コクリコ坂から結末ラストをネタバレ!メルと俊はくっつくの?

コクリコ坂から,ネタバレ,結末

4映画「コクリコ坂から」のネタバレが気になっている人は多いのではないでしょうか?

結末がどうなるのか、非常に気になりますよね。

人間関係やあらすじが少し複雑なので、ラストがわかりにくいという方も多いかもしれません。

そこで、「コクリコ坂から」のネタバレやラストについて詳しく調べてみました!

あらすじも載せていますので、興味のある方はぜひご覧ください!

\ハウルも耳すまも無料でみれる/
解約違約金も無料
コクリコ坂からネタバレ

コクリコ坂からを無料視聴する>>
ジブリが無料はTSUTAYAディスカスだけ

映画「コクリコ坂から」のあらすじ

映画「コクリコ坂から」のあらすじを見ていきましょう。

1963年、横浜。

港の見える丘にあるコクリコ荘。その下宿屋を切り盛りする16歳の少女・海。彼女は、毎朝、海に向かって、信号機を上げる。旗の意味は「安全な航海を祈る」。タグボートで通学していた17歳の少年・俊は、海の上からいつもその旗を見ていた。

翌年に東京オリンピックを控え、人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。そんな時代に、横浜のとある学校で、小さな紛争が起きていた。古いけれど、歴史と思い出のつまった文化部部室の建物、通称カルチェラタン。それを取り壊すべきか、保存すべきか。そんな時代の中で、海と俊は出会う。俊はその建物を守ろうと学生たちに訴える。海はその建物の良さを知ってもらおうと大掃除を提案する。

徐々に惹かれあうふたりに、ある試練が襲いかかる。「嫌いになったのなら、はっきりそう言って」「俺たちは兄妹ってことだ」「どうすればいいの?」自分たちは兄妹かもしれない。それでも、ふたりは現実から逃げずにまっすぐ進む。そして、戦争と戦後の混乱期の中で、親たちがどう出会い、愛し、生きたかを知っていく。そんな中で、ふたりが見出した未来とは—。

引用:映画『コクリコ坂から』公式サイト

舞台は、東京オリンピック直前の横浜のようです。

「新しいもののみが素晴らしい」という風潮の中で、古き良き建物を守ろうとする俊と海の物語ですね。

この映画の見どころは、この時代ならではの複雑な環境の中における、2人の関係性の変化でしょう。

古きカルチェラタンの存続をめぐる紛争や、親の秘密など、現代ではあまりなじみのない出来事の中で成長していく2人が、時代設定をもとに非常にうまく描かれています。

そのような複雑な時代を生きるなかで、互いに惹かれていく俊と海ですが、2人の出生には何か関係性があるよう。

その関係性を知ってしまった2人が、互いの親について知っていく中で未来を見つけていきます。

さすがジブリの作品なだけあって、絵もストーリーも非常に素晴らしい。

また、私たちに何か大切なものを教えてくれるような映画になっています。

気になる方はぜひ見てみてください。

映画「コクリコ坂から」の内容をネタバレ

映画「コクリコ坂から」の内容をネタバレしていきます。

メルの日課

主人公・松崎海は、港南学園の生徒で、16歳にして下宿「コクリコ荘」を切り盛りしています。

海は、フランス語で海を意味する「ラ・メール」にちなんで、メルを呼ばれています。

そんなメルには、毎日欠かさずにしていることが。

それは、「航海の安全を祈る」を意味する信号機を毎朝ポールに掲げることです。

一方で、風間俊は、タグボートで投稿している港南学園の生徒です。

メルが掲げる信号機が見えると、「ありがとう」を意味する返答旗を掲げます。

ですが、メルの姿は見えないまま。

その後メルは、いつも通り家事を済ませて学校に行くのでした。

メルと俊の出会い

メルが学校に行くと、友達から「週刊カルチェラタン」という校内新聞を見せられます。

そこには、「女よ、なぜ旗を掲げるのか」という詩が載っていました。

友達に促され、自分のことだと気づいた様子のメル。

その昼休み、港南学園で事件が起きます。

俊が、カルチェラタンの屋上に上り、カルチェラタンの取り壊しに反対するパフォーマンスとして防水槽めがけて飛び込んだのです。

メルは、飛び込んだ俊に手を貸しますが、その様子を写真部に撮られてしまいます。

カルチェラタンの取り壊しの抗議パフォーマンスの記事のために、メルは利用された形になってしまいました。

惹かれあ合うメルと俊

メルの映った写真を、妹の空が購入していました。

さらに、俊のサインをもらうために、カルチェラタンについてきてほしいとメルに頼みます。

空とともにカルチェラタンに訪れたメルは、そこで俊と再び出会います。

腕をけがしている俊に代わり、メルは原稿を書く手伝いをすることに。

その後、帰宅して夕飯をつくろうとするメルですが、お肉がないことに気づきます。

お肉を買うために商店街に向かう途中で、再び俊に遭遇。

俊とメルは2人乗りで商店街に向かいます。

また、翌朝、メルは丘の下を通るタグボートが回答旗を掲げていることを知り、距離を縮めていくのでした。

俊の秘密

下宿人で医大生だった北斗の就職が決まり、コクリコ荘で行われる送別会に俊も来ることになります。

メルが家の中を案内し、父の写真を見せると、俊の様子が一変します。

写真には、海の実父である澤村雄一郎のほかに、立花洋、小野寺善雄という2人の名前が書かれていました。

ここで、俊は自分の出生に疑問を持ち始めます。

俊は父親に自分の出生について尋ねてみました。

すると、昔、澤村雄一郎という男が、幼い赤ん坊を連れて風間夫婦のもとを訪れたことが分かります。

そして、風間夫婦は幼い俊を育てることを決めたのでした。

その話を聞いた俊は、風間夫婦の本当の息子ではないことと、メルと血がつながっているということに非常にショックを受けてしまうのでした。

2人の関係に変化が…

カルチェラタンの取り壊しに賛成が多い理由として、不衛生だからという理由が多いことを知ったメルは、大掃除を計画します。

ですが、そのころから俊の態度がそっけなくなっていきます。

メルとの血のつながりを気にしてのことでした。

海が雨の下校路で、メルが「嫌いになったなら、はっきりそう言って」と俊に伝えます。

すると、俊は3人の男が映る1枚の写真を取り出しました。

その写真は、メルの家にあったものと同じ写真でした。

その写真を証拠に、俊はメルに、自分たちは兄妹だと告げるのです。

解き明かされていく真実

別の日に、メルは、俊のことが好きだと伝えます。

俊もメルに好意を伝え、2人は両想いであることを自覚します。

後日、メルの母親である良子がアメリカ化から帰宅。

良子から、俊の本当の父親について、真実を聞きます。

俊の本当の父親は、澤村ではなく、写真に写っていたもう一人の男である立花でした。

海の父親である澤村は、写真に映っていた立花が事故に遭って死んでしまった際に、俊を自分の子だと役所に届けを出していたのです。

そこで、2人は血の繋がりがないことをはっきりと知るのでした。

映画「コクリコ坂から」の結末ラストシーンは?メルと俊はくっつくの?

映画「コクリコ坂から」の結末ラストシーンはどうなっているのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

「コクリコ坂から」の結末

後日、俊は、カルチェラタンを訪れた理事長から、写真に写っている3人の男のうち唯一生存しているのは小野寺だということをと聞きます。

そこで、小野寺に会いに行くために、俊とメルは彼が船長を務める船に向かいました。

澤村と立花と友達だったという小野寺は、立花が俊の父親であるということをはっきりと伝えます。

また、小野寺は、澤村の娘と立花の息子に出会えたことをうれしく思うと2人に告げます。

それを聞いた2人は、そろって笑顔を見せました。

その後、小野寺と固く握手を交わすと、2人は俊の父のタグボートに乗って別れを告げ、美しい夕焼けに染まるコクリコ荘を眺めるのでした。

メルと俊は結ばれたのか考察

メルと俊は果たして結ばれたのでしょうか?

映画の中では描かれていませんが、結ばれたと思って間違いないでしょう。

カルチェラタンの件も、父親に関する件も乗り越えた2人の絆はかなり深まっているはず。

あくまで考察ですが、付き合うことになったのではないでしょうか。

両思いなのは確実ですしね。

幸せになってほしいです。

 

映画を見逃した方はTSUTAYAディスカスで無料視聴可能です。
家から出ずにDVDを届けてくれるので今の時期特に人気のサービスになっています。
放送後はDVDが品薄になるので見逃した方は早めにご利用くださいね!

\ハウルも耳すまも無料でみれる/
解約違約金も無料
コクリコ坂からネタバレ

コクリコ坂からを無料視聴する>>
ジブリが無料はTSUTAYAディスカスだけ

コクリコ坂から結末ラストをネタバレまとめ

映画「コクリコ坂から」の結末やあらすじ、ネタバレをまとめてみました。

設定や登場人物が多いので、複雑に感じるかもしれませんが、非常に素敵なストーリーです。

まだ見たことがないという方はぜひ見てください。

本当におススメの映画です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です