プラダを着た悪魔ネタバレとあらすじ!結末ラストの意味とは?

プラダを着た悪魔』のネタバレあらすじをラストの意味も含めて結末までご紹介します。

本作は2006年に公開されたファッション業界を舞台としたジャーナリスト志望の主人公の成長物語で、メリル・ストリープの鬼上司演技も話題となりました。

『プラダを着た悪魔』というタイトルらしく、文字通りプラダを始めとしたハイブランドの衣装も評判を呼びましたが、結末までのあらすじをネタバレ込みで追いかけると、決して上部だけの物語でなく仕事とは、成功することの代償、夢を叶えるとは、という深いテーマにも踏み込んだ作品です。

主人公が夢を叶えるために取った行動やまたラストの意味とは何なのかなど、早速見ていきましょう。

プラダを着た悪魔のあらすじ

まずは、映画『プラダを着た悪魔』の予告編と公式のあらすじをチェックしてみましょう!

大学を卒業し、ジャーナリストをめざしてNYにやってきたアンディ。オシャレに興味のない彼女が、世界中の女性たちが死ぬほど憧れる仕事を手にしてしまった! それは一流ファッション誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント。しかし、それは今まで何人もの犠牲者を出してきた恐怖のポストだった! ミランダの要求は、悪魔的にハイレベル。朝から晩まで鳴り続けるケイタイと横暴な命令の数々、その上「センス、ゼロ!!」と酷評され、アンディはこの業界が努力とやる気だけでは闘えないことを思い知らされる。キャリアのためとはいえ、私生活はめちゃめちゃ。カレの誕生日は祝えないし、友達にも愛想をつかされる。この会社で、このままでいいの? 私って、本当は何をしたいんだっけ?

引用:映画プラダを着た悪魔公式サイト

ちなみに上記の予告編は、主人公の上司となるカリスマ編集者ミランダが鬼上司っぷりを発揮する場面を集め、20世紀スタジオ公式が作成したものです。

とてつもないオシャレ番長ぶり、また容赦のない傍若無人ぶりが映像を見るだけで伝わってきますね!

それでは映像でもお分かりの通り、スタート時にはダサダサな主人公は無事にファッション業界でサバイブできるのか、主人公の夢はどうなるのか、見ていくことにしましょう!

 プラダを着た悪魔の内容をネタバレ

https://www.instagram.com/p/B__T2uynGj-/?utm_source=ig_web_copy_link

それではここから映画『プラダを着た悪魔』のあらすじを結末までネタバレ紹介していきます。

ジャーナリスト志望

主人公はアメリカの名門大学ノースウエスタン大学を卒業したジャーナリスト志望のアンディ。

彼氏のネイトと共に出版業界の盛んなニューヨークに移り、大手出版社に片っ端から履歴書を送るが連戦連敗。

そんな中、唯一面接まで進めたのが超一流ファッション誌の『ランウェイ』だが、勉強ばかりしてきてファッションに疎いアンディは面接を受けに来るまでランウェイがファッション誌であることも知らずという体たらく。

面接官を務めたエミリーにも、あまりのダサさにファッション業界に興味がないことを一目で見抜かれる始末だった。

鬼上司現る

エミリーはランウェイのカリスマ編集長ミランダの第2アシスタントだったのが、この度第1アシスタントに昇格するため、元の自分のポジションの欠員補充のためだった。

そんな面接の途中、ミランダが職場にやってくるための警報が鳴り響き職場が戦闘態勢へ。

何事かと目を白黒させるアンディだったが、ミランダが戻ってくるなり秒で仕事を片付けてける姿に圧倒される。

これまでエミリーが第2アシスタントとして採用した二人をあっという間にクビにしたミランダは、今回は自分が面接すると言い、アンディはろくに何もアピールできずランウェイを後にする。

しかしながら、これまでのアシスタント志望者と毛色は違うが、アンディの地頭の良さを見抜いたミランダはアンディの採用を決める

一念発起

出社初日、すでに出社前から数々の雑用が第1アシスタントのエミリーからアンディに申しつけられる。

エミリーにもミランダについてパリコレにいくという夢があり、アンディの失敗はエミリーの評価も下げてしまうため、分刻みで仕事をこなしながらアンディにも同様の姿勢を求める。

さらに、ミランダからは「アシスタント=エミリー」ということで、自分の名前は呼んでもらえず、出社前から出社後までミランダからの電話が鳴り続ける日々。

ある日打ち合わせで微妙な色の違いを議論しているミランダたちチームに対して、思わずどうでもいいのにと言わんばかりに鼻で笑ってしまったアンディ。

そこに自分の着ているセーターの色も正しく説明できない、過去のファッションの蓄積に敬意を払わない姿勢をミランダに問い詰められ、ぐうの音も出ないアンディ。

ミランダの右腕であるナイジェルに涙ながらに自分の努力を認められないことを愚痴るも、自分の甘えた姿勢を逆に指摘され反省するアンディ。

ナイジェルの手も借り、本人も努力をしてどんどん洗練されていき周りの見る目も変わっていくが、変わっていくアンディを彼氏のネイトは受け入れられずにいるのだった。

ミッション・インポッシブル

ある日ミランダに頼まれた資料を取りに行くと、自身が尊敬するライターのクリスチャンがおり、ライター志望だと伝えると連絡先を交換し、原稿も見てくれるという。

無邪気に喜ぶアンディだったが、ミランダの家にランウェイ次号の前刷りを届けに行った時にうっかりとミランダの夫婦喧嘩を目撃してしまい、逆鱗に触れることに。

なんとミランダから絶対に不可能と思われた「人気ステーキ店のテイクアウト」「未出版のハリーポッターの原稿入手」という2つを言いつけられてしまう。

ステーキ店は「あのミランダが要求してる」と無理を通し、ハリーポッターの方は駄目元でクリスチャンに電話すると、なんとクリスチャンの知り合いが原本を持っているということで奇跡的にコピーが入手できた。

不可能と思われたミッションをこなしたアンディをミランダは許し、そのままランウェイで働き続けられることになった。

彼氏との隙間風

不可能な任務を言いつけられた途中で、怒りのあまり「もう会社をやめる!」とネイトに電話したアンディだったが、無事に任務を片付けることができた。

しかしながら、アンディをどんどん変えていくランウェイでの仕事を快く思わないネイトはアンディが仕事を続けることに落胆し、二人の仲に隙間風が吹き始める。

そんなある日、ミランダのお付きでエミリーのみが出席するはずだったパーティーに、エミリーが本調子ではないということで急遽アンディも出ることに。

パーティーの時のアシスタントの大事な仕事に、出席者の顔と名前をミランダに囁くというものがあるが、アンディは完璧に覚えており、ミランダは大事な場面で顔を立てることができた。

ミランダの信頼を勝ち得たアンディだったが、パーティーの日は彼氏ネイトの誕生日で仲間内の誕生パーティーにも出席できず、二人の関係はますます冷えていく

アシスタント下克上

ミランダは第1アシスタントにアンディを昇格させ、パリコレにもアンディを同行することを告げる。

非情なことに、アンディの口からエミリーにパリコレにはアンディが行くこと、そして第1アシスタントにはアンディがなると伝えるようにミランダは命じるのであった。

アンディは電話でエミリーに伝えようとするが、電話中にエミリーが事故に遭ってしまう。

病院へ駆けつけたアンディはエミリーにパリコレには自分が行くことになり、あわせて第1アシスタントは自分となったことを告げる

また彼氏と共通の友人でもある親友にクリスチャンと親しげにしているところを見られたアンディは、親友から愛想をつかされた上に、ネイトからランウェイに入ってから変わってしまった、別れようと言われてしまう

浮気とクーデーター

ミランダとパリコレに行ったアンディは、華やかな世界に気持ちが浮き立ちつつもアシスタントとしての仕事を完璧にこなす。

また、自分を洗練させてくれたミランダの右腕ナイジェルが新しいブランド事業のパートナーに出世することも明らかになり、我が事のように喜ぶ。

ふとした合間にとても疲れた様子を見せたミランダ、前にアンディが夫婦喧嘩を目撃したミランダと夫の関係が悪化し、離婚は確実になったこと、自分は構わないがセレブリティである自分をマスコミが騒ぎ立てることで子供が傷つくのではと危惧していた。

鬼のようなミランダも、一皮むけば人間なのだとシンパシーを持つアンディ。

そんな中、自分が彼氏と破局したことを見抜いたクリスチャンから誘われ、関係を持ってしまう

浮気の翌朝、クリスチャンの荷物から知らないランウェイ誌が出てくることで驚くアンディだったが、実はフランス版ランウェイの編集長をニューヨークの本誌の編集長に引き抜く動きがあることを知らされる。

私生活全てを投げ打ってランウェイに捧げるミランダにこのことを告げなければ、使命感にかられるアンディだったがミランダと話せないままナイジェルが新パートナーとなるブランドのパーティーへ。

しかしながら、事前にクーデターの動きを察知していたミランダは、ナイジェルのポジションへフランス版ランウェイの編集長を推薦することで自分の地位を守り通したのであった。

鬼上司との別れと新たな門出

アンディは、ミランダに対してナイジェルに対しての仕打ちを非難するが、ミランダから「あなたもエミリーにやったじゃない」と自分たちは似た者同士であると言い放たれてしまう。

自分たちは同類なのか、と逡巡するアンディだったが、これ以上はついていけないと意を決してミランダの元を去る

ニューヨークへ帰ったアンディは、元彼のネイトにランウェイを辞めたことを告げ、自分のこれまでの行動を謝罪、ネイトもアンディの謝罪を受け入れた。

再びジャーナリスト志望として就職活動を再開したアンディは、ミラー誌の面接で「君を雇わないなんて馬鹿だと、あのミランダに言われた」と告げられ採用されることが決定した。

エミリーに電話で一連の出来事を告げたアンディの道路の向かい側に、車に乗り込むミランダの姿。

二人の目が合い、アンディは手をあげて合図をするが、ミランダはアンディを無視して車に乗り込む。

意気揚々と歩き出すアンディを見送ると、ミランダは車の中で微笑むのであった。

プラダを着た悪魔の結末ラストの意味を考察!アンディはなぜあの選択を?

https://www.instagram.com/p/B_vLXEVqoEe/?utm_source=ig_web_copy_link

『プラダを着た悪魔』の結末で、アンディはミランダに認められたにも関わらず離れてしまったのか、ラストの意味を考えてみましょう。

物語を通して、ラストの決断をする前にアンディが得ていたものは、

  • 憧れのファッション業界のカリスマ編集者ミランダの第1アシスタントのポジション
  • 自身が尊敬していたライター・クリスチャンとの親密な関係

それに対して犠牲としたものは、

  • 彼氏や親友との信頼に基づいた人間関係

その上で、他人を蹴落とすことが厳しい業界を生き抜くために必要でありミランダがそうやって生き抜いてきたように、今後アンディも修羅の道へ入っていくことを示唆されたのです。

しかしながら、アンディはもともとジャーナリスト志望であり、ファッション業界への執着がそこまでないにも関わらず、他人を蹴落としてまで自分がいたい世界なのかを自問自答した上で、離れる決断をしたのではないでしょうか。

また、憧れのクリスチャンとの関係も持ってしまえば呆気ないもの、自分にとって本当に必要な相手が誰かを考えたところ元彼のネイトだったという結論となったのだと思います。

しかしながら、結果的にアンディのジャーナリストの夢を結果的に後押ししてくれるのは業界で誰もが認めるカリスマ編集長のミランダの推薦の言葉。

二人は生きていく世界も違えば、フィロソフィも違いますが、お互いの実力を認めあう関係性へと最終的に昇華したと言えるでしょう。

プラダを着た悪魔ネタバレとあらすじ!結末ラストの意味とは?まとめ

映画『プラダを着た悪魔』の結末までのネタバレあらすじと、ラストの意味の考察をしてきました。

ファッション業界が舞台なだけあって、『プラダを着た悪魔』に登場するファッションはいつ見ても新鮮でインテリアや小道具のハイセンスさも決して色あせることはありません。

未見の方はぜひご覧いただき、また見たことがある方は結末までのネタバレあらすじで記憶を呼び覚まし、改めてラストの意味を考えたり、自分だったらこういう結末になるように行動するのに、と想像してみても楽しいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です