シンエヴァンゲリオン劇場版:||ネタバレと考察!冒頭10分から結末を予想!

シンエヴァンゲリオン劇場版:||ネタバレ考察

シンエヴァンゲリオン劇場版:||の冒頭10分が解禁となりましたので内容についてネタバレ考察を行い、結末を予想していきます。

シンエヴァンゲリオン劇場版:||といえば新劇場版シリーズの最終章となり、早くも期待が高まりますね。

特に続、そして終。非、そして反。と書かれたポスターには結末を意味する言葉が内包しているように感じます。

また、アニメ版などの結末との違いなどについてもしっかりネタバレ考察を行っていきたいと思います。

スポンサーリンク

シンエヴァンゲリオン劇場版:||あらすじは?

シンエヴァンゲリオン劇場版:||のあらすじですが、現在公開されている情報は公式サイトの30秒足らずの特報映像と冒頭10分40秒の映像、そして公式サイトのトップにある「続、そして終。非、そして反。」という言葉だけです。

つまりあらすじは公式にはありません

 

しかし、続、そして終。非、そして反という言葉に物語の内容が内包されているようにかんじます。

 

あくまで個人的な見解ですが、続とは劇場版全体を指し、終とはシンエヴァンゲリオン劇場版:||そのものを指していると思います。

つまり非、そして反という言葉にこそ本作の内容を指す言葉ではないかと考察します。

 

結論だけいうと非とは拒絶、反とは決別を意味すると考察します。

拒絶とは破やQで行った覚醒に対するシンジの答えで決別とはシンジ自身の成長を促すものだと考えます。

つまり最終章の内容はシンジの成長物語となるのです。

スポンサーリンク

シンエヴァンゲリオン劇場版:||冒頭10分の内容ネタバレ!

シンエヴァンゲリオン劇場版:||冒頭10分の内容をネタバレしていきます。

まず、冒頭10分の前にこれまでのストーリー、序、破、Qを大ジェクトで流し、エヴァンゲリオンの世界観にがっつり入り込むという憎い演出があります。

 

そして本編ですが、舞台は花の都パリ。

Qで唯一その後の行方がわからなかったマリは無事ヴィレに合流。

パリ奪還作戦に参加します。

 

ここでリツコやマヤ、ミドリなどヴィレ職員がプラグスーツ姿となって作戦を開始。

マヤをリーダーとし、プログラムを必死に打ち込みパリのNERV施設を復旧しようと試みますが、勿論ゲンドウ達は黙ってそれをみている事なくエヴァを大量投入。

 

迎撃にはマリが腕の可動域がオカシクなった改造型エヴァンゲリオン8号機に乗り、空中戦を披露。

縦横無尽の活躍をし、武器を失ってもエッフェル塔をぶつけるなどエヴァこと使徒もどきを圧倒します。

 

そしてマリやマヤの活躍もあって無事パリを奪還。

その光景を見ながら「待ってろよワンコくん」とマリがシンジを探している描写を持って終了します。

スポンサーリンク

シンエヴァンゲリオン劇場版:||冒頭10分から結末を考察

シンエヴァンゲリオン劇場版:||冒頭10分から結末を考察していきます。

まず、前提としてシンジはアスカ、レイと三人で、マリはヴィレと行動を共にしており、ゲンドウは具体的な目的は不明ですがヴィレに対し攻撃を行っています。

また、マリが相棒のアスカではなくシンジを探している事からシンジがキーマンである事を指しています。

 

しかし、マリの決意の秘めた表情や、パリで弐号機と8号機の武装のみ回収した事から、マリはシンジを殺すつもりなのではないかと考察します。

理由はニアサードインパクトを引き起こした当事者でありながら事情を全く知らず、災厄を振りまき続ける危険性がありからです。

 

勿論、シンジもいつまでも今のままではありません。

シンジ自身はあまり積極的なタイプではありませんが、黙っていても色々説明してくれるアスカが隣にいるので今の世界の事やエヴァのパイロットの事、自分たちの今の境遇など自慢気に語ってくれる姿は簡単に想像できます。

 

シンジはレイとアスカと共に今後の自分の行動やこれからの世界について考えている所でマリと再会、大した会話もしないまま戦闘に突入します。

マリとシンジの戦いは加熱しますが、当然これをゲンドウが見逃すはずもなく使徒もどきを大量に出撃、レイとアスカも迎撃の為参戦し乱戦状態となり、これをミサトが収め、シンジたちはヴィレに合流します。

 

そしてミサトやマリと和解したシンジはゲンドウに立ち向かいますが、今までのようにエヴァの覚醒に頼らず、自分の力だけで対峙すると考えます。

最終的にはシンジがエヴァの覚醒に頼らずゲンドウを打倒、多くの仲間たちと一緒に歩く未来を選びゲンドウを拒絶、荒廃した世界を少しずつ元に戻す為、尽力していくのではないかと考察します。

スポンサーリンク

シンエヴァンゲリオン劇場版:||の結末は旧とは異なる?


シンエヴァンゲリオン劇場版:||の結末は旧と同じか、それとも異なるのか?

あくまで推測になりますが、まず旧版のような形で終わることはありえないと思います。

個人的にも最後にメインキャラクターが全員拍手しながらおめでとうといい、シンジが笑顔で終わるTV版の最終回にはかなり思う所がありますが、私以外の多くの視聴者も同様だったようで、その結果として映画Air/まごころを、君にが上映されたのです。

 

そしてあえて今までの世界観をぶち壊す為にQでは14年後という時間すら動かしたことでゲンドウを完全な悪役として再配置し、ミサト達に武力を与えたことから最後の結末は大きく異ると考えます。

前述したゲンドウとの対峙やエヴァ との決別を経てシンジは一人の男として成長し、アスカやミサト、レイ、マリら多くの仲間たちと新しい世界で生きていく決意をするのではないかと思います。

スポンサーリンク

シンエヴァンゲリオン劇場版:||ネタバレと考察!冒頭10分から結末を予想!まとめ

シンエヴァンゲリオン劇場版:||ネタバレと考察、そして冒頭10分から読み取れる結末の予想ですが、その最後はシンジが一人の男として自立するものだと考察します。

また、今まで以上に派手な戦闘シーンやシンジの葛藤などが描かれ、様々な苦悩の中で今までシンジが頑なに行ってこなかった決断をし、アスカらの支えを受けながらゲンドウに立ち向かうと思います。

あくまで推測の域を出ない話となってしまいましたが、この考察にわずかでも興味がある方はもう一度新劇場版シリーズを見ることをオススメいたします。

時間を置き、考え方が変わってから見ると作品の雰囲気や感じ方まで大きく変わるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA