仙台上空に白い未確認飛行物体の正体は何?画像検証で気球にUFO・ラジオゾンデ説も!

仙台市白い物体

仙台市上空に現れた白い未確認物体の正体が何なのか、昨日の2020年6月17日から話題になっているのをご存知ですか?

仙台市の上空に白い未確認物体があり、画像検証をすると気球やUFOや風船のように見えると仙台市民を中心に地元テレビ局やSNSで今注目が集まっています。

近県である福島県などからも仙台市の白い未確認物体が確認出来るなど目撃情報が多数寄せられています。

今回は、仙台市の上空にある白い未確認物体の正体を画像検証などから詳しくお伝えしていきます!

スポンサーリンク

仙台市上空の白い未確認飛行物体が話題

2020年6月16日、目撃した人によると朝から仙台市の上空に白い物体が浮かんでいるとの情報が寄せられました。

すると、仙台市民を中心にネット上で話題になり、Twitterでは「白い物体」がトレンド入りするなどして一躍話題に。

この、一見気球のようにも見える丸くて白い物体は一体何なのでしょうか!?

目撃情報や画像などから、詳しく検証していきましょう!

スポンサーリンク

仙台市上空の白い未確認飛行物体正体は何?画像で気球なのかUFOなのか検証!

仙台市で2020年6月18日9時現在も確認出来る、この白い物体。

仙台市の目撃情報によると、「何時間も同じ場所にいる」「定位置から動かない」「ずっとそのまま浮いている」など仙台市を中心に一躍騒動に。

投稿されている動画を見ると、パッと見は気球や風船、ドローンなどのようにも見えます。

一体何なのか画像で検証して見ましょう。

白い風船説

遠くからみると白い風船にもみますね。

気球説

気球説もありますが気球と比べると全くの別物ですね。

UFO説

写真だけでは白い点のように見えるので、UFOではないかという意見もありヘリが偵察に来ているという情報も!

果たして真相は何なのかまだ解明されておりません。

スポンサーリンク

仙台上空白い未確認飛行物体にラジオゾンデ説も!

仙台市上空の白い物体にラジオゾンデ説もでています。

初めて聞く方も多いと思われる「ラジオゾンデ説」について掘り下げていきます。

ラジオゾンデって何?

仙台市上空の白い物体に関して、ラジオゾンデではないかという説が濃厚になっています。

ラジオゾンデとは、一体何なのでしょうか?

気象庁のHPによると、以下のような記述がありました。

ラジオゾンデは、上空の気温、湿度、風向、風速等の気象要素を観測する気象観測器です。 気象庁では、ラジオゾンデをゴム気球に吊るして飛揚し、地上から高度約30kmまでの大気の状態を観測しています。 ラジオゾンデによる高層気象観測は、世界各地で毎日決まった時刻(日本標準時09時・21時)に行われており、気象庁では、全国16か所の気象官署や昭和基地(南極)で実施しています。 この他、海洋気象観測船でもラジオゾンデによる高層気象観測を行っています。 ラジオゾンデによる高層気象観測で得られたデータは、天気予報の基礎である数値予報モデルや、気候変動・地球環境の監視、航空機の運航管理などに利用されています。

引用:国土交通省気象庁公式ホームページ

どうやらラジオゾンデは気圧や気温、湿度などを測定する機械で、測定した情報を地上に送信する機能を備えた気象観測器のようです。

観測を終えたラジオゾンデはGPS機能によって、パラシュートで降下するとのこと。

もしこの白い物体がラジオゾンデなら、観測が終わればパラシュートで地上に降りてくるはずです!

ラジオゾンデなのかみんなの声

仙台にほど近い、福島県相馬市でも目撃情報があり、相馬市観光協会は先程ご紹介した気象庁のラジオゾンデではないかと投稿しています。

一方、Twitterでは「気象庁からの公式情報はない」として、気象庁が上げたものではないと言う意見も。

仙台の気象庁が飛ばしていないとなれば、どこが飛ばしているのかが気になります…。

仙台市天文台では、インスタグラムにこのような公式見解が寄せられています。

どうやら仙台市天文台も、この白い物体が何なのかわからない様子。

ますます謎が深まりましたが、ラジオゾンデ説も捨て切れませんね。

スポンサーリンク

仙台市の白い未確認飛行物体に気象台の見解は?

仙台上空の白い未確認飛行物体に対し気象台が見解を示しました。

仙台市南西部の上空で17日朝、風船のような丸い物が浮かんでいるとの目撃例が、相次いで河北新報社に寄せられた。仙台管区気象台は「全くもって不明。宮城県、仙台市、自衛隊に聞いても分からない」と困惑した様子で話す。

引用:Yahoo!ニュース公式サイト

気象台も不明という見解がでました。

ますます謎が深まるばかりですね。

スポンサーリンク

仙台市の白い未確認飛行物体正体は何なのかみんなの予想は?

飛行船、気球、UFO、第十二使徒レリエルや批判ビラ風船など(笑)

仙台市の白い物体を実際に肉眼で確認出来た人は、色々なものが頭に浮かんだようですね!

確かに、写真を見る限りでは風船や飛行船などのように見えますね。

白い物体の下には、十字の機械が見えるとして、現在ではラジオゾンデ説が濃厚そうです。

スポンサーリンク

仙台市上空の白い未確認飛行物体正体は何?まとめ

仙台市の白い物体の正体は、ラジオゾンデ説が濃厚の様子。

現在では、少しづつ移動をし始めていて、仙台市のみならず他の市でも見られるようです。

気象庁や民間の天気予報業者がラジオゾンデを飛ばしていないと言っているのであれば、誰が何の目的で飛ばしているのかが気になるところ。

引き続き検証を進め、わかり次第また情報を更新していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA