今夜ロマンス劇場でのラスト結末をネタバレ!最後のキスシーンに感動?

今夜ロマンス劇場 ラスト結末をネタバレ! 最後のキスシーンに感動?

「今夜ロマンス劇場で」のラスト・結末がどうなるのかネタバレをご紹介していきたいと思います。

最後のキスシーンも話題の本作。

映画からお姫様が飛び出てくるという不思議な設定なのに綾瀬はるかさんの可愛さで物語にどんどん引き込まれていきます。

一体どのような映画なのか?

早速「今夜ロマンス劇場で」の最後のキスシーンも含めて、ラスト・結末をネタバレありでお楽しみください!

スポンサーリンク

「今夜ロマンス劇場で」の結末までの内容をネタバレ!

早速「今夜ロマンス劇場で」の結末までの内容をネタバレしていきたいと思います。

本作品は、綾瀬はるかさんと坂口健太郎さんのW主演で、2018年2月10日に公開された映画です。

ラブストーリーですが、コメディの要素も沢山入ってます

監督は「翔んで埼玉」や「テルマエ・ロマエ」、「のだめカンタービレ」の武内英樹監督、脚本は「信長協奏曲」の宇山佳佑さんです。

お二人の過去作から、もうすでに面白い気配が漂ってきますね。

では、内容のご紹介に移っていきましょう。

憧れのお姫様と奇跡の出会い

現代、とある病院におじいさんが入院していました。

孫らしき女性がお見舞いに来ますが、いつもおじいさんには冷たい態度で、ベッドから起き上がる時も転んだ時も助けず、病院でも噂になっていました。

そんな中、ある看護師が「おじいさんが過去に映画の仕事に携わっていた」ことを知り、当時の様子を話してほしいとせがみます。

せがまれるままに話し出すおじいさん。

 

昭和35年(1960年)、映画監督を志す健司(坂口健太郎)は助監督として毎日忙しい日々を送っていました。

そんな彼の息抜きは、映画館「ロマンス劇場」でお気に入りの映画を観ること。

ある日、ロマンス劇場の映写室で、古いモノクロオペレッタ映画「お転婆姫と三獣士」を発見した健司は、映画のお姫様美雪(綾瀬はるか)に惚れこんでしまい、その作品ばかり観るようになりました。

ところが「お転婆姫と三獣士」は廃棄処分になる予定だった一本しかない貴重な映画で、蒐集家が高値で買い取ることになってしまいます。

健司が仕方なしに最後の上映を観ていると、突然嵐と落雷に襲われます。

劇場が停電になり再び電気が灯ると、 目の前には映画から抜け出してきたモノクロの美雪がいました

美雪を放っておくことができない健司は、驚きながらも仕方なく彼女を説得し、自分の家へ連れて帰ることにしました。

帰り道や家に着いてからも美雪は「無礼者!」とほうきで殴りつけてきたり「お前は今日から私の下僕だ!」と傍若無人にふるまいます。

美雪に振り回される健司

奔放な美雪を一人家に置いておく事も心配な健司は、美雪の白黒問題も解決するため、彼女を撮影現場に連れて行くことにします。

メイクと衣装で色が付き美しくなった美雪は、撮影現場でも好き勝手し始め、健司が周りから怒られてしまいます。

美雪は、健司にお守りのオカリナを落としたので探してほしいと頼みますが、他にも勝手ばかりして困らせる美雪に健司は怒りが爆発し「もう、うんざりだ」と美雪に告げてしまいました。

健司の言葉にショックを受けた美雪は雨の中アパートを飛び出し、後悔した健司は後を追いかけます。

美雪が探していたお守りのオカリナを探し出すと、二人の頭上には二本の虹が架かり、健司は美雪に「二本虹が架かると願い事が叶う」と教えます。

そして健司は、美雪の我がままに振り回されながらも、なんだかんだ楽しい共同生活を送るようになります。

美雪が隠していた秘密

ある日、映画会社の社長令嬢塔子(本田翼)の計らいで、若手助監督たちが書いた脚本の中から社長に作品が選ばれると監督デビューできるというチャンスが与えられます。

脚本を書くために美雪と健司は色々なところに行き、同じ体験をしていく中で二人はだんだんと惹かれあい始めていました。

美雪の事を書いた健司の脚本が選ばれ、喜んだ健司は美雪に蛍を見せてあげに河原へ誘います。

そこで健司は「ずっと僕の隣に居てくれますか?」 と美雪に問いかけると、美雪はずっと黙ってきた重大な秘密を打ち明けます

美雪は、こちらの世界に来られた代償として、こちらの人に触れると消えてしまうのです。

それでもこちらの世界に来た理由は、埋もれていた自分を見つけてくれた健司に会いたかったということでした。

そして、触れてしまうと消える自分がずっとそばにいることはできないと健司の申し出を断ります。

美雪に秘密を打ち明けられた健司はすごく落ち込みます。

ある日、美雪は撮影所でプロポーズを断わられた事や塔子に告白されたことを親友に相談している健司の会話を聞いてしまいます。

また、塔子の健司への気持ちを知った美雪は、健司の為とアパートを出ることを決意し、健司は引き留めようとしますが、触れると消えてしまうため止めることができませんでした。

二人の再会

行くあてのない美雪は、ロマンス劇場の支配人本多(柄本明)と出会い、ロマンス劇場に住まわせてもらえることになりました。

実は本多も以前に映画から出てきた女性と恋に落ちた経験があったのでした。

一方、健司は美雪を探しながら落ち込む日々を送っていました。

ロマンス劇場に探しに来た健司は、本多から「彼女はここに居るけど二度とお前には会わない」と言ってると聞かされ更に落ち込みます。

健司の抱く美雪への強い思いを感じた塔子は、 健司に会いに行くよう促し、健司はロマンス劇場へ駆け出します。

美雪は健司と会い、もう一度断りますが、健司の熱い想いを聞き一度だけ抱きしめてほしいと伝えました

健司の決断

現代、話を聞いていた看護師は、おじいさんに二人はどうなったのかと尋ねました。

おじいさんは「ここまでしか脚本は出来ておらず、映画化されなかった」と答えます。

そこに孫らしき女性が現れます。

それはなんと美雪でした。

あの日、健司は美雪を抱きしめず、二人はずっと一緒に生きてきたのです。

脚本の結末を書くという健司に、美雪は幸せな結末がいいと伝えます。

あくる日、美雪の元に健司が危篤との連絡が入ります。

急いで病院に駆けつけた美雪は健司に「お前に触れたい」と話します。

二人は抱き合い、初めてお互いの温もりを感じます

そして、そのまま健司は息を引き取り、美雪は消えていきました

翌朝、看護師が健司のテーブルに置かれた「今夜、ロマンス劇場で」と書かれた脚本をみつけます。

スポンサーリンク

「今夜ロマンス劇場で」のラストシーンはどうなる?


「今夜ロマンス劇場で」のラストシーンはどうなったのでしょうか?

ご紹介していきたいと思います。

 

健司はモノクロ映画の舞踏会シーンにいました。

人波をかき分けると美雪がおり、健司は美雪のもとに向かいます。

同じ会場には本多、塔子、俊藤など知ってる顔も並んでいました。

みんなが見守る中、健司は美雪に真っ赤なバラを差し出します。

美雪がそれを受け取ると、モノクロの世界に色が付き始め、カラフルな世界に変わっていきます。

色にあふれた映画の世界で健司と美雪がキスをし、みんなから祝福の拍手を受けるのでした

 

とても綺麗な色彩で描かれる二人の姿に感動しました!

とてもメルヘンでカワイイ演出でしたね。

スポンサーリンク

「今夜ロマンス劇場で」ラスト最後のキスシーンに感動?


「今夜ロマンス劇場で」のラスト最後のキスシーンには感動してしまいました

強く想い合いながらも生きている間はずっとプラトニックな関係を続け、触れ合って消えていく姿は、喜びもありましたが反面切なさも感じました。

しかし、ラスト最後にカラフルな世界で二人がキスをし、みんなから祝福されてる姿はまさにハッピーエンドでしたね。

やっとキスできたか~と感動もひとしおでした。

二人が生きている間にラブラブな生活を送れなかったので、純粋なハッピーエンドではないかもしれませんが、最後に幸せなシーンを綺麗な映像で観ることができて「制作陣の皆さん素敵なラストを有難う!」と伝えたいです。

キスシーンへのみんなの声

SNSやブログでは「ガラス越しのキスシーンが未遂に終わったから、最後にキスしてて涙が出た!」や「二人の幸せな姿が見れて嬉しい!憎い演出だ!!」など感動祝福の声に溢れていました

二人が生きている間の「触れたいけど、触れられない」といったもどかしさが、最後に解消され爆発した感じですね。

「生きてる間に幸せになって欲しかった。」というか感想もあり、すごく共感しますが、このラストを迎えることによって、二人が映画の世界でずっと幸せに生きていけるんだろうと思えたので、二人にとってはこのラストで良かったのかなと思いました。

スポンサーリンク

今夜ロマンス劇場でのラスト結末をネタバレ!最後のキスシーンに感動?まとめ


「今夜ロマンス劇場で」の最後のキスシーンも含めて、ラスト・結末を調査し、ネタバレをご紹介してきました。

 

本作の最後に二人は結ばれ、みんなから祝福を受けるというハッピーな結末を迎えますが、とても切ない映画でもありました。

触れ合うと消えてしまうという最大のタブーの中、健司が死ぬまで一緒に過ごし、死ぬ時に一緒に消えるといった姿は、究極の愛を見せられた感じがしましたね。

また、映画の登場人物が現実世界に現れるという非現実な設定を、衣装やセット、色合いなどをすごくレトロでメルヘンにすることで、違和感なく見ることができました。

綾瀬はるかさんと坂口健太郎さんの美男美女っぷりも違和感を薄れさせる一因かもしれませんね。笑

主人公たちの一途な愛とその他登場人物達の優しさに溢れていて、心が洗われる作品でした。

ハッピーな気持ちと感動を味わいたい方には、おススメの作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です