ペットセメタリ―は怖いしグロい?年齢制限はあるのか感想・口コミまとめ!

この記事は映画「ペットセメタリ―」が怖いのか、怖くないのか? グロいのか? 年齢制限や感想について紹介しています。

 

2020年1月17日(金)に公開する『ペットセメタリー』

あのスティーブン・キングの最新映画化作品ということで、気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのは「ペットセメタリーって怖いの?」という疑問ですよね。

なので今回は、ペットセメタリーについて怖い・グロいシーンはあるのか、年齢制限はあるのかなどを感想とともに紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ペットセメタリ―感想は怖い?怖い派の口コミ・評価

ではまず、「ペットセメタリー」が怖いという方の感想を見ていきましょう!

ペットセメタリ―怖い派の口コミ

ペットセメタリーの本を読みました。映画化ももうすぐということなのですが、やはり怖いです。人間が生き返るという設定も恐怖ですが、愛する家族を殺さなければならないという葛藤も恐ろしい。映画も観にいきたいと思います。

リメイク版のペットセメタリーを一足先に鑑賞しました。前作の1989年版より怖く感じました。音響や恐怖演出も今作の方が作り込んでいて、観ている間なんどもビクっとなります。交通事故の瞬間は迫力と恐怖で目をつぶってしまいました。

ペットセメタリーめっちゃ怖いです。キングが出版した当時、3年も出版見送りになったくらい怖いっていうのは知っていたのですが、やっぱり怖い。イットとかシャイニングとかとはまた違う怖さです。

というような感想が見られました。

小説も1989年版も怖いということで、今作もさらにパワーアップした恐怖が観られそうですね。

ペットセメタリ―怖さの理由は?

次に「ペットセメタリー」の怖さの理由を見ていきましょう。

①蘇りの地 先住民族の因縁

物語は、ルイスという医者が家族を連れて自然豊かなこの地に引っ越してくる場面で始まります。

ある日、飼い猫のチャーチが交通事故で亡くなりルイスは森に埋めに行きますが、翌日チャーチは凶暴な姿となって生き返っているのです。

ルイスたちが住んでいる地は、古くから先住民族たちが守ってきたペットセメタリーというお墓があり、そこに死んだ生き物を埋めると蘇るとされているのでした。

しかし、蘇った生き物は元の姿とは異なり凶暴な姿となって生き返ってくるのです。

 

キングお得意のその土地に代々伝わる恐怖というのが今作にも現れていますね。

『IT』のペニーワイズも何百年とあの田舎町に伝わる恐怖だったり、『キャリー』も住んでいる家にまつわる恐怖が物語全体を包んでいました。

『ペットセメタリー』でもルイス一家がこの土地に住み始めた瞬間にもう恐怖の歯車は回っているのです。

②ルイスの選択

今作は死と愛について考えさせられる作品になっています。

その大きなファクターとなるのが、ルイスの娘エリーの死です。

誕生日パーティーの最中、トラックの下敷きとなり死んでしまうエリーをルイスは受け入れられません。

そしてとても恐ろしいことを思いついてしまうのです。

「ペットセメタリーに埋めれば、エリーは生き返るのではないか?」

冷静さを失ったルイスは、周りの人の制止を振り切りエリーを埋め直してしまうのです。

しかし、生き返ってきたのはエリーではなく、エリーの形をした邪悪な何かだったのです。

目の前にいるエリーが、エリーではないことを知った父親の悲しみと、それに殺されるかもしれないという恐怖がこの映画の最大の見所です。

 

愛する人を失ったルイスの愚かな行動によって物語は破滅に向かっていきます。

しかし、そんなルイスを責めることはできないのです。

私もきっと愛する人を失ったらルイスと同じ選択をしてしまうかもしれないから。

それがこの映画の最大の恐怖なのではないでしょうか?

ルイスに共感できるからこそ、その恐怖は他人事ではなくなるのです。

スポンサーリンク

 ペットセメタリ―感想はグロい?グロシーンはある?

次に「ペットセメタリー」にグロいシーンはあるのか見ていきましょう!

ペットセメタリ―グロい派の口コミ

ジャンルとしてはグロ系ホラーの気がします。ちょっとスプラッター気味なシーンもありますが、とても過激という感じではありません。

前半は硬派なホラー映画という印象。後半にかけてスプラッターの要素があります。グロくて飛ばし飛ばしの部分もあったのでグロいのが苦手な方は要注意。

という感想が寄せられていました。

やはりグロいシーンもあるということで、ちょっと身構えてしまいますね。

私自身もあまりグロいのは得意ではなく、いつも目を隠してしまいます(笑)

『IT』の時も三時間ほとんど目をつぶっていたので、もはや観た意味がないですよね。

映画館で見るとグロさも怖さも倍増する気がします。

ペットセメタリ―グロいシーンはある?

ペットセメタリーのグロいシーンですが、まだ公開されていないため情報があまり多くありません。

しかし、感想を見る限り後半にかけてグロくなっていくということなので、エリーが凶暴化したあたりからそういったシーンが多くなるのではないかと思われます。

凶暴化したエリーが家族を次々と襲っていくため、そこは身構えて観た方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

ペットセメタリ―感想は切ない?怖くない派の評価

次に「ペットセメタリー」は怖くない、切ないという方の感想を見ていきましょう!

ペットセメタリ―怖くない派の口コミ

「ペットセメタリー」そこまで怖くはなかったです。恐怖描写もありましたが、どちらかというと精神的にくる感じの恐怖だったかなと思います。

オリジナル版の方が怖い印象を受けました。音響や恐怖演出もありますが、まあ普通のホラー映画という感じ。でも、物語展開はやっぱりすごい!キングらしいラストですし、精神的に怖いという印象があります。本当にラストは切ない。

ラストは怖いというより悲しい感じです。中盤は音響や映像も怖い部分はありましたが、ラストのシーンはまた違う感情を抱きました。

多少グロかったり、音響によりホラー感は増しますが、それほど怖くなかったという方もいました。

1989年版のペットセメタリーを見たことがある方にはちょっと物足りなかったみたいですね。

ペットセメタリ―は切ない映画?

ペットセメタリーは先述しましたが、家族の死と愛が最大のテーマになっています。

愛する娘が死んで家族が一旦バラバラになってしまい、父親はそのショックから選択してはいけない道を選択してしまうのです。

生き返った愛する娘が、もはや別の何かであると気づいた時にはもう時すでに遅し。

一つの幸せな家族が破滅していく過程に切なさを感じます。

特にラストシーンは、切ないです。(ネタバレになってしまうので詳しくは言えませんが…)

スポンサーリンク

映画「ペットセメタリ―」に年齢制限はある?

次にペットセメタリーには年齢制限があるのか見ていきましょう!

ペットセメタリ―の年齢制限

「ペットセメタリー」は映倫R15+になっています。

15歳以上の人が鑑賞できる区分ですね。

この間上映された『IT/それが見えたら終わり THE END』も同じR15+指定だったので、それくらい怖いと読み取ることもできます。

15歳以上でも、ちょっとホラー映画に自信がないなという方や、お子さんが見に行くのが心配な方はテレビ放送が決まるまで待ったり、DVDを借りて家で観ることをお勧めします。

先述した通り、映画館で観るのと家の小さいテレビで観るのとでは怖さのレベルが段違いです。

スポンサーリンク

ペットセメタリ―は怖いしグロい?年齢制限はあるのか感想・口コミまとめ!

ここまで映画「ペットセメタリー」の怖さ・グロさについて紹介してきました。

グロいシーンもあるにはあるようで、苦手な方はちょっと注意した方が良さそうです。

それよりも、キングらしい精神的な恐怖の方が描かれるらしいので、その物語性に注目ですね!

年齢も15歳以上の方しか見られないということになっています。

キングの最新映画化作品ですので、興味のある方はこの機会にぜひ鑑賞して見てください!

2020年1月17日公開です!

 

公式サイトのリンクはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA