屍人荘の殺人(映画)は怖いしグロい?年齢制限や怖さの理由を解説!

屍人荘の殺人(映画) 怖い年齢制限

屍人荘の殺人(映画)が怖いしグロい、年齢制限があるなど様々な憶測が飛んでいますので色々まとめていきます。

屍人荘の殺人(映画)といえば神木隆之介をはじめ、浜辺美波、中村倫也など豪華キャスト陣で有名ですね。

また、ミステリー要素も強く原作ではデビュー作にして本格ミステリ大賞など4冠を受賞するという史上初の快挙をなし遂げました。

ではなぜそのミステリー小説が映画版では怖いといわれるのか理由について解説していきます。

屍人荘の殺人(映画)は怖いしグロい?みんなの声は?

https://www.instagram.com/p/B6ChzoaJOyE/?utm_source=ig_web_copy_link

屍人荘の殺人(映画)には怖い、グロいと評判ですが、どこが怖かったのか、そして何がグロかったのか他の人の意見などをまとめていきます。

屍人荘の殺人(映画)が怖い派の口コミ

予告で完全に騙された

家族では見に行けない

映画見に行ったけどいい意味で期待を裏切ってくれた

など想定外に怖かった、怖いなど想像していなかった人が多かったようです。

また、怖いという意見が多く、あまり想定していなかったにもかかわらず面白かった、とても楽しめたという意見も多く、背筋が凍る程の怖さではなく、あくまで物語のスパイス的な要素で留まるレベルでした

屍人荘の殺人(映画)がグロい派の口コミ


グロありなら教えてほしかった

もったいないけどガマンできなくて途中退席しちゃった

面白かったけど覚悟が必要だと思う

怖い感想とは違い、グロいと感じた人の多くが途中で映画視聴を中止し、退席したようで、ホラー耐性の弱い人には厳しい内容だったようです。

では屍人荘の殺人(映画)の怖い・グロい理由についてまとめていきます。

屍人荘の殺人(映画)が怖い・グロい理由は?

屍人荘の殺人(映画)が何故怖い、グロいと言われたのか、理由についてまとめていきます。

まさかのゾンビ拡散

屍人荘の殺人(映画)がグロい、怖いと呼ばれる大きな要素がこのゾンビです。

タイトル通り殺人事件が起こり、探偵達がそれを解決する所は普通のミステリーですが、殺害された人物がゾンビとして再登場し、しかも噛むだけで他の人物をゾンビ化させる事ができるというホラー要素が加わった事で多くの視聴者のど肝を抜く怖さを表現したのです。

中村倫也

これはかなり大きなネタバレとなってしまいますが、主要人物、探偵役である中村倫也が演じる明智恭介が物語の序盤でゾンビ化してしまいます

グロと表現してしまうと少し違うかもしれませんが、中村倫也と神木隆之介のカッコいい謎解きを期待した多くの視聴者が落胆した事は間違いなく、途中退席した大きな理由の一つとしては間違いありません。

屍人荘の殺人(映画)に年齢制限はある?

View this post on Instagram

屍人荘の殺人 かなり期待して見てみた。最初はよくあるコメディーチックな始まりで、屍人荘に向かっていく。普通のミステリーだと思っていたのにまさかのゾンビ。これはけっこう思った方も多いと思う。ゾンビが入りすぎてあまりはいってこなかった。屍人荘で起きたことは解決したけど、ゾンビが解決できていなくて上手く消化できない作品だった。でもこれだけは言いたい浜辺美波は可愛すぎる。浜辺美波見たい方は是非、ご覧になってみては。#映画 #映画好きな人と繋がりたい #屍人荘の殺人 #屍人荘で事件解決 #浜辺美波

A post shared by 映画少年 (@ppi497) on

屍人荘の殺人(映画)はミステリーといいながら大量のゾンビが登場するなどホラー要素も強く一部で年齢制限について言及されているのでまとめていきます。

結論だけいうと、屍人荘の殺人に年齢制限はありません

日本の映画にはレイティングシステムというものがあり、全年齢向けのGから順にPG12、R15+、R18と4段階の年齢制限がありますが、屍人荘の殺人(映画)はG、全ての年齢が視聴可能です。

しかし、ゾンビ感染、連続殺人など個人的に子供にあまり見せて良い映像ではありませんので、注意してください。

屍人荘の殺人は小説も怖いの?

https://www.instagram.com/p/B7KE67-AGB1/?utm_source=ig_web_copy_link

屍人荘の殺人(映画)では怖い、グロいという声が多かったのですが、原作小説はどうだったのかまとめていきます。

怖い派の声

皆さんの感想を見ると、映画は怖さやグロさだけでなく、コメディ要素も強く、エンタメ向けにされていますが、原作ではもっと深い世界観の中でジワジワと襲いくる恐怖心などミステリー小説でありながらホラー要素もかなり強めで上手く調和されているようです。

 

つまり、屍人荘の殺人は映画より原作の方が怖いということです。

また、原作ではこの話の続きとなる魔眼の匣の殺人という超能力が出てくる話がすでに発売されており、こちらもミステリー・ホラーを上手く表現しているようです。

屍人荘の殺人(映画)は怖いしグロい?年齢制限や怖さの理由を解説!まとめ

https://www.instagram.com/p/B7E3720pRVu/?utm_source=ig_web_copy_link

屍人荘の殺人(映画)は怖いしグロい、年齢制限や怖さの理由についてまとめていきます。

屍人荘の殺人はミステリー・ホラーという特殊なジャンルでありながらゾンビが大量発生するシーンなどグロい描写も存在しますが、年齢制限が入るほどではなくあくまでスパイス的に加えられたものです。

しかし、連続殺人事件とゾンビという要素はあまり子供向けではないので、見に行く際には注意が必要です。

また、怖いといってもコメディ要素もあり、神木隆之介や浜辺美波などキャスト陣も豪華なのでこれから少しホラーにも挑戦していきたいという方にはピッタリの作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です