千と千尋の神隠しはつまらないor泣ける?人気な理由や評価まとめ

千と千尋の神隠 評価つまらない

千と千尋の神隠しの評価はつまらないのか、それとも泣けるのかみんなの声をまとめてみたいと思います。

よくわからないなんて声もあるようですが、それでも人気な理由について調査していきます。

千と千尋の神隠しといえば日本の歴代映画興行収入第1位の作品。

テレビで放送すれば毎回高視聴率を取っています。

どうしてこんなに人気があるのか、人気な理由を大調査!

千と千尋の神隠しはつまらない、わからないのかそれとも泣けるのかみんなの評価をご紹介します。

「千と千尋の神隠し」評価・感想はつまらないし面白くない?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#千と千尋の神隠し

ナウシカ(@maji.ghibli)がシェアした投稿 –

千と千尋の神隠しにつまらない、面白くないという評価はあるんでしょうか。

「千と千尋の神隠し」がつまらない派の感想評価・口コミ

ストーリーと声優がイマイチ

テーマというかエピソードが多すぎて中途半端。何が言いたいのかわからない

斬新な展開がなくドキドキしなかった

ストーリーやキャラクターがどういう意味なのか理解できない

見たことのあるようなストーリーで面白くなかった

ストーリーがイマイチだったという声が多いようですね。

千と千尋の神隠しは、両親と元の世界に帰るという目的はあるものの、そこに向かってエピソードが積まれているわけではないんじゃないかなと思います。

宮崎駿さんが以前のインタビューで「もし苦しい世界に放り込まれても、君は大丈夫。やっていける」というメッセージを今の子供たちに伝えたかったと話しています。

なので、作中で起こる出来事はすべて、千尋が自分で考えて動くようになるためのものではないかと思います。

そのためエピソード同士には特につながりがなく、全体的な流れとしてはぶつ切りのように感じてしまうのかなと思います。

つまらないのはよくわからないから?

よくわからなくてつまらないという意見もありますね。

確かに千と千尋の神隠しはほとんど説明がないというか、見てる人のご想像にお任せしますというタイプの映画だと思います。

今のはどういう意味だったの?なんて考えだすとキリがありません。

逆にそこが考察の余地があって、何度見ても気づくことがあるとも言われるんですが、ハッキリしないのが気になる人はつまらないって思ってしまいそうですね。

「千と千尋の神隠し」評価・感想が面白いの声はある?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#千と千尋の神隠し

ナウシカ(@maji.ghibli)がシェアした投稿 –

では千と千尋の神隠しが面白いという声はあるんでしょうか?

「千と千尋の神隠し」が面白い派の感想評価・口コミ

宮崎駿監督の独特な世界観が素晴らしい

不気味な世界観と千尋の純粋さの対比がとても効いている

ハクがカッコいい

千尋の行動が見ていて気持ちがよく、とてもよくまとまったストーリーだと思う

何度見ても新鮮な気持ちで見れる

山のようにある絶賛の声のほんの一部ですが、圧倒的に多いのが「何度見ても面白い」。

テレビでよく放送されるので目にする機会も多いのですが、そのたびに新しいことに気づける奥の深い作品ですよね。

「千と千尋の神隠し」感想は泣ける?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ー 花子くん「ミサキ階段」 は千と千尋みたいで♡( ✧✧) . #ジブリ #千と千尋の神隠し #spiritedaway

スタジオジブリ ファンページ(@ghibli.collection)がシェアした投稿 –

千と千尋の神隠しには泣けるという声も多いです。

「千と千尋の神隠し」で泣いた人の感想口コミ・評価

こちらはラストの千尋とハクが別れるシーンですね。

左のパッと離して行ってしまうのが千尋で、右の名残惜しそうにしているのがハクの手です。

一説には千尋はまた会えると思っているから、ハクはもう会えないのがわかっているからだそうです。

そう考えると切ないですよね。

千尋がおにぎり食べてるシーンで泣ける

主題歌の「いつも何度でも」を聞くと涙が出てくる

子供のころと泣くシーンが変わってきた

ハクが迎えにくるところがいい

ストーリー全部覚えてるのに泣ける

見た年齢やその時の状況によって泣けるシーンが変わってくるのも、この映画の魅力ですよね。

主題歌が泣けるという声も多いですね。

主題歌は木村弓さんの「いつも何度でも」。

優しく包み込んでくれるような歌声で、映画の場面がよみがえりますね。

「千と千尋の神隠し」が人気な理由を調査!

千と千尋の神隠しが人気な理由をまとめてみました。

「千と千尋の神隠し」人気な理由①壮大で緻密な世界観

日本中の神様が癒されに来る極彩色のお湯屋、四季とりどりの花が一斉に咲き誇る庭、雨が降ると海になったりと千と千尋の神隠しの世界観は、宮崎駿監督の頭の中に入り込んでしまったかのようです。

千と千尋の神隠しの世界は、不思議だけど美しくて魅力的で何度見ても飽きません。

いつ見ても面白いと言われる理由の一つはこの世界観でしょう。

どこか懐かしいような雰囲気もありながら、でも見たことのない違和感が少し挟まれていてクセになっちゃいます。

「千と千尋の神隠し」人気な理由②キャラクター

ボイラー室でススワタリとお風呂を沸かし続ける釜爺、千を姉のように見守ってくれるリンを始め、強欲だけど坊には弱い湯婆婆などたくさんのキャラクターが生き生きしてるのも楽しいですよね。

メインのキャラクター以外にもお風呂に入りに来た神様たちも可愛くて印象的です。

個人的には銭婆が魔法をかけたランプが好きです。

千尋を駅まで迎えに来てくれるんですけど、顔はないのに可愛いというかぴょんぴょん飛んでて、ちょっと先に行っては千尋たちが追い付くのを待ってるのが好きなんですよね。

誰でも一つは感情移入できたり、好きになるキャラクターがいると思います。

「千と千尋の神隠し」人気な理由③考察ポイントが多い

千と千尋の神隠しは細かいけど調べると面白い、考察ポイントがたくさんあります。

カオナシのことや油屋という場所のこと、油屋に来る神様たちのことなど、背景やモデルとなったこと、場所について調べだすとどんどん出てきて深いです。

なんとなくで見てももちろん面白いですが、調べてから見るとまた違った見方ができて楽しいですね。

私は何度も観てますけど、トンネルの違いのこと全然気づきませんでした。

異世界とのリンクがつながっているか、切れているかの違いでしょうか。

細かく見ていけばもっと色々あるんでしょうね。

カオナシのことなどは答えがないので見る人それぞれの解釈ができる、それも何度も観たくなる理由だと思います。

千と千尋の神隠しはつまらないor泣ける?人気な理由や評価まとめ

千と千尋の神隠しにはつまらない・わからない・泣けるなど色んな評価がありました。

長い間ずっと人気な理由も、何度見ても新しい発見がある細かく作られた世界やキャラクターの魅力が大きいのでしょう。

今度見るときはもっと細かいところも見ていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です