私たちはどうかしている6話ネタバレあらすじと感想!七桜は光月庵から追い出される?

私たちはどうかしている6話ネタバレ

私たちはどうかしているマンガ6話の感想とあらすじのネタバレをご紹介します。

5話では15年前の事件の話を聞くために白藤屋へ行った七桜。

ところが挨拶の御菓子が真っ赤に染められていて、倒れてしまいます。

白藤屋を怒らせてしまった七桜は、もう話をきくことはできないのでしょうか。

それどころか光月庵も追い出されてしまうかも?

気になる私たちはどうかしている6話のあらすじを、ネタバレして感想もまとめていきたいと思います。

私たちはどうかしている6話のあらすじ

私たちはどうかしている6話のあらすじをご紹介します。

白藤屋に赤く塗られた御菓子を持って行ってしまい、倒れてしまう七桜。

必死に謝罪するものの、光月庵は白藤屋からの信頼を失ってしまいます。

落ち込む七桜に女将がさらに追い打ちをかけてきて…。

誰が御菓子を赤くしたんでしょうか。

やっぱり女将?

七桜はどうなるんでしょうか。

私たちはどうかしている6話のネタバレ!

ここからは私たちはどうかしている6話のネタバレをしていきます。

落ち込む七桜

白藤屋に持って行った御菓子が染められており、それを見た七桜は過呼吸で倒れてしまいます。

なんとか回復した七桜は白藤屋に謝罪しますが、白藤屋の女将の怒りは収まりません。

「御菓子には贈る方の気持ちが込められている、七桜さんのお気持ちは十分に伝わりました」

と拒絶されてしまいます。

二度と白藤屋に来ることは許されない、そう感じて落ち込む七桜。

誰が犯人なのかと考える七桜に、椿はなぜ嘘をついたのか問いただします。

椿は七桜が出かけた後に、白藤屋に電話して注文がなかったことを確認していたのです。

「誰が犯人なのかはどうでもいい、わかっているのは大切なお客様を失ったという現実だ」

かつては光月庵がなくなればいいと願った七桜。

自分から母親を、幸せを日常を奪った光月庵がなくなればこの苦しみは終わると…。

犯人は女将?

今光月庵がなくなってしまったら、真実がわからなくなってしまうと悩む七桜。

城島が厨房に来るとお茶を飲む七桜の姿が。

驚く城島に、厨房が居心地よくて落ち着くと話します。

新人にこんな話しても引かれちゃうかと思いきや、城島は笑顔!

小豆の香りや年季の入った道具を見てどんな御菓子ができるか妄想しちゃうと、2人は大盛り上がり。

久しぶりにこんな話ができて七桜は感動します。

白藤屋の御菓子のことを考えていたと話す七桜に城島は驚きの一言をつぶやきます。

女将が御菓子をチェックしていた

いままでそんなことなかったのに珍しいなと思ったという城島。

まさか女将が?

七桜を追い出そうとする女将

母屋に戻った七桜は自分の部屋に女将がいるのを見つけます。

女将は勝手に七桜の荷物を荷造りしており、お客様に失礼なことをする人間は置いておけないと言い放ちます。

言葉に詰まる七桜に女将は「最初からこれが目的だったんでしょ」とお金を渡してきます。

本当に自分を追い出すために女将が御菓子を赤くしたのか、と思いお金を突き返す七桜。

そして女将の着物には似合わない真っ赤なマニキュアを指摘します。

「何が言いたいの?」と言う女将に七桜は宣言!

「私は椿さんと結婚する、椿さんに言われるまでは出ていかない!」

激昂した女将は七桜に「よそ者はいらない」と花瓶の水を浴びせます。

七桜に逆転のチャンス?

そのころ椿は大旦那の部屋にいました。

大旦那は椿が小さいころ「さくら」と呼んでいた子は見つかったか聞きます。

「またその話ですか?」と取り合わない椿。

大旦那は「私が一番大事にしているものがなにかわかるか?お前は絶対この店を継げん」と言うのです。

女将は七桜を荷物を庭の池に投げ入れ、拾いに入った七桜に二度と光月庵に入るなと蔑みます。

そこに椿が現われ、なんと池に入って七桜の荷物を拾ってくれたのです。

驚く女将に白藤屋から最中20個の注文が入ったと話します。

しかも七桜が作ったものでという指名で。

場面が変わって白藤屋では先生と呼ばれる人に、白藤屋の女将が言われた通りに光月庵に注文を入れたと話しています。

なぜ椿が七桜と結婚したいのかわからないという白藤屋の女将に、先生は彼女の御菓子を食べればわかるかもしれないと言います。

先生と呼ばれていたのは七桜に母親からの手紙を渡した男性

椿は七桜に光月庵のあんの作り方を教えてやると言うのでした。

私たちはどうかしている6話の感想

私たちはどうかしている6話の感想にいってみたいと思います。

女将のやり方がえげつない感じになってきましたね。

いや~、ドロドロしてます。

これドラマで浜辺美波さんがいじめられてたら可哀そうで見てられないかも。

でも七桜は強いですね。

落ち込んでも厨房でお茶飲んで落ち着いてたり、女将にも真っ向からぶつかっていきます。

思わず応援しちゃいますよね。

大旦那が「さくら」を覚えていたのも驚きです。

大旦那が一番大事にしているものとは何なんでしょうか。

どうして椿は店を継げないのかも謎ですね。

7話は七桜に逆転のチャンスが巡ってきます。

うまくいって欲しいですね。

ドラマ「私たちはどうかしている」6話のネタバレ

ドラマ私たちはどうかしている6話のネタバレを紹介していきます。

「とうとう明かされた真実」

跡取りを巡って話し合う大旦那と今日子。本当は椿が樹の子でないと疑っている大旦那に今日子は話をします。そして彼女はあの時の真実を語ります。当時は幸せな気持ちで光月庵に嫁いだこと、樹を愛していたこと、そして一度も愛されなかったこと、全てを話しました。それを聞き大旦那はやはり椿は樹の子ではないのかと今日子に詰め寄ります。揉み合う二人。図らずしてふとした拍子に大旦那は倒れ机の角に頭をぶつけ血を流します。焦る今日子。そして大旦那が持っていたロウソクが倒れ畳に引火します。そして七桜は今日子たちがいる、一年に一回のチャンスの「あの部屋」にあの時の秘密があると思い、入ろうと向かいます。そして今日子と会う七桜です。今日子と対峙する七桜。七桜はあの時の記憶が少し蘇り、樹が死んだあの場に今日子がいた事を今日子に問います。そして開き直る今日子。今日子は、あの時七桜の母、大倉百合子に罪を被せた事がわかりました。そしてあの場に居合わせたまだ幼い椿に、樹を殺したのは百合子がやったと刷り込みます。その事実を知った今日子に七桜は自分が「さくら」だと正体を明かします。やはりと悪態をつく今日子。そして彼女が声をかけると横には椿がいました。椿は一連の話を全てを聞いていました。

「炎に包まれる光月庵」

そして七桜に詰め寄る椿。あの時の言葉の数々は嘘だったのか、全ては復讐するためだけだったのかと問います。答えられない七桜に、何と光月庵が家事になってしまっていると知らせが入ります。現場に向かわねばならない椿。そして七桜は椿を愛していた気持ちは真実だったと想いを秘め、椿に「私、ここで椿を待ちます」と言い立ち去る椿です。そして炎に包まれだす廊下の中、大旦那の行方を探す椿ですが、あまりの火の勢いになかなか進めずです。そして力尽き途中で倒れます。そして薄れゆく意識の中で七桜を愛している気持ちを頭に巡らせ意識が遠のきます。待つ七桜ですが、彼女にも異変が。妊娠しているお腹に痛みが走り、七桜もまた倒れ意識が飛んでしまいました。三ヶ月後、無事だった椿は目を覚ましあの日から消えてしまった七桜への想いを抱えながら過ごしていました。あの時、栞が椿を助けてくれたのです。そして椿への想いを秘めながらも縁談が進んでしまっている栞。栞はさあ結婚かというある日婚約者の前で「私、結婚できません」と啖呵を切り破談にしてしまいました。彼女もまたもがいており、何の取り柄もない自分を変えたい、椿のもとへ行きたいと思い話をしました。そして彼女は椿にあるお願いをします。「光月庵で働かせてください」と椿にお願いをします。勇気を振り絞って真っ直ぐな気持ちで本音を打ち明ける栞に椿はこれを快く承諾します。また、七桜も目を覚ました時には病院のベッドでした。目を覚ますと夕子が目の前におりあの時の事を思い出します。そして、お腹の赤ちゃんはダメだった事を知りとても悲しみます。そして現れた多喜川に、もう光月庵の事を忘れようと思い始めます。

「そして月日は流れ・・」

3年の月日が経ちました。椿は気持ちを取り戻し、大旦那が不在の光月庵を切り盛りしています。内には七桜への想いを奥にしまい、密かに七桜の幸せを案じています。傍には看板娘となった栞もいます。そんな家事も乗り越え活気を取り戻した光月庵ですがある日光月庵の上得意、さみだれ亭との取引のなかでとある店に一年のお菓子を提供する権利を奪われてしまったことを椿は知ります。そのお店の名は「はながすみ」。場面は変わりはながすみの店内、何とそこには多喜川の姿があります。そしてその側には七桜がおり、彼女は衝撃的な一言を放ちます。七桜「今の光月庵には消えてもらいます」別人の様になったさくらの場面で終わります。

  • 椿を後継者にしろと詰め寄る今日子
  • 椿の父親が樹でない誰かだと大旦那に明かされます
  • 今日子に会い自分がさくらだと正体を明かす七桜
  • 家事は広がり離れ離れになる二人
  • 3年後、復活した光月庵と別の店で菓子を作る七桜

正に運命に翻弄される椿と七桜。それが切ないです。しかし、椿と七桜のあの時の樹が死んだ時の記憶が全て蘇らない限りはこれは解決する事はありません。早く思い出せるといいんですが、人なのか物なのかそのカギになるものが何か早く知りたいです。そしてそれを知った二人がどうするのか、その気持ちの変遷が観たいです。しかし七桜は事実として椿の子を孕んでいたのに本当に可哀想です。二人が愛し合っていた事は間違いなく事実なのに、それが身を結ぶ日が来るのか不安です。そこに多喜川と栞が絡み合ってきて前半とはまただいぶ状況が変わるので想像がつかず楽しみです。

私たちはどうかしている6話のあらすじネタバレまとめ

私たちはどうかしている6話の感想とあらすじのネタバレでしたが、いかがでしたか?

女将の嫌がらせも直接的になってきましたね。

7話で七桜はどんな最中を作り上げるのか、楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です