ターミネーター2子役現在は激変劣化?最新画像と激太りの理由とは?   

『ターミネーター2』の正統な続編と公式に発表されている『ターミネーター:ニュー・フェイト』の公開を間近に控え、改めて注目を集めている『ターミネーター2』。

 

当時、少年時代のジョン・コナー役を演じ、世界、とりわけ日本で大ブレイクを果たした子役エドワード・ファーロングがいたのをみなさんも覚えていらっしゃることと思います。

 

新作ではジョン・コナー役で現在大人となった子役の出演も発表されましたが、実は激変、しかも激太りしたことで有名なお騒がせセレブでもあります。

気になる現在の激変ぶりをチェックし、本当に激太りしてしまったのか見ていきましょう!

 

ターミネーター2子役現在は激変劣化で激太り?画像で検証

まずは、激変したと評判の現在の画像を見てみましょう!

これは数ヶ月ほど前にエドワード・ファーロング本人が開設したと思われる、Instagramの投稿です。

本人的には写りのいい自撮りなのでこちらをアップしたと思われますが、首から肩にかけての丸さや緩んだフェイスラインが見て取れますね。

 

さらにこちらの投稿は、『ターミネーター2』にジョン・コナーの悪友として出ていた同じく子役出身の俳優ダニー・クックセイとの一コマです。

印象的な目がサングラスで隠れていることもあり、ふくよかになった体型と首が肉で埋もれてしまったボディラインのインパクトが大きいです。

 

View this post on Instagram

🌳

A post shared by Edward Furlong (@edwardfurlongpic) on

こちらが『ターミネーター2』時代の写真です。

怜悧な目元、スッと通った鼻筋、美しい口元、すっきりとしたフェイスラインでまさに美少年と呼ぶのに相応しい姿をしており、現在の姿を考えると彼にとっての月日が過酷なものであったことを浮き彫りにしているようですね。

 

スポンサーリンク

ターミネーター2子役現在が激変の理由は?

それでは、なぜにもこんなにも変わってしまったのでしょうか。

まずはハリウッド子役あるあるの一つである、薬物とアルコールへの依存症です。

 

古くはジュディ・ガーランドが子役時代からダイエットのために薬物をスタジオから与えられていたり、『ET』の名子役だったドリュー・バリモアが9歳から飲酒&喫煙をしてローティーンで薬物のリハビリ入院を何度もしたり、『シックス・センス』のハーレイ・ジョエル・オスメントもやはりティーンエイジャーで飲酒運転と薬物所持で逮捕されたりしています。

 

2000年に薬物とアルコールへの依存でリハビリ入院するも、退院すると元の木阿弥に、さらに元祖お騒がせセレブのパリス・ヒルトンとクラブで泥酔していると報道されたり、薬物の過剰摂取で入院、無免許運転で逮捕などで、せっかく『ターミネーター2』で華々しく始まったキャリアを台無しにしてしまう行動を続けます。

 

さらには私生活でも、彼が14歳の時に29歳の家庭教師の女性と関係を持ったのちに、彼女から暴力で訴えられたことを皮切りに、女優のレイチェル・ベラと結婚して息子までもうけたものの、離婚を申し立てられた後にストーキング行為から接近禁止命令を出されているのに何度も破り逮捕され複数回の収監、息子からコカインの検出など問題が多発。

さらには別の恋人にも3度にわたる暴力で逮捕され、せっかく決まった映画の出演、中には主演の内定を取り消されており、だらしない私生活やどうしてもやめられないアルコールや薬物の影響でこのような悲しい姿になってしまったといえるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ターミネーター2子役現在の活動は?

そんなエドワード・ファーロングですが、一貫して仕事としては俳優を続けています。

捨てる神あれば拾う神ありなのがハリウッドなのか、大作への出演はあまりありませんがホラー、スリラーなどを中心として映画には出続けている模様です。

上記の写真もニュージャージーで行われたホラー映画のフェスティバルへと出席した時の投稿です。

 

確かに『ターミネーター2』の翌年に公開されたホラー『ペット・セメタリー2』や犯罪ドラマ『アメリカン・ヒストリーX』で印象的な演技をしたエドワード・ファーロングですので、ホラー、犯罪もの、スリラーなどに演技の適性もあってキャスティングされ続けている模様ですね。

 

スポンサーリンク

ターミネーター2子役現在も人気ある?

View this post on Instagram

NJHorrorCon day 1 with @dannycooksey @abbeytewsonjohnson

A post shared by Edward Furlong (@edwardfurlongofficial) on

美少年スターとして世界中で大人気だったエドワード・ファーロングですが、現在の人気度合いは「あの人は今」的なものだと言えるでしょう。

 

公式マークは付いていものの、最近本人が解説したと思われるInstagramのフォロワー数は8,000人強と、微妙な数字。

ちなみに、激変した子役出身者として筆頭に挙げられるハーレイ・ジョエル・オスメントは公式マークもつき、投稿も多く期間も長いとはいえ、63,000人のフォロワー数があります。

 

とは言いつつも、サンディエゴで行われた2019年の「コミコン・インターナショナル」の席上で製作総指揮を務めるジェームズ・キャメロンがエドワード・ファーロングの復帰を発表すると歓声が上がった様子も報じられておりますので、やはりジョン・コナーとしてのエドワード・ファーロングを待ち望む声は根強いともいえ、『ターミネーター』ファンにとって気になる存在である事は間違いありませんね。

 

スポンサーリンク

ターミネーター2子役現在の姿にみんなの声は?

少年時代のエドワード・ファーロング尊い、顔だけ見れば今も面影あるよ、顔だけなら…

変わりはてた姿にショックを隠せない自分がいる

ジョン・コナー役で復帰は嬉しい!人間年取れば変わるから、大丈夫だよ

今回こそリハビリうまくいって立ち直ると信じてる

意外と現在のエドワード・ファーロングもありかも

神がかった美少年だったエドワード・ファーロングの当時の美貌を讃えるのと、復帰への喜びの声が多いようです。

どのような形でのジョン・コナー役復帰かの情報が全くないため、詳しい感想などはないですが、なんとか立ち直って欲しいというファンの願いが伝わってきますね。

スポンサーリンク

ターミネーター2子役現在は激変劣化?最新画像と激太りの理由とは?まとめ

ターミネーター2で人類抵抗軍のリーダーであるジョン・コナーの少年時代を演じた子役エドワード・ファーロングの現在の激変ぶり、悲しい激太り写真などを合わせて見てきました。

 

ターミネーターシリーズで一番ヒットしたターミネーター2のファンは世界中におり、鮮烈な美少年子役スターに心を奪われた人も世界中にいますので、その激変激太りぶりを嘆く声も世界中から聞こえます。

 

なんとか今回公開される新作で前向きに立ち直っている姿を見たいもの、そして『ターミネータ:ニュー・フェイト』は2019年11月8日(金)の公開です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です