同期のサクラ方言は新潟弁?訛りに違和感と可愛いみんなの反応は?

高畑充希さん演じるサクラの、方言が可愛いと評判の「同期のサクラ」。

サクラが使う方言は故郷の新潟弁のようですが、訛りが可愛いという声や、違和感があるという反応もあるのでしょうか?

「同期のサクラ」の方言、新潟弁についてお伝えしたいと思います。

同期のサクラ方言は新潟弁?


「同期のサクラ」のサクラが使う方言は、新潟弁なのでしょうか?

「同期のサクラ」の1話で、サクラが同期たちとの親睦会の席で、新潟県の美咲島が故郷であることを明かしています。

故郷と本土を結ぶ橋を架けるのがサクラの夢であり、そのために花村建設に入社したのだと話していました。

実際には美咲島という島は存在しませんが、新潟県出身であることは間違いないので、サクラが話す方言は新潟弁ですね。

 

故郷のじいちゃんとに話しかけるシーンや、百合とケンカした際に出る訛りがかなり印象的です。

サクラを演じている高畑充希さんの出身地は大阪なので、役のために新潟弁を勉強したのではないかと思います。

スポンサーリンク

同期のサクラ新潟弁の方言に違和感の声?

「同期のサクラ」の新潟弁の方言に、違和感の声があるのでしょうか?

サクラの新潟弁喋ってる人ほとんど居ないと思う

新潟弁だけど、なんか違うんだよね

高畑充希の新潟弁、違和感ありすぎる。イントネーションがなんか違う

かなり厳しい意見もありますが、完全に再現するのは難しいですよね。

しかも早口でまくし立てるシーンでの訛りも多く、標準語でも間違えそうなのに、頑張って演じているのだと思います。

あまり完璧な新潟弁を話されても、新潟弁を知らない人が理解できなくなってしまう恐れもあります。

なるべく意味が通じるような表現をチョイスしているかもしれませんね。

スポンサーリンク

同期のサクラ新潟弁の方言が可愛いの声はある?

「同期のサクラ」の新潟弁の方言が可愛いという声はあるのでしょうか?

高畑充希の新潟弁、頑張ってると思う

もう少し抑揚が欲しいけど、可愛いからいい♪

新潟弁を喋る高畑充希ちゃんが可愛いです

高畑充希が新潟弁喋ってるの聞くと、なんか嬉しくなります

訛りが可愛いという声や、新潟弁の高畑充希さんが新鮮だという意見もありました。

新潟弁自体が難しいのに、頑張って喋っていると言うエールを送る声も聞かれましたよ。

厳密には違っていて違和感はあるけど、近づけようと頑張っている姿に好意的な意見も多いようです。

新潟出身の人にとっては、親近感がわくという人もいるのでしょうね。

スポンサーリンク

同期のサクラ新潟弁の方言でケンカのシーンが話題?

「同期のサクラ」の新潟弁の方言でのケンカシーンが、話題になっています。

「同期のサクラ」3話で、サクラと百合が大ゲンカします。

職場の環境に不満を持っている百合ですが、不平を言うだけで表ではいい顔をして上手く立ち回ります。

ですが、転職や寿退社でもした方がマシだとサクラに漏らし、実際に寿退社しようとする百合。

そんな百合を引き留めようとしたサクラに、再びキレた百合は、「あんたなんて仲間だと思っていない」と言い、サクラの働き方を否定しまくります。

それにキレたサクラは「ブス!ブスブスブス!」と叫び、仕事の愚痴ばかり言う百合に「あんたがその努力してないだけらっけ!」と言います。

新潟弁で思ったことを早口でまくし立て「無理して笑うのやめれ」とも言うサクラでした。

 

高畑充希さんと橋本愛さんの、迫力のあるケンカは見応えがあって反響も大きかったですよね。

おまけにサクラに言った言葉が胸に刺さって、泣ける!

本当に叱ってくれる友達、いいですよね。

スポンサーリンク

同期のサクラ新潟弁の方言でおじいちゃんとのやりとりにほっこり?

「同期のサクラ」での、サクラとおじいちゃんの新潟弁のFAXでのやり取りに、ほっこりしている人も多いのではないでしょうか?

毎晩じいちゃんとやり取りするFAX。

耳の遠いじいちゃんは、電話でのやり取りが難しいためFAXを使っているようです。

サクラが会社であったことや、同期とのやりとりを新潟弁で報告し、それに対して何枚も送られてくるじいちゃんの言葉。

達筆な文字で、短いけれど的を得ていて心に響く言葉なんです。

なんとも言えず暖かい気持ちになるのは、故郷の方言や訛りのスパイスもあるのでしょうね。

スポンサーリンク

同期のサクラ方言は新潟弁?訛りに違和感と可愛いみんなの反応は?まとめ

「同期のサクラ」の方言が新潟弁なのか、訛りに対しての反応などをご紹介しました。

いつまでも垢ぬけないサクラですが、それがまたサクラの魅力でもあります。

新潟弁を実際に使っている人には賛否両論ありそうですが、サクラのキャラクターには、程よい訛りが合っている気もします。

今後のじいちゃんとのやり取りも楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です