
今だけ3冊無料

\まんが王国も今すぐタダで読める/
今すぐ無料トライアル
↑登録1分で2冊無料↑

私たちはどうかしている9話のあらすじネタバレまとめ

私たちはどうかしている9話のあらすじと感想をご紹介しました。

10話もドキドキの展開になりそうです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です