SPECドラマのネタバレ最終回!結末でニノマエは死んでいない?

SPECドラマのネタバレ最終回!結末でニノマエは死んでいない?

ドラマ「SPEC」最終回の結末がどうなるのか、ニノマエがどうなったのかネタバレをご紹介していきたいと思います。

こちらの作品は、戸田恵梨香さんと加瀬亮さんのダブル主演で、超能力などが使われた特殊な事件や犯人を捜査するために設立された未詳事件特別対策係の仕事ぶりを描くちょっと変わった刑事ドラマです。

2010年10月8日から12月17日までTBSテレビ系の「金曜ドラマ」枠で放送され、その後、スペシャルドラマや劇場版が3本制作されるなど大ヒット作品となっています。

では早速、ドラマ「SPEC」最終回の結末がどうなるのか、ニノマエが生きているのか死んだのか調査し、ネタバレしていきましょう。

SPECの最終回あらすじ

まず、ドラマ「SPEC」最終回のネタバレなしあらすじを確認していきたいと思います。

瀬文(加瀬亮)は、一人でニノマエ(神木隆之介)に戦いを挑むが、ニノマエのスペックを前に満身創痍。絶体絶命のピンチに陥る。するとそこへ、当麻(戸田恵梨香)が現れた!当麻の命を懸けた作戦は、ニノマエのスペックを逆手に取り、追い詰めることに成功するが、当麻はもちろん瀬文、ニノマエと共に生死の境をさまよう事となる…。

3日間眠り続け、ようやく目を覚ました当麻は、祖母の葉子(大森暁美)や地居(城田優)をほっとさせ、手厚く看病されるが、瀬文はまだ眠りについたまま。ニノマエも瀕死の状態だ。

そんな中、瀬文の見舞いに訪れた美鈴(福田沙紀)は、こん睡状態の瀬文からあるビジョンを読み取る。そのビジョンに愕然とする美鈴は、当麻に真偽を確かめるのだが…。

全ての記憶を振り絞り、当麻は巨大な敵に立ち向かう!

引用:TBSドラマSPEC公式サイト

ニノマエとの戦いもいよいよ大詰めですね!

まず先に「SPEC」全体のストーリーを簡単に振り返ってみましょう。

 

物語の始まりは、警視庁特殊部隊の隊員だった瀬文焚流が、部下志村を誤って撃ったと疑われ、公安部公安第五課未詳事件特別対策係こと、通称「未詳」に左遷されることから始まります。

未詳」は「SPEC」と呼ばれる念動力やサイコメトリングなどの超能力を持つ者たちが起こした犯罪を捜査する部署でした。

瀬文がコンビを組むことになったは、大の変人だが天才的な頭脳を持つ当麻紗綾

科学では説明のつかない不可思議な事件の捜査に挑んでいく中で、二人は信頼を築いていきます。

様々な事件を解決していく中で「SPEC」を保持する者たち「SPECホルダー」によって作られた秘密組織の存在や公安零課というSPECホルダーの存在を世間から隠す為に暗躍している部隊の存在が明らかとなります。

瀬文が尊敬しているSITの先輩里中が娘のために警察を裏切り殺されたことや、志村が撃った銃弾が反転して志村を直撃したことも、最強のSPECホルダーであるニノマエが加入している秘密結社が関わっていると判明。

最終話の前話にあたる壬の回では、瀬文との約束を破り志村を殺害した組織に激怒したニノマエが、その場にいた組織の人間を殺害。

瀬文は「未詳」の存続と志村の仇討の為、津田の誘いを受け、公安零課入りニノマエと対決する覚悟を決めます。

ニノマエを襲撃するも返り討ちを受け、零課は壊滅状態となり瀬文も絶体絶命のピンチに陥ります。

そこに、打倒ニノマエとして練りあげた作戦を持った当麻が現れ、ニノマエに挑むというストーリーでした。

 

最終回では様々な謎が解明されるようです。

最終回の結末は一体どうなるのでしょうか?

SPECの最終回ネタバレ

では、次にドラマ「SPEC」の最終回ネタバレを行っていきたいと思います。

ドラマの核心部。

どうぞ、お楽しみください。

ニノマエの正体

ニノマエは突如苦しみだし倒れます。

実は、降り出した雪に当麻が毒を混ぜており、 一般の人より数万倍の速さで動けるニノマエは多くの毒を浴びてしまい倒れたのでした。

当麻は倒れているニノマエの首に弟と同じ星型のアザを見つけます。

そこへ当麻の元彼である地居があらわれ、ニノマエが当麻の弟であることを告げます。

実は、地居は記憶を書き換えるSPECを持っており、ニノマエや当麻の記憶を書き換えていたのでした。

地居は、また当麻と瀬文の記憶を書き換えます。

そして、雪の毒にあたった当麻と瀬文とニノマエは病院に搬送されるのでした。

黒幕の正体

当麻は軽症のためすぐ目覚めましたが、瀬文はなかなか目覚めませんでした。

お見舞いに来たサイコメトラーで志村の妹である美鈴は、瀬文の体を拭いたときに、事件の事を読み取ってしまいます。

すぐさま当麻にニノマエが弟なのか確認しますが、当麻は記憶を書き換えられているので否定します。

そして、当麻にお使いを頼まれ部屋を出た美鈴は、地居に襲われ記憶を消されてしまうのでした。

ある場所で地居は秘密結社のトップと将棋を指しています。

地居が語ることによれば、この事件は地居がニノマエを倒すために仕組んだもので、
計画的に当麻に近づいたが、本気になってしまったとのこと。

秘密結社のトップが「詰んだな。」と言いながら王手をかけると「スペックもない奴がため口をたたくな。」と相手を射殺した地居。

その正体は津田の影武者だったのです。

地居との対決

当麻は自分の記憶に疑問を持ち、家に帰って昔の写真などを見ていました。

その写真には、写っているはずの地居の姿がありません。

「未詳」に戻った当麻はニノマエの死を知ります。

そして、事件を推理すため、いつものように書道の儀式を行い、真相にたどり着きます。

当麻は地居を教会に呼び出し、過去の出来事を質問をしながら、記憶を操作したことを問い詰めていきます。

「愛している。救いたい。悲しみを忘れさせてあげる。」と告げる地居に対し、当麻は「思い通りにはならない。ニノマエを殺した罪を背負って生きていく。」と答え地居に銃を向けます。

地居は当麻の銃を払い落し、右手を踏みつけるのでした。

そこへ、美鈴の力で記憶を取り戻した瀬文と美鈴があらわれます。

地居に拳銃を向ける瀬文。

しかし、地居の部下からボコボコにされ倒れてしまいます。

部下から銃を受け取った地居は瀬文に銃口を向けます。

瀬文が最後の力をふり絞り飛ばした奥歯が、地居の額に突き刺さりました。

その隙をついて当麻が動かない左手で銃を持ち、瀬文の頭を台座にして地居を狙います。

「左手うごけー!」という叫びと共に、地居と当麻両方から銃弾が発射されました。

すると、銃弾の動きがスローになり、地居だけが銃弾に撃たれ倒れます

地居は「ニノマエじゃない。誰の仕業だ。まさか…」といって絶命。

顔を見合わせる瀬文と美鈴を横目に、当麻はその場に立ち尽くしていました。

SPECの結末をネタバレ!ニノマエは生きているor死んだ?

SPECの結末をネタバレ解説していきたいと思います。

ニノマエは生きているんでしょうか?

それとも死んだのでしょうか?

当麻と地居が撃ち合った際に発動したスペックはニノマエの能力と酷似していました。

視聴者もニノマエの死を疑うのは当然でしょう。

しかし、公式HPでニノマエは中毒死となっています。

従って、ニノマエは死んでいると思います。

では、一体誰の能力だったのか?

一番の有力候補は当麻です。

まず、公式HPには「地居の命を奪うことに成功する。その際、ある能力が芽生え…た??」とあるので、何かしら新しいスペックを手に入れた可能性が高く、死者を召還するスペックも同時に記載されているので、元々持っていた死者召還のスペックではないことが分かります。

また、9話でスペックを発動しているニノマエが、当麻にナイフを突きつけると当麻の口元が動き、ニノマエが構えるシーンがあります。

二人が兄弟であることから、同じスペックを使える可能性もあり、このシーンは当麻がこのスペックに目覚め始めている伏線だったのではないかと思います。

しかし、公式HPでも「芽生えた?」と疑問形なので、真実は闇の中です。

SPECの結末を自分の目で確かめたい方は公式サービスのParaviで現在独占配信中です。

シリーズ全作が今なら無料トライアルを利用してタダで見れてしまいます。

お得なこの機会を逃さないようにしてくださいね♪

\SPECが見れるのはParaviだけ!/

今すぐ無料トライアル
もっと情報を知る>

↑無料期間中の解約で↑
タダで視聴可

SPECの結末・最終回ネタバレまとめ

ドラマ「SPEC」最終回の結末がどうなるのか、ニノマエが生きているのか死んだのか調査し、ネタバレをご紹介してきました。

 

基本的に1話完結のドラマですが、多くの伏線が張られ、物語が進むにつれ様々な謎が深まっていく引き込まれるドラマでした。

後半で、SPECホルダーたちによる秘密組織や公安零課の活動が、今まで捜査した事件の裏で糸を引いていたことが判明していき「こいつが黒幕かー!」と思ったら、どんでん返しみたいなパターンが多く、何度も「やられたー」と思いました。笑

ニノマエは死んだと思いますが、このドラマの事だからまだまだ分からないです。笑

地居を死に至らしめたスペック保持者の謎も含め、解決されていな謎もあるので、全シリーズのご視聴をオススメします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です