タイタニック感想はつまらないor面白い?名作の口コミ評価まとめ

映画『タイタニック』は1997年に公開されメガヒットを記録、公開当時はアカデミー賞で11部門受賞など高評価を受け、またストーリーが面白い、スペクタクル映像もすごいと口コミで動員を伸ばしました。

いまだに日本の洋画興行収入1位をキープし続けている名作『タイタニック』の感想は実のところどうなのでしょうか?

公開から20年以上経過していることもあり、公開当時よりも「つまらない」という声が出ているのか、やはり「面白い」派が大勢を占めるのか、気になるところ。

そこで皆さんの感想を「つまらない派」、「面白い派」、また「泣ける派」などもまとめてご紹介していきます!

スポンサーリンク

映画「タイタニック」感想はつまらない?

まずは名作タイタニックに「つまらない」のでは?というチャレンジングな感想をご紹介していきます。

「タイタニック」がつまらない派の感想評価・口コミ

タイタニック公開当時、つまらないって言えない空気だったけど、つまらなかったよね(ボソ)

タイタニック船要素があるのが大きい、地上の恋ならハッキリつまらん

歴代のアカデミー賞の中でもタイタニックってハズレの方だと思うわ

タイタニック、私にはグッとこなかったって言うとヒソヒソされるのつらい

タイタニックはつまらない!観てないけど断言できる

 

タイタニックはストーリーについては、実はよくある「身分差のある男女の悲恋もの」ですので、そこをありきたりだと感じると「つまらない」という感想となるかもしれません。

それを裏付けるように、実はアカデミー賞の最優秀賞である作品賞を受賞したのですが、ストーリーに大きく関わる部分の脚本賞、脚色賞ではノミネートすらされませんでした。

日本の伝説的な映画評論家の淀川長治氏が生前に酷評したということもあり、つまらない派も派閥としてしっかり存在することは言えましょう。

スポンサーリンク

 映画「タイタニック」感想は面白い?

それでは面白い派の口コミも見ていくことにしましょう!

View this post on Instagram

"I'm the king of the world!" 👑 #Titanic #Titanic20

A post shared by Titanic (@titanicmovie) on

「タイタニック」が面白い派の感想評価・口コミ

公開当時は面白いって言うと映画詳しくないみたいな感じだったけど、タイタニックは面白いんだよ!

タイタニックの素晴らしさはレオの美しさ、あの時のレオまじで尊い

昔の大ヒット作だからってなんとなく見てみたら何これすごい。みんな一度は見た方がいいと思う

タイタニックは何度見ても見所いっぱいで楽しめるところがすごい

公開当時半笑いで見ててゴメンよ、タイタニック面白いです

 

やはり日本での洋画歴代興行収入不動の1位は伊達ではなく、公開されて20年以上経っても何回見直しても面白いと推す声も非常に多いです。

また特徴的なのが、成長とともに思い入れる登場人物が変遷したり、歴史的な背景も含めた理解が深まったりする点。

さらに、時間が経つことによりメジャーなものを認めることへの後ろめたさが無くなる点なども挙げられます。

レオナルド・ディカプリオは第一線で活躍し続ける大スターですが、今では失われてしまった少年から青年に移り変わる時期の儚い美しさがスクリーン上では出会える点も高評価のポイントとなっていますね。

スポンサーリンク

映画「タイタニック」感想は泣けるし号泣!感動のシーンは?

基本は悲恋であるタイタニック、泣けるよ、という声もまとめてご紹介します。

「タイタニック」が泣ける派の感想評価・口コミ

最後に天寿を全うしたローズが蘇ったタイタニックに行くと美しいレオ様が待ち構えてみんなもいるシーン号泣

タイタニックは何度見ても号泣でティッシュどこーってなる

タイタニック泣けるし感動するけど、同時に船がすっごく怖くなる

タイタニック開始5分で泣く、むしろ予告編で泣ける

下手だけど最後まで演奏するオーケストラで毎回泣いてしまう

 

泣けるシーンが幾多も埋め込まれているタイタニックならでは、グッとくるシーンは人それぞれながら、見るたびに泣いてしまうという声も大変多く聞こえてきます。

泣ける感動シーンはどこ?

では、そんな泣けるシーンとして多くの共感を集めるシーンはどこでしょうか。

  • 船が座礁した後にせっかく救命ボートに移れたのに、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)に再会するために沈みつつあるタイタニック号に戻るローズ(ケイト・ウィンスレット)のひたむきさ
  • プロの音楽家として、最後まで乗客のための音楽を奏で続けるオーケストラのメンバーの姿
  • 最後の力を振り絞り、生き残るための木の板を愛する女性のために調達して自分は死んでいくジャックの献身
  • ジャックとの約束を胸に必死でサバイブし、やりたかった夢を叶えるローズの強さ
  • ラストシーンでの成就しなかった悲恋のカップルが手を取り合うビジュアル

特に後半は泣きのツボを押されるシーンのつるべ打ちですので、皆さん毎回泣いてしまうのではないでしょうか。

上記以外にも自分なりの感動ポイントがあったりするのも、名作と言われる作品だけありますね。

スポンサーリンク

名作「タイタニック」感想に嫌いの声?

タイタニックの作品そのものが嫌いという感想もありますので、こちらもご紹介します。

View this post on Instagram

Wishing director #JamesCameron a happy birthday!

A post shared by Titanic (@titanicmovie) on

「タイタニック」が嫌い派の感想評価・口コミ

タイタニックはデートムービーっぽくて当然嫌いだった

公開時にめちゃくちゃ不幸だったからタイタニックは今でも嫌い

劇中レオが描くヌードの絵がキャメロン監督が描いたって聞いて、何それキモいと思ったのは秘密

タイタニックとかアルマゲドンとか好きっていうやつとは友達になれないわ

タイタニックが好きな人とは飲みにいけない

 

嫌い派としては大きく二つ、観客の心を揺さぶるためのストーリーの流れそのものが大仰で苦手という声、もう一つは映画の立ち位置や公開された時代そのものが気に入らないというものがありそうです。

物事の感じ方は当然ながら人それぞれ、嫌い派の声も見ていくと納得させられる部分はありますね。

スポンサーリンク

タイタニック感想はつまらないor面白い?名作の口コミ評価まとめ

映画『タイタニック』について、つまらない、面白い、さらに泣ける、嫌いなどの口コミ評価をまとめて見てきました。

名作の誉れ高い『タイタニック』ですので、様々な感想はあれど「つまらない」という声よりは、「面白い」「泣ける」という声が圧倒的に多かったことは流石であるといえましょう。

百聞は一見に如かず、まだ未見の方はぜひご覧いただき、自分なりの感想を持っていただくのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA