テセウスの船の犯人は加藤みきおとさつき先生?犯行動機もネタバレ!

テセウスの船

新日曜ドラマ「テセウスの船」の、真犯人や黒幕が一体誰なのか気になる方も多いのではないでしょうか?

「テセウスの船」の元になった小説では、真犯人である黒幕は、車椅子の男である加藤みきおでした。

しかしドラマでは小説と犯人が違うことが名言され犯人の予想合戦が加速していますね。

田村心の父親が犯人にさせられ、辛い人生を歩んできた家族。

なぜ、 父親が犯人にされてしまったのか、真犯人の目的は何だったのか気になる方も多いでしょう。

「テセウスの船」の小説の真犯人、黒幕である人物加藤みきおの犯行動機やドラマの犯人が誰かについて考察していきます。

\解約違約金もタダ今すぐ無料トライアル
↑【最速】タダで配信中↑

スポンサーリンク

テセウスの船の真犯人(黒幕)は誰?車椅子の男・加藤みきお?

「 テセウスの船」の真犯人(黒幕)は誰なのか?車椅子の男が犯人なのでしょうか?

まずは小説の真犯人(黒幕)についてご紹介していきます。

テセウスの船の真犯人(黒幕)は車椅子の男!

「テセウスの船」の真犯人(黒幕)は、車椅子の男です!

謎の男性の車椅子に乗った人物は一体何者だったのでしょうか?

車椅子の男の正体をご紹介していきます。

車椅子の男の正体はミキオ

謎の男性だった、車椅子の男の正体はミキオです。

心の姉である鈴と同じ小学校に通っている同級生でした。

小学生の頃は、加藤ミキオとして過ごしていました。

しかし、大人になり、木村ミキオとして生きています。

その理由は、家族を失い一人になってしまい、親戚だった木村サツキと暮らすことになり、苗字が変わったのでした。

狂気的な事件の真犯人は、小学生だったのです。

 

小学生が青酸カリを使って殺人事件を犯したのが恐ろしいですね。

真犯人が小学生と予想した方は、少ないのではないでしょうか。

青酸カリを使って毒を飲ませ21人もの人たちの命を奪った真犯人が、まさか小学生だとは思いもしなかったでしょう。

大人になった鈴の夫である車椅子の男性の正体が、事件を犯した殺人鬼だったことに、とても恐ろしさを覚えてしまいますね。

スポンサーリンク

テセウスの船の真犯人(黒幕)に共犯者はいる?

「テセウスの船」の真犯人(黒幕)に共犯者はいるのでしょうか?

「テセウスの船」の真犯人である、ミキオには、共犯者と思われる怪しい人物木村サツキが現れます。

事件が起きた小学校の教員でした。

しかし、サツキは共犯者ではありません。

ミキオを引き取り、大切に育ててきたのですが、事件の犯人だと知ってしまいます。

それでも軽蔑せず、自首させるのではなく、事実を隠して寄り添うというゆがんだ答えを導いてしまったのです。

隠蔽しようと考え、誰にもばれないで生きるため、真実が世に出ないために、心の父親の無実を伝えようとしている佐々木紀子を殺害してしまったのでした。

しかし、殺したのは共犯だったからではなく、自分の意思で行動したためグルではなかったのです。

スポンサーリンク

テセウスの船の真犯人(黒幕)の犯行動機は?

「テセウスの船」の真犯人(黒幕)の、犯行動機は一体何だったのでしょうか?

真犯人(黒幕)である車椅子の男、ミキオの犯行動機をご紹介していきます。

犯行動機は好きな人のためだった

犯行動機は、ミキオが思いを寄せて、好意を持っていた鈴のためでした。

鈴が転校してきて、優しく接してくれて笑顔を見た瞬間からミキオは、鈴に恋をしてしまいました。

ミキオには両親がおらず祖母と暮らしており、精神的に病んでいたとき鈴に出会って好きになり、この世の中に鈴さえいればいいと思うようになったのです。

鈴一体誰が好きなのか気になって聞いてみたところ鈴は好きな人はいないと答えましたが、結婚したいのは父親のように 正義感があるヒーローのような人だと答えました。

嫉妬してしまったミキオは、父親を犯罪者にして鈴から大切な人を奪って独り占めしようと考えたのです。

しかし、大切な存在だった父親を奪ったことで、大好きだった鈴はそこにはいないことがようやく分かったのです。

そのため、ミキオは過去に戻り子供の自分に危険を起こさないように伝えたのでした。

スポンサーリンク

テセウスの船の真犯人(黒幕)の犯行とは?

「テセウスの船」の真犯人(黒幕)の犯行とは一体何だったのでしょうか?

真犯人(黒幕)であるミキオ犯した犯行をご紹介していきます。

心が未来を変える前

心が過去に戻り未来を変える前は、三島千夏は農薬を飲んで亡くなり、三島明音は行方不明になりました。

ミキオが青酸カリを使って小学校の教師や子供達を殺害し、心の父親に罪を着せたのです。

心が未来を変えた後

過去に戻って未来を変えた後は、 長谷川を使って小学生の女の子・三島明音を誘拐するように指示を出し殺しました。

刑事だった金丸に事実を知られてしまった真犯人は、高い場所から突き落として殺害したのです。

事件を起こさないように見張っていた心の父親ですが、過去からやってきた真犯人のミキオに殺されかけようとします。

しかし、心が父親のことを守り、刺されて目を開けることはありませんでした。

心が過去を変えたため未来が変わり、恐ろしい事件は起きず父親の名誉も守ったのです。

スポンサーリンク

テセウスの船ドラマ版の真犯人(黒幕)はさつき先生?

小説では加藤みきおが犯人でしたがドラマ版で今一番怪しいのはダントツでさつき先生となっています。

 

4話放送時に心のお姉さんがみきおと結婚し、さつき先生が心のお姉さんの義母になっていました。

お姉さんの行動を監視カメラで監視したり、心との会話を盗聴したりと怪しい行動を多くしておりドラマの犯人はさつき先生ではないかという声が多く出ましたね。

しかしあまりに怪し過ぎてミスリードを疑う声も多くあります。

みなさんはどう思われますか?

私はドラマの犯人はさつき先生だと考察しています。

あからさまな犯人匂わせでミスリードと思わせ、やっぱり犯人なのではないかなと。

自分が犯人という真実が明るみにならないように町民集会で心が意見を言えないように赴いたのではないでしょうか。

心のお姉さんが整形して自分の経歴を偽っていましたがその事実も知っており自分に不都合なことが起きないように監視していたのだと思います。

犯人は誰なのか今後の展開が楽しみで仕方ありませんね。

\解約違約金もタダ今すぐ無料トライアル
↑【最速】タダで配信中↑

スポンサーリンク

テセウスの船の真犯人(黒幕)は車椅子の男?さつき先生とグルだった?まとめ

「テセウスの船」の小説の真犯人や黒幕が一体誰なのか、ドラマ版の真犯人は誰なのか考察してきました。

「テセウスの船」の元になった小説では、車椅子の男である加藤みきおが真犯人でした。

新日曜ドラマ「テセウスの船」で、車椅子の男を演じるのは、 安藤政信さんです。

黒幕はどのように演じるのか、ドラマでも車椅子の男が犯人なのか、気になるポイントですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA