東京喰種トーキョーグール(映画)ネタバレあらすじ!結末で窪田が喰種に?

映画「東京喰種トーキョーグール」のネタバレあらすじの内容、結末で窪田正孝さんは喰種になってしまうのか、気になるラストをご紹介していきます。

シリーズ発行部数4,400万部を突破した大人気漫画の実写映画「東京喰種トーキョーグール」はご存じでしょうか。

ドラマデスノートなどに出演した大人気俳優の窪田正孝さんが主人公を演じる、2017年7月29日に公開された映画です。

映画「東京喰種トーキョーグール」の内容や結末、どんなラストが待っているのかなど気になりますよね。

そんな方たちのために、映画「東京喰種トーキョーグール」のネタバレあらすじをまとめていきます!

映画「東京喰種トーキョーグール」あらすじ


ここでは映画「東京喰種トーキョーグール」あらすじをまとめていきます!

 

普通の大学生活を送るカネキは、人間と変わらぬ姿をしている喰種(グール)が潜んでいるとされる東京に住んでいました。

喰種とは人を喰らう怪人でした。

カネキはある日事故にあってしまい、リゼという喰種の臓器を移植され、カネキ自身も半喰種になってしまいました。

 

悩み苦しむカネキは、喰種が密かに集まる喫茶店「あんていく」で働き始めます。

カネキは喰種である喫茶店アルバイトの女子高生トーカや他の喰種たちから、喰種にも守るべき大切な人たちがいることを知ります。

そんな中、人間と喰種の熾烈な戦いが起こり、カネキは巻き込まれていきます。

人と喰種との勝負はいったいどうなるのでしょうか。

 

カネキがどのように生きていこうとするのか、人間と喰種との戦いの行方、とても気になる映画ですね。

映画「東京喰種トーキョーグール」の内容をネタバレ


ここからは映画「東京喰種トーキョーグール」内容のネタバレを書いていきたいと思います。

 

遠い昔、東京で確認されていた、水とコーヒーと人間だけしか口にできない「喰種」という存在がいました。

国家の喰種対策局の手で、喰種たちは絶滅したと思われていました。

しかし、なんとか逃げ延びた生き残りもいました。

そんな世界が舞台となります。

 

内気な普通の大学生カネキは、友人のヒデと共にいきつけの喫茶店「あんていく」に入店しました。

そこにカネキが一目ぼれしているリゼという女性が来店します。

カネキとリゼは今度デートをすることを決めました。

 

デート当日、リゼが静かなところが好きと言ったため人気のない所に行きます。

カネキは周りに人がいないため、ドキドキしていました。

しかしリゼは突然カネキに噛みつきます。

 

リゼの正体は喰種だったのです。

必死に逃げようとするカネキですが、リゼに捕まったと思った時、頭上から大量の鉄骨が落ちてきて、リゼは即死してしまいました。

カネキは重症をおい、病院に運び込まれます。

そこでリゼの臓器を移植され、カネキは半喰種となってしまいました。

 

その頃、CCG(喰種対策局)では捜査員の真戸と亜門がとある武器を作ります。

その武器とは「クインケ」と呼ばれる武器で、喰種の赫子に似せたものです。

 

カネキは無事退院しますが、食べ物を身体が受け付けません。

カネキは空腹が我慢できず、夜の街を出歩きます。

そこに、食欲をそそる美味しそうな匂いが漂ってきて、その匂いの方に足が進みます。

 

その匂いの正体は、喰種の西尾が食事をしている匂いでした。

カネキは西尾に襲われます。

しかし、喫茶店「あんていく」のアルバイト、トーカが現れ、西尾を撃退してくれました。

 

悩み苦しんでいたカネキはトーカに救いを求め、「あんていく」に連れていかれます。

そこでカネキは喰種のリゼから臓器を移植され、半分人間、半分喰種になってしまったことを知ります。

喫茶店「あんていく」は喰種が集うお店でした。

 

店に笛口リョーコとヒナミの母娘がいます。

「あんていく」のオーナー芳村はその母娘に食料を提供していました。

カネキは自宅に帰り、「あんていく」に分けてもらった食料を躊躇いながら食べました。

 

カネキは翌日大学に顔を出すと、ヒデに会い、先輩のデータ整理を手伝ってくれと言われます。

カネキはヒデを手伝うため、一緒に先輩のもとに行きます。

なんとその先輩は昨夜襲ってきた西尾だったのです。

 

カネキはヒデを守るため、一方的に攻撃を受け、もうダメかと思ったその時、カネキの腰から赫子が出て、西尾に突き刺さりました。

西尾は逃げていき、カネキはヒデに駆け寄り、ヒデを舐めていました。

カネキは鏡に映った自分を見て、我に返り意識を失いました。

 

意識が戻ったカネキは病院に運ばれたヒデに会いに行こうとしますが、四方という男から「お前は友人を喰おうとしたのだから、二度と会うな」と言われてしまいました。

 

カネキは喰種のことを知るために「あんていく」で働き始めました。

「あんていく」には喰種たちが集まってきます。

自分で食料調達ができない喰種たちは、「あんていく」で人肉をもらっていました。

「あんていく」で出している人肉は自ら命を落とした人のものでした。

 

ある日、ヒナミが「あんていく」のコーヒー豆を父のお墓に供えたいと言い出します。

お墓といってもお墓はないため、駆逐現場がお墓代わりとなるので、カネキが代わりにコーヒー豆を供えに行くことにしました。

その現場でカネキはCCGの捜査官の1人に見つかってしまい、リョーコたちの居場所が知られてしまいます。

 

リョーコたちは雨が降ってきたため雨宿りをしていました。

その前にCCGの捜査官、真戸と亜門が姿を出します。

母親であるリョーコは必死に戦い、ヒナミを守ろうとしますが、ヒナミの前で残念な結果となってしまいます。

そこにカネキが現れ、ヒナミを連れて「あんていく」に帰還しました。

 

喰種の存在は奥が深いですね。

ただ単に人を喰らう怪人ではないと思うと、悲しい気持ちになってしまいます。

映画「東京喰種トーキョーグール」結末ラストシーンをネタバレ!


ここでは映画「東京喰種トーキョーグール」結末ラストシーンのネタバレを書いていきます。

 

真戸と亜門は、ヒナミが来るようリョーコの腕の匂いを使います。

ヒナミだけではなく、トーカもその匂いに気付き、その場所に向かいました。

トーカは真戸と戦います。

 

しかし、真戸のクインケに倒されそうになっているとき、ヒナミが覚醒し一緒に戦ってくれます。

トーカとヒナミの2人力を合わせ、真戸を倒し、トーカがとどめを刺しました。

 

同じ頃、カネキと亜門も勝負していました。

カネキはトーカから戦い方を教わり、まだ未熟な赫子を使い、亜門を追い詰めます。

とどめを刺そうとしたとき、カネキは躊躇します。

「あなた達が信じているこんな世界は間違っている。僕を人殺しにしないで」と言い、その場から去りました。

 

トーカたちのもとにたどり着いたカネキはヒナミから「生きてていいのかな」と尋ねられます。

カネキはヒナミに「母親のリョーコが最後に言いたかった言葉は生きてだったと思うよ」と告げます。

自分の存在を悩んでいたカネキは運命を受け入れ、生きていこうと決めたのでした。

 

勝負は喰種たちが勝ちましたが、生きていくことを悩んでしまったりと、人間と同じ考えである喰種たちがせつなく思えました。

人間と変わらない生活を送れることを祈りたいですね。

東京喰種トーキョーグール(映画)ネタバレあらすじ!結末で窪田が喰種に?まとめ


ここまで映画「東京喰種トーキョーグール」のネタバレあらすじ、結末の内容、ラストシーンなどをご紹介してきました。

 

最初、喰種たちは人を喰う悪者だと思ってしまいましたが、喰種たちにも守るべきものがいるところを見て、人間とそんなに変わらないなと思いました。

逆に喰種だからと駆逐しようとする人間の方が怖いのではないかと思ってしまう映画でした。

 

続編も出ている人気映画となっていますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です