麒麟がくるの意味は?麒麟とは何かなぜ麒麟なのか明智光秀との関係を調査!

麒麟がくる意味

大河ドラマ「麒麟がくる」のタイトルはどんな意味があるのか「麒麟」とは何なのか気になりますよね。

明智光秀が主役でなぜ麒麟なのか、一体明智光秀とどんな関係があるのでしょうか。

麒麟がくるに込められた意味や関係を調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

「麒麟がくる」の意味は?麒麟とは何なのか?

一見、明智光秀と何の接点もなさそうな“麒麟”。

いったい何を意味するでしょうか。

なんと、その“麒麟”というのは、中国で古くから伝わる特別な霊獣だそうです。

麒麟は平和な世に現れるとされており、昔から人々は福を求めて麒麟を崇めます。

また、優れた人のことを麒麟と呼ぶこともあるそうです。

つまり、麒麟はおめでたいことの象徴なんですね。

神聖な動物とされ、性質な穏やかで殺生を嫌うそうです。

足元の虫や植物ですら恐れるとか。

 

現在多くの方がイメージする、動物園にいるキリンではないのですね(笑)

ビールのロゴになっていたり、日本橋にある像のほうの麒麟です。

ドラマ初回放送で明かされた「麒麟がくる」の意味とは?

ドラマ「麒麟がくる」の舞台は戦国時代です。

でもいつか戦のない世界がやってくる。

麒麟は平和な街にやってくる生き物のため今はやってきません。

この戦乱の世を終わらせられる人物が麒麟を連れてこれる人。

 

戦乱の世を終わらせ平和な世をもたらす人物=麒麟を連れてこれる人なのです。

「麒麟がくる」とき世が平和になるという意味が込められていました。

 

麒麟を連れてくるのは信長なのか、光秀なのか、それ以外の人物なのか楽しみですね!

スポンサーリンク

「麒麟がくる」なぜ麒麟なのか明智光秀との関係を調査!

ではなぜ、「麒麟がくる」というドラマ名なのでしょうか。

いくつか理由を考えていきたいと思います。

麒麟が現れるのは時の王のところ?

麒麟が現れるのは、その時代を作るであろう王のもとに現れるとされています。

織田信長の力が圧倒的であった戦国時代。

しかし、多くの将軍が我こそが世を治める人間だと信じ、戦っていました。

そんな彼らの中で全国を統一し、世を治めるのは誰なのか?

麒麟は誰のところに現れるのか?

そんな意味合いなのではないでしょうか。

麒麟は平和な時代に現れる?

時は春秋戦国時代。

そんな戦乱の時代のある日に孔子は麒麟を見たそうです。

孔子は、麒麟は太平の時代に現れるものだと思っていました。

しかし全く平和でないときに現れたのには何か意味があると察します。

 

自分は世を豊かに、平和にするために尽力してきたが、結局それらは意味がなかったのではないかと。

それからというもの、孔子は世のために活動することをやめてしまい、数年後に亡くなってしまったと言われています。

この話になぞらえると、明智光秀は本能寺で織田信長を倒しました。

戦乱の世を平和にするためです。

しかし、そんな光秀の前に麒麟が現れます。

光秀も孔子と同様、自分のやったことを無意味だったと感じたということでしょうか。

実際、本能寺の変の後すぐに光秀は亡くなってしまいますしね。

スポンサーリンク

麒麟がくるの意味みんなの予想は?

みなさんはどのように予想されているのでしょうか。

麒麟と言われると、どちらかと言ったら信長な感じがして違和感。

全然麒麟と明智光秀がつながらない!

麒麟がくるってことは、麒麟を待っているということ?

明智光秀が本能寺の変を起こした理由って、まだはっきりしてないんだよね?そこにタイトルが絡んでくるのかな

明智光秀のことを麒麟と言っている訳ではなさそうだね。

様々な意見がありましたが、みなさん正直このタイトルに疑問を抱いていますね。

そもそも、世間のイメージでは明智光秀は裏切り者といったイメージが強く、良きものとして言い伝えられている麒麟にはどうしても繋がりません。

スポンサーリンク

麒麟がくるの意味は?麒麟とは何かなぜ麒麟なのか明智光秀との関係を調査!まとめ

それでは最後にまとめていきたいと思います。

2020年に始まるNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の“麒麟”は中国で古くから知られる神聖な動物です。

“麒麟”については諸説あるため、今回なぜこのようなタイトルなのかははっきりとはわかりませんでした。

タイトルを聞いたみなさんも、意味が分からず困惑している様子がうかがえました。

普段はあまりフィーチャーされない明智光秀ですが、今回は主役。

謎なタイトルがどのようにして表現されるのか。

放送が始まるのがとても楽しみです!

10 COMMENTS

大平英俊

なるほどよく理解できました。麒麟は明智光秀ですね。平和に導く指名があったように理解できました。

返信する
麒麟

そもそもNHKが民間企業の名前を使う事に意義ありです。
麒麟ビールはウハウハだろうな、飲み屋で麒麟が来る、来たとなるだろう。

返信する
cappuccino

嬉しいコメントありがとうございます。
情報が少ないときにあちこち調べて記事にしたので温かいコメント嬉しいです^^

返信する
鍛治三郎

近年のNHKの日曜日ドラマは期待して初めを見て
あきらめることが多かったのですが久しぶり感で
麒麟がくるドラマは是楽しみに最後まで是非見たいと感じています。

返信する
cappuccino

初回からワクワクする展開でしたよね!
私も毎週頑張ってみたいと思います♪

返信する
エフ

明智光秀は、徳川家康の側近の天海僧正という説があります。
天海僧正は風水師で、江戸の町を作ったり、日光東照宮に家康を埋葬したりしています。
日光には明智平やいろは坂があります。(1、6、8は、風水の吉数)
日光東照宮には明智の家紋があるのは有名です。
で、麒麟ですが、麒麟は風水では風水対策として飾られたりします。平和や夫婦円満などです。
日本橋の麒麟像は東海道の起点なので(現在は国道1号線の起点)江戸から日本中に平和の「気」が流れるように置かれたのではないでしょうか?
以上

返信する
cappuccino

麒麟の風水にそのような意味があるのですね!
風水好きなのでもっと色々教えていただきたいです^^♪
素敵なコメントありがとうございました^^

返信する
エフ

最終的に天海僧正(明智光秀)が、家康とともに平和な世を作り上げたのでは?麒麟ですね。
ちなみに諸葛孔明も風水師であり、軍師でしたね。

返信する
cappuccino

歴史お詳しいですね^^!
勉強になるコメントありがとうございます♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA