パラサイト半地下の家族は怖いしホラー?面白いor面白くないの評価まとめ

『パラサイト半地下の家族』は英語以外の映画で初めてアカデミー賞のBest Movie(作品賞)を受賞し、世界的にとても高い評価を受けている作品です。

 

日本でも観客動員100万人を達成し勢いはあるものの、どんなに世間で面白いと高く評価されていても面白くない、つまらない、という感想は一定数あるのではないでしょうか。

また、ホラー映画で怖いのでは?と思って食わず嫌いをする方も中にはいらっしゃる模様。

 

そこで熱い支持を集めている『パラサイト』に対して、ホラーで怖いという声、また面白くない・つまらない・さらには嫌いという声、いやいや面白いんだという感想などをご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

「パラサイト半地下の家族」評価・感想は怖いしホラー?

View this post on Instagram

Academy Award Nominee: Best Motion Picture

A post shared by Parasite (@parasitemovie) on

まずは、ホラー映画疑惑&怖い派の感想をチェック!!

「パラサイト半地下の家族」怖いの評価・感想口コミ

パラサイトの怖さは、本質的には人間の怖さだと思う…

パラサイト誘われてるけど、怖くて断っちゃった。でも面白いって聞くしどうしよ

ホラーの要素もあるけど、ジャンルミックスでどれとは言いにくいな

韓国映画ってホラーとか暴力とかの描写が迫力あるよね!

怖がりだから、話題だけどパラサイト見られない

 

怖い派の意見を大きくまとめると、怖いと聞いてるから怖いのが苦手で見に行けない派が一番多いようです。

また、描写というよりは作品の内包する社会構造の残酷さに目を向けて、人間の本質が怖いという意見も。

もちろん映画そのものにホラー要素もありますが、そちらよりはブラックコメディ、サスペンス、社会問題を鋭く切り込む多層的な面に注目が集まり、怖さへの言及は控えめになるようですね!

 

「パラサイト半地下の家族」怖いシーンはある?

怖いシーンがあるかどうかは、ネタバレになりますので、未見で知りたくない方はご注意ください!

 結論から言うと、あります!

詳しくはこちらのネタバレ解説を参照していただければと思いますが、ストーリー上で必要な怖いシーンは存在します。

  1. 物語の流れが変わる、元家政婦のムングァンが訪ねてくるシーンで、ずぶ濡れの雨の中で執拗に家の中にいれるように迫るムングァンのただならぬ様相。
  2. 物語のクライマックス誕生日パーティーの日に、息子のギウと地下室にいた男の格闘でギウが重傷を負うところで結構な血が流れます。
  3. その後に、地下室の男が庭に出てケーキを運んでいた娘ギジョンを襲ってから、母チュンスクがバーベキューの串で反撃して、瀕死のギジョンを見捨て貧困層への嫌悪感をあらわにするパク・ドンイクにキム・ギテクが激昂して刺し殺す一連のシークエンスも合計3名が死ぬ大変なシーンです。

ただし、不必要に残酷なわけではなく、必要があって行われるシーンですので、物語に入り込むと怖さよりはこの先どうなるかが知りたいと言う興味が勝るのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

「パラサイト半地下の家族」評価・感想は面白くないしつまらない?

View this post on Instagram

“Really? You got a signal?”

A post shared by Parasite (@parasitemovie) on

それでは世界的に大絶賛されている「パラサイト」への面白くない、つまらない派の感想もご紹介。

「パラサイト半地下の家族」が面白くない派の評価・感想口コミ

なんかこういう映画最近多くない??

親が昔の韓国映画がつまらなかったから、きっとつまらないとか言ってて頭抱えてる

韓国の友達はあんまり面白くないって言ってたよ!

うーん。面白くないというか好きじゃないんだよなー

ポンジュノ作品と相性が悪くて見てるとイラついてしまう

 

面白くない派の意見としては、生理的に合う合わないなどの個人の感覚、また既視感があり新しいテーマでは無い点を指摘する声などもある模様です。

好き嫌いの感覚にはもちろん個人差がありますし、確かにここ数年、社会格差をテーマとした映画も多く作られています。

『パラサイト』の前年2018年にカンヌ国際映画祭でパルムドールをとった是枝監督の『万引き家族』、同じく2016年にパルムドールのイギリスのケン・ローチ監督の『わたしはダニエル・ブレイク』なども貧困をテーマとして扱っていますので、その点で評価できないという意見となるのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

「パラサイト半地下の家族」評価・感想が面白いの声は多い?

View this post on Instagram

“Son. I’m proud of you.”

A post shared by Parasite (@parasitemovie) on

続いてパラサイト面白い!派の声をご紹介します。

パラサイト半地下の家族が面白い派の評価・感想口コミ

 

パラサイト、色々あるけど北朝鮮のアナウンサーモノマネが絶品すぎ!

みんな観に行って!絶対に面白いから!!

予想していたことと全然違う映画になったよ、すごいの一言

パラサイト、怖くて面白くて悲しくて、でもやっぱり面白い映画だった

パラサイトは誰が見ても面白い最高のエンタメ映画だよ

 

数としては圧倒的に多いのが、パラサイト面白い派の声です。

日本を代表する映画監督の是枝裕和氏のオススメの声や、市井の映画好き、各界の著名人などから熱い支持の声が集まりました。

登場人物全員が善人とも悪人とも言えないリアルな存在感で、社会格差のテーマはあれど、途中からお話が予想外な方向に転がり、すごいところに辿り着く圧倒的なストーリーテリングの力で、アカデミー賞で脚本賞も受賞したのも納得ですね。

 

スポンサーリンク

パラサイト半地下の家族は怖いしホラー?面白いor面白くないの評価まとめ

『パラサイト半地下の家族』は怖いホラー映画なのでは?という声、映画の評価について、面白い派、つまらない面白くない派の両方の感想をご紹介して参りました。

映画史的にもカンヌ国際映画賞のグランプリであるパルムドールとアカデミー賞の作品賞の両方をとる映画は1955年の『マーティ』以来『パラサイト半地下の家族』で2作目ということで、面白い派は世界の高い評価も納得ではないでしょうか。

 

映画を見ての感想や好き嫌いは個々人でありますので、面白くない、つまらない、嫌い、という感想が出てくることもあるでしょうが、気になる方は怖いホラー映画という要素だけではないですので、ぜひご鑑賞あれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA