殺人の追憶の犯人ネタバレ!結末ラストシーンと鑑定結果を考察!

『殺人の追憶』は2003年に公開されたポン・ジュノ監督の出世作ですが、実は韓国三大未解決事件の一つ「華城連続殺人」をモデルとした作品です。

 

有名な未解決事件ということで、映画公開時には真犯人は闇の中、『殺人の追憶』中で刑事たちが犯人を追っていきますが、観客たちも結末をラストシーンまでハラハラドキドキして見守る事になります。

 

ここから結末までの内容をネタバレありで見ていき、あわせて犯人の考察、印象に残るラストシーンの意味合いなどもご紹介します。

配信などで見やすい作品でもありますので、ネタバレしたくない!自分の目で見たい!という方はご注意ください!

映画「殺人の追憶」の内容をネタバレ

それではここから『殺人の追憶』の内容を、結末直前までご紹介します!

田舎町で起こった暴行殺人

軍事政権下の1986年、韓国の農村地帯の用水路で女性が束縛された状態で絞殺、遺棄されていた。

現場の状況から地元のパク刑事、チョ刑事、ク刑事課長が犯人捜査を行うが、決定的な証拠に欠けるため捜査は難航し、2ヶ月後にも同様の手口で殺された女性が発見される。

地元の噂話から、2人目に殺された女性に執心していた軽い知的障害のある青年グァンホに狙いを定め、証拠を捏造した上で暴力的な取り調べで自供を強要、グァンホが殺害方法を語り出し、事件は解決に向かっているかに見えた

 

都会ソウルから敏腕刑事が登場

取り調べが難航する中、「書類はウソをつかない」が口癖のソ・テユン刑事がソウルから派遣される。

着任早々、グァンホの手に麻痺がありほぼ動かないことから、死因である絞殺を実行することは不可能と断定。

その頃、刑事による拷問による取り調べが社会問題となっていたこともあり、ク刑事課長が解任後、新たに着任したシン課長はソ刑事による科学的な捜査方法を支持し、グァンホを釈放した。

 

事件の共通点が明らかに

ソ刑事は事件は両方とも雨の日に起こっていることを指摘し、今明らかになっている2件だけでなく、過去の雨の日に行方不明になっている地元女性のヒョンスンも殺害された可能性があることを示唆。

大掛かりな捜査の結果、ヒョンスンの腐乱死体が発見され、さらに雨の日にセメント工場近くで同様の女性の死体が発見される。

詳細がわからないまま連続殺人事件の件数が増えていく事態に焦りを隠せない。

そんな中、女性警官ギオクがあるラジオ局に、事件がある雨の日には必ず「憂鬱な手紙」という歌がリクエストされているという情報を入手。

リクエストハガキから犯人の手がかりを得ようとするが、すでに処分された後であった。

 

見えてくる犯人像

犯人は現場に戻ってくると踏んだ刑事たちはセメント工場に潜み、怪しい男を発見するが、彼も無関係であり、捜査は暗礁に乗り上げる。

 

捜査の中で出会った女子中学生からの情報で捜査を続ける中で、殺されはしなかったが被害にあった女性を発見。

彼女いわく顔を見たら殺されると思ったが、女性のように柔らかな手であったことだけは印象に残っているとの証言を得られた。

その日の夜も雨であり、またラジオで「憂鬱な手紙」が流れ第5の事件が起きてしまうが、今度は誰からのリクエストなのかが判明した。

 

目撃者の死と科学捜査への望み

リクエストを出したのはテリョン村の青年パク・ヒョンギュであり、被害女性の証言と合致し柔らかい手をしていたため、署へと連行し取り調べを行うが、物証もなくのらりくらりと対応し自供を得られない。

そんな中、パク刑事とソ刑事は、最初に自白を強要したグァンホの供述を思い出し、もしやグァンホは殺害はしていないが現場を目撃したのではないかとにらんで彼の元へ向かう。

パク刑事がグァンホに容疑者の写真を見せたところ、グァンホは動揺し線路に飛び出しやってきた汽車にひかれて即死したため、目撃証言も得られなくなってしまった。

しかしながら、最後に発見された死体から精液が発見され、DNA鑑定ができるアメリカに送る。

付着した精液とヒョンギュのDNAと一致すれば、確実な物証となり逮捕できる望みが出てきたのであった。

 

映画「殺人の追憶」の結末ラストシーンはどうなる?

結末ラストシーンをネタバレ!犯人は誰なのでしょうか。

「殺人の追憶」の結末

アメリカからのDNA鑑定の結果を待ちわびる中、ソ刑事はヒョンギュを見張るが、少しの時間寝落ちしている間に見失い、またしても事件が起きてしまった。

今度の被害者が捜査の中で会話した女子中学生だったことで、ソ刑事は激昂、ヒョンギュを鉄道トンネルの前に連れ出し暴行を加えた上で、拳銃を突きつけ自供を迫る。

その時、アメリカから届いたDNA鑑定書を持ったパク刑事が駆けつけ、ソ刑事が内容をその場で確認すると「DNA型が一致しないため、犯人と断定できない」との文言が。

その隙にトンネル内部へと逃げ出したヒョンギュに対して発砲するソ刑事を必死で止めるパク刑事、ヒョンギュはそのまま逃げたのであった。

 

時は過ぎて2003年、すでに警察を退職しセースルマンとなったパク刑事は、仕事で最初の事件現場付近まで来たため、あの時と同じように事件現場の用水路を覗いてみた。

そこへ地元の女の子が通りがかり、以前にも同様に覗き込んでいた男がおり「昔、自分がここでしたことを思い出して久しぶりに来てみた」と言っていたとのこと。

どんな顔をしていたかと問うパク刑事に対し、「普通の顔をしていた」と少女は答えたのであった。

 

真犯人は逃げおおせていた!ということが明らかになり、映画は終わります。

映画の途中も面白いのですが、何と言ってもラストのやりとりでゾワーっとする恐怖を感じる、幕切れの鮮やかさが『殺人の追憶』の大きな魅力といっても過言ではないでしょう。

 

映画「殺人の追憶」犯人は誰かネタバレ・考察

未解決事件をモデルとした映画『殺人の追憶』ですが、犯人について考察していきましょう。

犯人はヒョンギュ

映画の中ではDNA鑑定の不一致により証拠不十分で逮捕されなかったヒョンギュ。

しかしながら、1980年代はDNA鑑定の技術が今と比べると精度が落ちるため、一致しなかった可能性もあると言えましょう。

映画の中でも、ヒョンギュが村にきた後から連続殺人事件が起こっていること、「憂鬱な手紙」をリクエストしていること、手も柔らかく証言と一致していること、またソ刑事が見失った夜に事件が起きていることなどから決してヒョンギュを犯人じゃないとは言い切れない作りとなっています。

「書類はウソをつかない」というソ刑事が、絶対に犯人だと思っていた容疑者を、まさに書類で否定されるという、皮肉な展開がなんともいえません。

犯人は「ふつうの、よくある顔」の違う男

映画の最後はパク刑事役のソン・ガンホが正面にこちらを見つめるアップで終わるのですが、実はモデルとなった「華城連続殺人事件」は公開当時は未解決事件でした。

なんと、ポン・ジュノ監督は、実際の事件の真犯人が映画が公開されれば、必ず映画館に『殺人の追憶』を見に来ると考え、パク刑事と真犯人と目が合うように作ったとインタビューで答えています。

そして、2019年に33年ぶりに、すでに無期懲役の罪に問われ服役中だった50代の男性イ・チュンジェが自白して真犯人が明らかになったとのこと。

韓国ではこの事件はすでに時効を迎えていましたが、犯人が見つかったことで本当の意味で作品が完成したと言えるかもしれませんね。

殺人の追憶は現在U-NEXTの無料トライアル利用でタダで視聴可能です。

衝撃の結末をぜひあなたの目で目撃してくださいね…

\「殺人の追憶」を無料視聴
今すぐ無料トライアル
無料視聴情報をもっと知る>
/ポン・ジュノ監督作品を無料視聴

殺人の追憶の犯人ネタバレ!結末ラストシーンと鑑定結果を考察!まとめ

『殺人の追憶』の結末ラストシーンまでの内容と、犯人についてネタバレありでご紹介してきました。

ストーリーも面白さもさることながら、舞台となった1986年の韓国の社会状況が伏線として散りばめられていたり、結末部分の2003年との豊かさの違いなどもとても印象に残ります。

 

『パラサイト』で世界中を席巻しているポン・ジュノ監督の最高傑作とする人も多い『殺人の追憶』。

ラストシーンに込められた意味や、モデルとなった事件での犯人が見つかるなど、現実が伏線回収をしているかのような作品、ネタバレしても面白い作品ですので、機会があればぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です