スターウォーズ順番はなぜエピソード4から?1からじゃないのは何故?

『スターウォーズ』は全米で1977年に公開1作目の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が公開されてから、公開間近のエピソード9となる最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』まで9作が作られています。

 

公開の順番としては、エピソード4→5→6→1→2→3→7→8→9となっていますが、エピソード1からではなく、なぜかお話でいうと中盤に当たるエピソード4から公開されています。

 

改めて、なぜストーリーの起点となるエピソード1からではなく、エピソード4からの公開となっているのかを探るとともにシリーズの時系列、また見る順番のおすすめや、みなさんの声なども合わせて紹介していきます!

 

スポンサーリンク

スターウォーズ順番なぜエピソード4から?時系列を紹介

スターウォーズシリーズは、世界が最も待ち望んでいる人気シリーズといっても過言ではありません。

スピンオフやサイドストーリーなど数多くの派生作品や関連作がありますが、ここでは最新作まで9作が製作されている「エピソード◎」と銘打たれているスカイウォーカー・サーガの公開順番と時系列をご紹介します。

スターウォーズ 公開順番

旧三部作(オリジナル・トリロジー)

1977年 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

1980年 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

1983年 『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

新三部作(プリクエル・トリロジー)

1999年 『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

2002年 『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

2005年 『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

続三部作(シークエル・トリロジー)

2015年 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

2017年 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

2019年 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

 

スターウォーズ 時系列順番と三部作あらすじ

新三部作(プリクエル・トリロジー)

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』

『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』

『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』

時代は銀河世界で共和国が崩壊し、シスにより企てられた陰謀により銀河帝国の誕生にかけて。

奴隷だった少年アナキンは桁外れに強いフォースをジェダイの騎士であるオビ=ワン・ケノービに見出されヨーダらの薫陶を受けジェダイの騎士となっていくも、自身のダークサイドに引き込まれてシスに傾倒し、銀河帝国のダース・ベイダーとなっていく。

また、惑星ナブーの女王だったアミダラの護衛を任される中で恋に落ち密かに結婚していたが、ダークサイドに落ちていくアナキンの姿にショックを受けたアミダラはルークとレイアを産み落とし死亡する。

 

旧三部作(オリジナル・トリロジー)

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』

『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

銀河帝国成立から19年が経ったところから物語はスタート。

辺境の惑星タトゥイーンに暮らすルークはジェダイの騎士オビ=ワン・ケノービと出会い、銀河帝国に捕らえられたレジスタンスのリーダーであるレイア姫を宇宙海賊ハン・ソロの助けも借りて救出し、帝国軍の強力なデス・スターを破壊する。

その後、ルークは隠遁生活を送っていたヨーダの元でジェダイの訓練を受けジェダイの騎士となり、レイア姫とハン・ソロはお互いに惹かれ合い恋仲になるが、実はルークはダース・ベイダーの息子でありレイアとは双子であることを知り葛藤するも、息子との対峙で善の心を取り戻したダース・ベイダーことアナキン・スカイウォーカーにより銀河皇帝は殺され、最終的に帝国軍の第二デススターも破壊され強大なシスの帝国は崩壊した。

 

続三部作(シークエル・トリロジー)

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(未公開)

帝国の残党ファースト・オーダーによりシスの圧政は一部で続いていた。

ハン・ソロとレイア姫の息子ベンはダークサイドに魅入られカイロ・レンとなりファースト・オーダーの幹部となり叔父であるルークの行方を追っていた。

一方砂漠の惑星に暮らす孤独な女性レイはファースト・オーダーからの脱走兵であるフィン、謎のドロイドBB-8との出会いを通じてレイア姫が率いるレジスタントへと関係していく中でフォースが覚醒

居場所がわかったルークにジェダイの訓練を受け、同じくフォースを持つカイロ・レンと交流を深めていく中でお互いに苦悩、一方レジスタンス側はファースト・オーダーに追い詰められていく。

祖父ダース・ベイダーの遺志を継ぎ宇宙を支配するカイロ・レンと対抗するレイたちの最後の戦いが始まる。

 

アナキン・スカイウォーカーから始まったスカイウォーカー家の長大な物語は、子供のルークとレイア、その孫のベンと続いてきましたが、監督のJ.J.エイブラムスは、今回公開されるエピソード9でスカイウォーカー家の物語を終わらせると明言しています。

何者でもない若者が銀河の英雄になるエピソード4から見るか、桁外れの才能はあるものの暗いものを抱えた少年が悲劇に突き進むことを観客がほぼ分かっているエピソード1から見るか、見る順番により作品世界全体の印象も変化することは言えそうです。

 

スポンサーリンク

順番なぜエピソード4から?理由を考察

理由は単純明快、商業的な成功が一番見込めるのが『エピソード4/新たなる希望』だからです!

シリーズ製作を確かなものにするためには、1作目の成功が不可欠になるため、一番観客が好む楽しい宇宙冒険活劇であるエピソード4から製作、公開することがシリーズ成功への得策だと判断されたとのこと。

 

上記のあらすじからも明らかなように、『エピソード1・2・3』はアナキン・スカイウォーカーが最終的にダース・ベイダーへと闇落ちするストーリーであり、三部作が進むにつれ悲劇的な色彩が強くなり、またクローン戦争の描写なども当時の技術と予算では映画化不可能だと言われていました。

それに対してエピソード4は、冒険活劇としての完成度が高く、またストーリーも明るい基調で進みます。

ルークはまだ自分に背負わされた歴史を知らず、若者のサクセスストーリーであり、また魅力的な脇役である宇宙海賊のハン・ソロや、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』から影響を受けたというルークのお供のドロイドたちC-3POやR2-D2たちがコメディリリーフとなって笑える部分も沢山あります。

 

結果的に、公開1作目のエピソード4は大ヒットし、続いて公開したエピソード5、6も商業的に大成功をおさめてスターウォーズブランドを確立しますので、目論見は大当たりだったと言えましょう。

 

スポンサーリンク

スターウォーズ順番見るのはエピソード1と4どっちからがおススメ?

それでは議論の分かれる、スターウォーズを見る順番ですが、結論から言いますと、公開順がおすすめ!

 

というのも、みんなが大好きになる要素が一番詰まっているのがエピソード4なので、まずはこの作品から見てスターウォーズ世界を好きになってから、その続きである旧三部作(エピソード4,5,6)を見てスターウォーズ世界に馴染み、前史である新三部作(エピソード1,2,3)で世界観や歴史の流れ、用語、登場人物の把握をして、続三部作(エピソード7,8,9)へと繋げていくのが王道と言えるのではないでしょうか。

 

また製作陣も、作品内での秘密や設定を公開順で明らかにしていますので、世界観の拡充という意味でも、公開順で見るのが観客側が把握する知識という点でも、新鮮な驚きを感じながら見ることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

スターウォーズ順番なぜエピソード4から?みんなの声は?

View this post on Instagram

Keeping it golden.

A post shared by Star Wars (@starwars) on

さて、見る順番は公開順がいいのか、時系列順がいいのか、皆さんの声もいくつかご紹介!

見る順番は公開順一択でしょう!

スターウォーズ通によると4,5,6,1,2,3,4,5,6,7,8らしいよー

個人的にはローグワン,4,5,1,2,3,6,7,8

なんとなくネタバレを知ってるならエピソード1からでも楽しめるよ

好きな順で見ればいいんじゃないかな

 

圧倒的に最初に見る作品としてエピソード4を勧める声が多いです。

その上で、新三部作を見てから旧三部作をおかわりからの続三部作へと行くという方も。

あとは、デス・スターの設計図を奪うスピンオフ作品『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を間に入れ込むことをお勧めする声も相当数ありました。

確かに基本的にスカイウォーカー家の特別な人たちの物語であるスター・ウォーズ世界ですが、この作品は名もなき人たちが成し遂げた偉大なミッションの物語であり、作品世界に厚みを持たせるものとなっていますので、時間があるならば見るリストに入れる価値が十分にあるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

スターウォーズ順番はなぜエピソード4から?1からじゃないのは何故?まとめ

『スターウォーズ』の公開がなぜエピソード4からで、時系列でいうと起点であるエピソード1からではないのかを紹介してきました。

見る順番としては、圧倒的にエピソード4からがお勧めですが、有名な作品なのでなぜかネタバレを知っている場合はエピソード1からでも楽しめるという声も。

J.J.エイブラハム監督自身は、『スターウォーズ』最新作を見るにあたり前の作品を見返す必要はないと明言していますが、見ておくと楽しさも倍増することは間違いないと言えるでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA