台風の窓ガラス対策!段ボールの正しい貼り方は内側or外側どっち?

台風,窓ガラス対策,段ボール

台風が発生した時に、段ボールで窓ガラス対策をしようと思う人は多いのではないでしょうか。

ですが、正しい貼り方や、内側からか外側からかなど、わからないことだらけですよね。

段ボール以外の対策方法が気になる人も多いはず。

そこで、台風や台風並みの強風が来た時の、段ボールを使った窓ガラス対策について詳しく調べてみました。

正しい貼り方や、内側から貼るのか外側から貼るのかについても調べてみましたので、ぜひ参考にしてください。

後半には段ボール以外の対策方法も載せていますので、そちらもチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

台風の窓ガラス対策に段ボール!正しい貼り方は内側or外側どっち?

台風の窓ガラス対策に段ボールを使うということは有名ですよね。

ですが、正しい貼り方や、内側から貼るのか外側から貼るのかなど、分からないこともたくさんあります。

そこで、段ボールの貼り方について、貼り方ごとに詳しく調べてみました!

窓ガラスの内側への貼り方

窓ガラスの内側への貼り方は、とてもシンプル。

窓の大きさに合わせて切った段ボールを、隙間ができないように窓に貼り付けるだけです。

テープの貼り方は、米の字のように貼るのがよいでしょう。

とても簡単ですね。

段ボールとテープがあればすぐにできます。

ここで注意してほしいことが2つ。

1つ目は、窓ガラスの内側に段ボールを貼るのは、あくまで窓ガラスが割れたときの飛散防止であるということです。

窓ガラス自体が割れないようにするためのものではありません。

ですが、万が一窓ガラスが割れた場合、大ケガにつながることも。

割れたガラスはとても鋭利ですものね…

割れたガラスによるケガを防ぐという点では非常に手軽で優れた方法といえるでしょう。

2つ目は、養生テープを使用するということです。

紙テープだと、はがすときに後が残ってしまい、大変なことに,,,

のちに作業を増やすことがないよう、養生テープを使いましょう。

何かと便利なテープですので、いざというときに備えて用意しておいてもいいかもしれません。

窓ガラスの外側への貼り方

窓ガラスの外側への貼り方も、基本は内側と同じです。

窓ガラスの大きさに合わせて切った段ボールを、養生テープで外側から貼り付けます。

窓ガラスの外側から貼る方法は、窓ガラスに物が当たって、窓ガラス割れることを防ぐ効果があります。

段ボールは案外破れにくいので、耐久性は期待できるでしょう。

ですが、難点が1つ。

段ボールはぬれるとしなしなになってしまいます。

雨に長時間さらされる状況では、長くはもたないかもしれません。

雨が激しい台風よりも、暴風が危惧される台風の場合に向いているといえるでしょう

また、こちらも養生テープを必ず使うようにしてください。

紙テープだと、濡れて効力を失ってしまうかもしれません。

結局どっちが正しいの?

どちらが正しいのか、気になる人は多いはず。

ですが、どちらが正しいということはなく、ご家庭の状況や台風のタイプによって判断することが望ましいでしょう。

雨風ともに激しい台風の場合は、内側から貼り付ける方がよいかもしれません。

風のみの台風や、暴風の日に対策する場合は、外側からの方がよいでしょう。

しかし、段ボールも完璧ではありません。

あまりにも重いものや、想像を超える激しい風の場合、効力を失ってしまします。

ですが、少なくとも被害を抑えることはできます。

不安が少しでもある場合は、念のために段ボールを貼りつけるといいでしょう。

スポンサーリンク

台風の窓ガラス対策に段ボール以外の方法はある?

台風の窓ガラス対策に、段ボール以外の方法はあるのでしょうか?

段ボールよりも手軽な方法や、さらに強度が上がる方法などを調べてみましたので、参考にしてください。

新聞紙とガムテープ

1つ目は、新聞紙とガムテープを使用する方法です。

段ボールを貼りつけるのと同じ要領で、窓ガラスに新聞紙を貼っていきます。

新聞紙を使用する場合は、窓ガラスの内側に貼るようにしてください。

外側に貼ると、雨で一瞬でなくなってしまいます…

窓ガラスが割れたときの飛散防止になるということですね。

割れたガラスで大ケガをすることを防ぐことができます。

急に風が強くなってきて、でも段ボールが家にないという場合に役に立つ方法です。

養生テープを使うことをお忘れなく。

防犯フィルム

2つ目は、防犯フィルムです。

防犯フィルムの主な使用目的は、泥棒や空き巣の窓ガラスからの侵入を防ぐことです。

なんでも、CPマークがついた防犯フィルムは、警視庁などから認定されており、かなりの強度だそう。

泥棒から守るためのものなので、ちょっとやそっとのダメージでは割れません。

暴風からも守ってくれるでしょう。

ですが、あらかじめ購入が必要で、強度が上がるほど値段も高くなります。

強度はお墨付きですので、不安な場合は買っておく方がよいのかもしれません。

飛散防止フィルム

3つ目は飛散防止フィルムです。

窓ガラスに飛散防止フィルムを貼ることで、もしもの時にガラスが飛び散ることを防ぐことができます。

防犯フィルムよりも手軽で、段ボールや新聞紙よりも強度は上がります。

ですが、こちらもあらかじめ購入が必要です。

「明日台風が直撃する」となってから買いに行くのでは遅いですよね。

備えあれば憂いなしですので、不安な方は購入しておいてもいいでしょう。

スポンサーリンク

段ボールは車の台風対策にも使用可能?

段ボールは車の窓の台風対策にも使えるのでしょうか?

答えはイエスです。

物が当たった場合の窓ガラス飛散防止に役立ちます。

車の窓に使用する場合も、内側からか外側からかは状況に応じて判断するようにしましょう。

車のフロントガラスなどは飛び散りにくく作られていますので、ヒビが入るのを防ぐために外側からでもよいかもしれません。

スポンサーリンク

台風の窓ガラス対策にまずは出来ることはこれ!

台風の窓ガラス対策にまずできることは何なのでしょうか?

特別な道具が必要なく、すぐにできる対策を調べてみました!

雨戸を閉める

1つ目は、雨戸を閉めることです。

雨戸を閉めることで、ものが窓にあたって割れることを防ぐことができます

最近建てられた家だと、雨戸の代わりにシャッターがついている家が多いでしょう。

そのような方は、必ずシャッターを閉めるようにしてください。

雨戸やシャッターはかなり頑丈ですので、たいていのものからは守ってくれるでしょう。

少しでも風が強いと感じたら、後回しにせずに雨戸やシャッターを閉めましょう。

カーテンを閉める

2つ目は、カーテンを閉めることです。

カーテンを閉めることで、窓ガラスが割れた際に飛び散ることを防ぐことができます。

カーテンはほとんどのご家庭の窓についていると思います。

外の状況を確認するために開けておきたいという気持ちもわかりますが、風が強い時には閉めるようにしましょう。

もしも窓ガラスが割れて、室内が破片だらけになったら大変ですものね…

1番手軽で簡単な対策なので、ぜひ実践してください。

外に飛ぶような物を置かない

3つ目は、外に飛ぶようなものを置かないということです。

外に飛ぶようなものを置かないことで、それらが窓にあたって割れることを防ぐことができます。

外に植木鉢や置物を置いているご家庭は多いはず。

風雨が強まってきた際には、それらを中に入れるようにしましょう。

台風の進路や天気予報が出た時点で、中に入れておいた方がよいかもしれません。

植木鉢や置物は重いものですので、飛んで窓にあたってしまうとかなり危険です。

また、大切な植物や置物が割れていしまうということも考えられます。

そのような事態を防ぐためにも、めんどくさがらずに安全な場所に避難させるようにしましょう。

スポンサーリンク

台風の窓ガラス対策に段ボールを使用しているみんなの声

台風の窓ガラス対策に段ボールを使用している人達の声を見ていきましょう!

事前に段ボールなどで準備していた方で、危機を免れたという方は多いようですね。

窓が割れてしまってからでは遅いので、事前の対策や準備が大切なようです。

窓ガラス対策しておいてよかった!物は飛んでこなかったけど!!

段ボールで窓ガラス対策したのはいいけど、後片付けがめっちゃ大変…

また、後片付けが大変という声も多いように感じました。

かなりの量の段ボールを使いますし、何よりテープをはがす作業が大変なよう…

ですが、窓ガラスが割れたときの後片付けのことを考えれば、大したことはないでしょう。

ひとりで準備から後片付けまでするのは大変ですので、家族や友人と協力して行うのが良いかもしれませんね。

段ボールを使う方法はお金をかけずにできますので、もしもの時には筆者も試してみようと思います。

スポンサーリンク

台風の窓ガラス対策には段ボールの記事まとめ

台風の窓ガラス対策に段ボールを使用する方法などについてまとめてみました。

段ボールを使用するのが最もポピュラーですが、他にも防犯シートや飛散防止シートで対策をするという方法もあるようです。

また、すぐにできる対策も載せていますので、緊急時には実践するようにしてください。

何事も早めの対策が肝心です。

「これだけ準備したけど、何もなかったね」と言えるように、もしもの時には迷わず対策するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA