「となりのトトロ」あらすじ簡潔と結末ネタバレ!ラストシーンはどうだった?

となりのトトロあらすじ

この記事では「となりのトトロ」のあらすじを簡潔に説明し、結末までのネタバレをご紹介しています。

 

「となりのトトロ」と言えばバス停でのシーンが当時の映画宣伝ポスターともなり、誰もが一度は何処かで見たことのある光景となっているのではないでしょうか?

しかし、あのバス停シーンまでにどういったシチュエーションがあったのか、映画公開から30年以上も経過していることから、すっかり忘れていました。

そこで「となりのトトロ」は、どんなあらすじで結末はどうなるのかが気になり調べてみることに!

ラストシーンではどのような展開が待っているのでしょうか?

今回は、国民的映画「となりのトトロ」のあらすじを簡潔に紹介し、ラストシーンまでネタバレしちゃいます!

 

スポンサーリンク

「となりのトトロ」あらすじを簡潔・簡単に紹介!

https://www.instagram.com/p/BpFC1kxBhpP/?utm_source=ig_web_copy_link

簡単簡潔な「となりのトトロ」のあらすじはこちらです!

あらすじ

母親の療養のため田舎の農村に引っ越ししたきた小学生のサツキと妹のメイ。

母親は入院し、サツキとメイと父親の三人での生活が始まります。

新居ではまっくろくろすけが出てきたりと不思議な現象が2人の周りを騒がせます。

そして、メイとサツキは不思議な生き物であるトトロとも遭遇するのでした。

 

ある日、母親の病院から電報が入り、母親の容体が悪化したのではと動揺するサツキ。

そんなサツキの姿を見ていたメイは、自ら病院へ行くことを決意。

夕方になっても自宅に帰ってこないメイを心配したサツキは、辺りを探し続けます。

途方に暮れたサツキはトトロの元へと訪れ、メイを探してほしいとお願い。

そこで、トトロはネコバスを呼び、サツキをメイのいる場所へと案内するのでした。

トトロのおかげで、ようやく再会できたサツキとメイ。

すると、ネコバスが母親の病院まで連れて行ってくれると提案。

喜ぶサツキとメイはネコバスで母親がいる病院へ。

2人は病院の窓から、母親の元気そうな姿を見て安心するのでした。

スポンサーリンク

「となりのトトロ」の内容をネタバレ

https://www.instagram.com/p/BisUPySBmbt/?utm_source=ig_web_copy_link

新居はお化け屋敷!?

小学生のサツキと妹とメイは母親の療養のため、自然豊かな農村に引っ越ししてきます。

近所の子供からお化け屋敷といわれるよな古い家に、サツキとメイは大喜び。

そして、家の中を探索していると、まっくろくろすけという不思議な生き物にも2人は遭遇するのです。

母親は七国山病院という家から遠く離れた場所に入院しているため、新居で父親とサツキとメイの3人での生活が始まりました。

メイがトトロに出会う

ある日、メイが一人で自宅の庭先で遊んでいると、不思議な生き物が2匹が目の前を通り過ぎて行きます。

夢中でその不思議な生き物を追いかけていくうちに、森の中へと入りこんだメイは、木の根元の穴に落ちてしまいます。

落ちた穴の先には大きな不思議な生き物がの姿が。

その大きな生き物がトトロであると分かったメイは、トトロと戯れそのまま眠ってしまうのでした。

目を覚ましたメイは、トトロに出会ったことをサツキや父親に話します。

不思議な体験をしたと話すメイの話を疑うことなく受け入れる父親とサツキ。

しかし、メイがトトロと出会った場所と同じところを探すも、見つかることはありませんでした。

サツキは母親にメイの出来事を手紙で報告し、いつか自分もトトロに出会いたいと切に願っていました。

バス停でトトロに出会う

雨の降る日、父親が傘を持って出かけなかったことを思い出したサツキはメイと共に父親が利用しているバス停まで、傘を持って迎えに行くことに。

バス停の前でサツキとメイは時間をつぶしながら待っていましたが、父親はなかなか帰ってきません。

すると、メイが眠たそうにウトウトとし始めます。

そんなメイをサツキはおぶって、バスを待ち続けるのでした。

しばらくすると、サツキの横に大きな影が!サツキが恐る恐る影の正体を確認すると、なんとそこにはトトロの姿があったのです。

サツキがトトロに父親の傘を貸してあげると、初めて手にする傘にトトロは大喜び。

バス停に眩しい光が差し込み、次に現れたのはネコバスでした。

トトロはネコバスへと乗車する前に、サツキに笹の葉の包みを渡します。

そして、ネコバスに傘をさしたまま乗車したトトロは、あっという間に姿を消し去りました。

初めてトトロと出会ったサツキは大喜び!

家に帰ったサツキは母親へこの出来事を早速手紙で報告するのでした。

七国山病院からの電報

夏のある日、お世話になっているお婆ちゃんの畑で野菜を収穫するサツキとメイ。

太陽をたくさん浴びた野菜を食べれば、お母さんの体も元気になると、お婆ちゃんが子供たちに元気づけます。

すると、サツキの元に母親が入院している七国山病院から電報が。

電報を受け取ったサツキは母親の容態が悪化したのでは?と動揺してしまいます。

そんな、サツキの姿を見たメイは、お婆ちゃんの畑で採れたトウモロコシを母親の病院へ届けることを決意。

メイが帰ってこない!

夕方になり、メイが帰ってこないと村は大騒ぎになっていました。

メイが一人で七国山病院へ向かったと勘づいたサツキは、七国山病院までの道を必死に探しまわります。

しかし、どんなに探してもメイの姿が見つかることはなく、夕暮れが迫っていることからサツキは途方に暮れてしまいます。

何かをひらめいたサツキは、メイが初めてトトロと出会った場所へと一心不乱に駆けつけるのでした。

スポンサーリンク

「となりのトトロ」あらすじ簡潔と結末ネタバレ!ラストシーンはどうだった?

https://www.instagram.com/p/rICachqIut/?utm_source=ig_web_copy_link

ここからは、迷子になったメイの救出劇とラストシーンまでをご紹介します。

となりのトトロの結末・ラスト

サツキがトトロの場所へ通してほしいと願うと、その願い通りにトトロがいる場所へとつながりました。

トトロにメイを探してほしいとサツキがお願いすると、可愛い女の子に頼られたトトロは張り切ってネコバスを呼んでくれます。

そして、ネコバスに乗ったサツキは迷子になって泣いているメイの元へと到着。

ようやく出会えた2人に、ネコバスが行先の表示を七石山病院と変更し、病院まで送ってくれると示します。

ネコバスの粋な計らいに喜ぶサツキとメイは、早速バスへと乗り込み母親のいる七国山病院へと向かうのでした。

七国山病院へついたサツキとメイは母親の病室が見える木から、ネコバスと共にそっと様子を伺います。

病室では母親と父親が笑顔で話していました。

その様子に、「大丈夫そうだね」と母の元気そうな姿に安心するサツキとメイ。

調度その頃、病室ではサツキとメイの笑い声が聞こえたと母親が話します。

すると、父親が病室の窓に置いてあったトウモロコシに気づき、母親へ差し出します。

そのトウモロコシを見ると、葉っぱに「お母さんへ」と文字が刻まれていました。

 

母親の心配をする子供たちの繊細な感情と、子供たちの不思議な体験にしっかりと耳を傾ける両親の懐の大きさがなんとも感動的なストーリーでした。

実際にトトロのような大きな生き物が目の前に現れたら恐怖を覚えると思うのですが、サツキとメイからはちっともそんな様子が伺えません。

そんなサツキとメイの子供らしさ全開の天真爛漫な様子が、どんな世代にも好感が持てる作品になっているのでしょうね。

スポンサーリンク

「となりのトトロ」あらすじ簡潔と結末ネタバレ!ラストシーンはどうだった?まとめ

ジブリの名作「となりのトトロ」の簡潔なあらすじと結末までをネタバレしました。

ラストシーンはみんなが笑顔になるハッピーエンドでしたね。

エンディング曲では、サツキとメイとお母さんが仲良く暮らす様子が描かれています。

ジブリ作品ならではの遊び心がエンディングに隠されているので、是非「となりのトトロ」の映画を実際に見てみることをおススメします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA