志賀丸太改名で変更後の名前は何?改名前の炎上理由は何だったの?

「志賀丸太」という名前で炎上し、キャラクター名を改名したヒロアカですが、変更後の名前は何になったのでしょうか?

なぜ、炎上してしまったのでしょうか?

ネット上で様々な声が上がっているこの問題。

「志賀丸太」を改名した理由や変更後の名前、炎上理由について調べていきたいと思います!

「志賀丸太」改名で変更後の名前は何?

「志賀丸太」というキャラクターの名前で炎上してしまった「僕らのヒーローアカデミア」。

指摘を受けキャラ名が改名されました。

変更後の名前は何になったのでしょうか?

見ていきましょう!

 志賀丸太が改名!変更後の名前は「殻木球大」?

志賀丸太」の名前に関して、海外を中心に厳しい指摘を受けた集英社と原作者の堀越耕平さんは2月3日、名前の差し替えをアナウンスしました。

そして、2月10日に「不快な思いをされたすべての方々に深くお詫び申し上げます」と、謝罪と共にキャラクター名が「殻木球大(がらき・きゅうだい)」に変更になったことを発表しています。

それに伴い、電子版は既に修正されています。

制作者側は名前の由来として「志賀」はドクターが憧れていた敵連合 (ヴィラン連合 )のボス「オール・フォー・ワン」の本名「死柄木(しがらき)」から「丸太」は丸々太った見た目からと説明しています。

由来を聞くと「殻木球大」も同じ様な考えの元つけられたような感じがしますね。

志賀丸太とは誰?

ヒロアカの作者が公式Twitterでこのような発表をだし話題になっています。

志賀丸太とは一体誰なのでしょうか?詳しくみていきたいと思います。

ヒロアカのキャラクター

志賀丸太は漫画「僕のヒーローアカデミア」に登場するキャラクターの1人で、1話で幼い出久に「無個性」と告げた医者です。

今までは「氏子達磨 (うじこだるま)」という偽名を使い「ドクター」と呼ばれていました。

  • 蛇腔総合病院の創設者で理事長
  • “個性”なし
  • 脳無の人を密かに作る人体実験をしている
  • 敵(ヴィラン)の医者
  • 偽りを生きる男
  • 名前が志賀丸太(しがまるた)

問題になったのはこの「志賀丸太」という名前の人物が「人体実験」をしているという設定の部分でした。

志賀丸太の史実上の意味は?

丸太という言葉は史実上、第二次世界大戦で日本人が人体実験をする被験者のことを「丸太」と呼んでいたという現実がありました。

731部隊では捕虜の中国人、朝鮮人、ロシア人などを「マルタ」の隠語で呼び、非人道的な人体実験を行っていたことが知られています。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000084-it_nlab-soci

日本軍の731部隊が当時人体実験をする際、中国人、朝鮮人、ロシア人などの被験者を「丸太」という隠語で呼んでいたという過去があるんですね。

ツイッター上などでは、名前のうち「丸太」について、海外からも疑問の声などが寄せられていた。米ニュースサイト「ASAP LAND」は、第2次世界大戦中の旧日本軍に存在したいわゆる「731部隊」が、人体実験の被験者を「マルタ(丸太)」と呼んでいたことを取り上げ、その関連から批判が起きていると報じている。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000084-it_nlab-soci

そのことから海外を中心に批判が集まっているようです。

海外の批判に対し公式サイトは以下のように説明をしています。

「命名にあたり、作者や編集部にはそのような意図はありません」と否定した。しかし、「無関係の史実と作品を重ね合わせられることは本意ではないため、作者と相談の上、コミックス収録時に当該人物の名前を変更することにいたしました」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-00000084-it_nlab-soci

今回の騒動を受け登場人物の名前を変えて対応をすることになりました。

「志賀丸太」改名前の炎上理由は?

「志賀丸太」という改名前の名前で炎上した理由は何でしょうか?

もう少し深堀していきましょう!

 改名前の炎上理由

今回の炎上は韓国、中国など海外を中心に起こりましたが、「丸太」という単語の持つ意味が日本と海外では大きく異なるということがわかりました。

日本で「丸太」というと「木の棒」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、上記国などでは「731部隊の人体実験被験者」が連想されるようです。

731部隊は赤痢菌実験をしており「志賀」という名前も、赤痢菌の発見者として知られる細菌学者「志賀潔」からとったのではないかという指摘もありました。

しかし、私の勉強不足かもしれませんが、志賀潔氏と731部隊に関係があったことや氏が人体実験を行っていたという根拠を見つけることが出来なかったので、この指摘が批判に当たるのかは疑問は残ります。

ですが、海外の方としては、捕虜やスパイ容疑者として拘束され人体実験をされた自国民がいた許せない過去があり、人体実験をしているキャラクターの名前が、その人体実験の被験者を指す「マルタ」だったので不快を感じる人が多かったのかもしれませんね。

 改名後も炎上?

ドクターの名前が「志賀丸太」から「殻木球大」に変更になり、炎上も収まるかと思いました。

しかし「きゅうだい」という名前が、他の人体実験事件の名前と読みが同じで火種を残しているのです。

今のところ大きな炎上になっていませんが、今後大炎上するのか気になるところです。

 殻木球大の炎上理由は何?

今回は「きゅうだい」という名前が「九州大学生体解剖事件」からとったのではないかということで炎上しました。

「九州大学生体解剖事件」とは「九大事件(きゅうだいじけん)」とも呼ばれ、アメリカ軍捕虜に生きたまま人体実験手術を施した事件です。

またキャラクター名が人体実験を連想させたことから「志賀丸太」もやはり意図的につけられていたのではないかというコメントもあります。

せっかく変更したのにこの様な結果になったのはファンとして残念です。

志賀丸太改名にみんなの声は?

「志賀丸太」の改名に関して、みんなはどんな意見や感想があるんでしょうか?

日本と海外に違いがあるのかみていきましょう!

日本の反応

日本人のコメントで多かったのは「名前と人体実験と関係ないんじゃないか?」という意見です。

「❝丸太❞っていう文字からは木の棒しかイメージしない」や「キャラが太ってるし」といった「丸太」が人体実験に結びつかないといった感じでした。

「意図してつけていないのであればキャラ名変更はかわいそう」という意見も多かったです。

作者が「マルタ=人体実験の被験者」という海外の認識を知らなかったのであれば、厳しい批判やキャラ名変更はちょっとかわいそうですね。

「志賀丸太」の名前に海外の反応はどうだった?

海外の方で多かったのは「人体実験被験者を指す名前をキャラにつけるな」、「謝罪して下さい」といったものでした。

「原爆実験をするキャラに❝ヒロシマ❞とついていたら怒るだろう」というコメントもありました。

知らないというのは罪だなと思います。

ただ、SNSをみていると堀越先生へのコメントがかなり辛辣で、キャラ名の件で傷つけてしまったとは言え、お互い分かり合える言い方があるんじゃないかとも思ってしまいました。

志賀丸太改名で変更後の名前は何?改名前の炎上理由は何だったの?まとめ

「志賀丸太」の改名、変更後の名前は何なのか?改名前の炎上理由は何だったのか?についてご紹介してきました。

 

今回の炎上は、日本と海外の認識の違いが発端でしたね。

私も「丸太」という言葉から「木の棒」しか連想しなかったので、海外の方と接するときは配慮が必要だと思いました。

物語の重要なファクターとして用いたキャラやアイテムが、今回の様な問題で変更せざるを得なくなるのは作者の方も望んではいないんじゃないでしょうか。

そうならないよう作者だけでなくスタッフさん、編集者さんも確認作業を丁寧にする必要があるのかもしれませんね。

 

また、今回の件でSNSを見て、こんなに沢山のヒロアカファンが海外にいるんだと驚きました。

グローバル化した現代では世界中の方が作品に目を通す機会があるんですね!

ヒロアカは、凄く励まされるし泣ける最高の作品なので、今後も世界中のファンと楽しみたいです!

3 COMMENTS

猟奇漫画家の氏賀Y太のもじりなんでしょう
知ってる人にはすぐわかりますが、知らない人にはなかなか納得させられないでしょうね

返信する
さや

イチャモンレベルだと思う。
それと、正規の雑誌やサイトで読んで…ならまだいいけど、違法アップロードで見て批判されてもね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA