あゝ荒野の感想は面白いorつまらない・意味不明の評価の理由は?

映画「あゝ荒野」は何を伝えたいのかわからないとの感想が多いようです。

「あゝ荒野」は2017年に前編と後編が時間差で公開された菅田将暉さん主演の大ヒット映画です。

 

「あゝ荒野」の感想は伝えたいことは意味不明なのか、評価は面白いのかつまらないのか、みなさん気になりますよね。

この記事では、「あゝ荒野」の感想は意味不明なのか、評価はどうなのかをキャストや泣けるシーンはあるのかも併せてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「あゝ荒野」感想はつまらないし面白くない?


ここでは「あゝ荒野」の感想はつまらなく面白くないのか、みんなの感想や評価などを書いていきたいと思います。

「あゝ荒野」がつまらない派の感想評価・口コミ


長すぎて途中で飽きる

何が言いたいのかわからなくてつまらない

前編は面白く見入ってしまったが後編は面白くなかったという意見は多かったですが、後編は終わりにかけて夢中になり最後は感動したとの意見もありました。

前後編併せて5時間の長編作品のため、どうしても途中で飽きてしまうなどの意見は出てきてしまうと思います。

しかし全体的につまらない・面白くないという感想は少なく感じました。

スポンサーリンク

「あゝ荒野」感想は伝えたいことが意味不明?


「あゝ荒野」の感想は伝えたいことが意味不明なのかどうか、気になりますよね。

ここでは感想や評価とともに、伝えたいことは何だったのかご紹介していきます。

「あゝ荒野」が意味不明の感想評価・口コミ

前後編で長すぎて伝えたいことがわからない

自殺抑止研究会の話がよくわからない

色々詰め込みすぎの映画でよくわからなかった

どうしても長編映画ということで色々な内容が詰め込まれていて、結局何を伝えたいのかわからないとの意見が多かったです。

純粋にボクシング映画だと思っていると自殺抑止研究会の話が出てきたりなど、どこの部分を一番に伝えたいのかわからない様子でした。

「あゝ荒野」が伝えたいことは何だった?

「あゝ荒野」が意味不明の感想評価を書いていきましたが、いったい伝えたいことは何だったのか、ご紹介していきます。

「あゝ荒野」はボクシングで友情のことを伝えたいと思っているのかと思うと、自殺抑止研究会というものが出てきて、自殺者をだしてしまうなど本当に何を伝えたいのかわからない映画だと思います。

 

しかし、主人公の新次はボクシングを通じて生きることを知り、生きる気力をなくし、再び生きる力を取り戻しました。

この映画では生きるということを伝えたかったのかなと思います。

映画途中に出てくる自殺抑止研究会の登場は生きるということをもっと濃く伝えられたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「あゝ荒野」が感想が面白いの評価はある?


ここまで「あゝ荒野」の感想は面白くないの評価などを書いてきましたが、逆の面白い派の意見も気になりますよね。

ここでは面白いの評価などをご紹介していきたいと思います。

「あゝ荒野」が面白い派の感想評価・口コミ


普通に面白かった

長かったけど、面白くて夢中で見てしまった

菅田将暉の演技がすごくて見入ってしまった
面白いという感想は多かったです。

内容は盛りだくさんでしたが、見入ってしまいあっという間だったようです。

また、主役を演じた菅田将暉さんの演技が素晴らしく、目が離せない映画でした。

スポンサーリンク

「あゝ荒野」が感想が泣けるの声?

「あゝ荒野」は泣けるとの感想もあるのでしょうか。

泣けるという声や、泣けるシーンなどをご紹介していきます。

「あゝ荒野」が感想が泣けるの声はある?


最後がほんと泣ける

衝撃過ぎて泣ける

最後のシーンが泣けるとの声が多かったです。

最後で共に学んだライバルと戦い、戦い抜いた結果には衝撃を受け、涙を流した方が多かったようです。

「あゝ荒野」が泣けるシーンはどこ?

「あゝ荒野」の泣けるシーンとしては、後編の最後あたりなのではないでしょうか。

前編では主人公の新次と建二がボクシングに熱中していく話が主に描かれており、人が亡くなるシーンでは主人公たちとあまり関わりのない人が亡くなるので、感情移入ができず泣けるシーンではなかったのかなと思いました。

 

後編の最後あたりで主人公新次と建二は戦うことになります。

激しい勝負の結果、建二は亡くなってしまいます

このシーンがこの映画で一番の泣けるシーンなのではないでしょうか。

新次とともにずっと生活し、共にボクシングを学んだ友人の死ということで泣けるシーンとなったのだと思いました。

スポンサーリンク

「あゝ荒野」出演キャストへの感想は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#あゝ荒野 映画⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

@ yoshiharusoneがシェアした投稿 –


「あゝ荒野」出演キャストへの感想はどうなのでしょうか。

ここでは「あゝ荒野」に出演しているキャストへの感想を書いていきたいと思います。

 

キャストへの評価は全体的に高かったです。

特に主人公の新次役を演じた菅田将暉さんの演技はたくさんの人から高評価を得ていました。

菅田将暉さんの涙するシーンでは心打たれた方もいらっしゃったようです。

菅田将暉さんはこの作品で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞されました。

 

建二役を演じたヤン・イクチュンさんの演技も素晴らしかったという声が多かったです。

今までの演技とは違う役柄でしたが、目が離せないような演技で素晴らしかったとの声があり、ヤン・イクチュンをもっと好きになる映画だったようです。

スポンサーリンク

あゝ荒野の感想は面白いorつまらない?意味不明の評価の理由は?まとめ


ここまで「あゝ荒野」の感想は面白いのかつまらないのかの評価や、キャストへの感想、泣けるシーンなどをご紹介していきました。

伝えたいことが意味不明ということで、何を伝えたかったのかを書いていきましたが、この映画は実際何を伝えたかったのか観た人自身で考えてみる映画なのかもしれませんね。

 

前編後編と5時間に渡る長編映画ですが、主演2人の演技は輝いています。

まだ観ていない方は何を伝えたかったのかを考察しながら観て楽しむのも良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA