麒麟がくる駒役の女優は誰?駒を助けた人は美濃の将軍か考察も!

麒麟がくる駒女優

大河ドラマ「麒麟がくる」で駒を演じている女優は誰なのか、駒を助けた人は誰なのかが話題になっています。

「麒麟がくる」は、主演の長谷川博己さんや斎藤道三役の本木雅弘さんの演技が大好評。

視聴率も初回から16%越えをキープしており、好調です。

男性の出演者が多い中その可愛らしさでホッとさせてくれるのが、駒ではないでしょうか。

そこで駒役の女優は誰なのか調査します!

さらに駒を助けた人についても考察したいと思います。

「麒麟がくる」駒役の女優は誰?

「麒麟がくる」で駒を演じているのは、門脇麦さんです。

どんな女優さんなのかご紹介していきます。

駒役の女優のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

she’s soooooooo cute. 可愛すぎ♥️ #門脇麦

j.orchid(@jorchidjewels1)がシェアした投稿 –

プロフィール

門脇麦(かどわき むぎ)

生年月日:1992年8月10日

年齢:27歳

出生地:アメリカ ニューヨーク

出身地:東京都

所属事務所:ユマニテ

公式HP

アメリカ生まれなんですね。

ニューヨークには5歳まで暮らしていたそう。

ちなみにハーフではありません。

 

その後日本でクラシックバレエに打ち込むも、中学生で限界を感じて辞めてしまいます。

中学生で限界を感じるなんて、かなり真剣にやっていたんでしょうね。

バレエに代わるものを探すうち役者に興味をもち、自分で芸能事務所に履歴書を送って、芸能界入りします。

反対する親も説得しての芸能界入りですから、門脇さんの本気度がわかりますね。

それにかなり行動的な人物のようです。

駒役の女優の役どころ

「麒麟がくる」で門脇麦さんが演じる駒は、どんな役なんでしょうか。

駒は歴史上には登場しない架空の人物です。

幼いころに京で戦に巻き込まれて両親を失い、自身も危ないところを謎の男性に助けられました。

悲しい過去を背負いながらも、医師である望月東庵の助手として薬草を集めたり、看護師のようなことをしています。

明智光秀たち武将に対して庶民の代表としての役割がある、そんな役どころです。

 

さらに、タイトルである麒麟についての伝説を光秀に伝えるのも駒。

麒麟とはよい政治を行っている王のもとに現れる伝説の神獣で、その話を聞いた光秀は麒麟がくる国作りをしなければと決意するのです。

けっこう光秀に影響を与える人物ですね。

「麒麟がくる」駒役の女優の過去出演作は?

麒麟がくるで駒を演じる門脇麦さんは、過去にはどんな作品に出演していたんでしょうか。

「麒麟がくる」駒役が出演していたドラマ

デビュー作は香里菜さん主演の学園ドラマ「美咲ナンバーワン」。

元六本木のナンバーワンホステスが教師になり、生徒たちの問題を解決していくというストーリー で、門脇さんは生徒の一人を演じていました。

 

その他には朝ドラの「まれ」にも出演していました。

土屋太鳳さん演じる希の幼なじみ、寺岡みのりを演じていました。

わりと地味な役ながら印象に残っているのは、門脇さんの演技によるものでしょうね。

「麒麟がくる」駒役が出演していたCM

門脇麦さんが出演しているCMについてもご紹介。

麒麟つながり?ということでキリンビールのどごし生のCMです。

門脇さんっていい意味で普通っぽいところが可愛いですよね。

ビール飲みたくなってきました。

 

もう一つは東京ガスのCM。

特技のクラシックバレエを活かしたCMとなっています。

人気のあるCMらしく、シリーズ化されています。

門脇さんも可愛くていいのですが、竹野内豊さんから目が離せなくなる、なんとなく面白いCMですね。

シリーズをすべて見てみたくなります。

「麒麟がくる」駒役が出演していた映画・舞台

門脇麦さんはどんな映画や舞台に出演していたんでしょうか。

門脇さんはメジャーかどうかに関わらずさまざまな作品に出演しています。

 

一番最近公開されたのは2019年5月31日公開の映画「さよならくちびる」。

門脇さんは小松菜奈さんとW主演で、女性デュオ・ハルレオのハルを演じています。

二人の歌う曲を提供しているのは、秦基博さんとあいみょんさん

門脇さんは歌声も披露し、さらにCDデビューもしています。

声が特徴的な門脇さん、歌声もステキですよ。

 

2020年2月11日からは舞台「ねじまき鳥クロニクル」も始まります。

村上春樹さんの傑作小説を舞台化!

門脇さんはヒロイン笠原メイを演じています。

芝居・コンテンポラリーダンス・歌と音楽が融合した舞台だそうなので、門脇さんの魅力がぎっしりつまった舞台になりそうですね。

「麒麟がくる」駒を助けた人は誰?予想・考察

「麒麟がくる」で幼い駒を助けた人は一体誰なんでしょうか。

ちょっと予想してみたいと思います。

「麒麟がくる」駒を助けた人のエピソードとは?(第3話)

駒は幼い時に京で戦火に巻き込まれ両親を亡くしています。

その時に、大きい手の武士に助けられ、いろんな話を聞かせてもらいました。

第3話では、その中に「美濃の狐の話」があったので、美濃の武士だったと判明します。

駒を助けた人を予想・考察

では駒を助けた美濃の武士とは誰だったのでしょうか。

予想①明智光秀の父

本命は明智光秀の父親でしょう。

美濃の武士で、駒が幼いころにすでに大人ですし。

さらに光秀が京へ旅をしたいと母親に打ち明けた時、父親と同じだと発言しています。

ということは光秀の父親も京へ行っていたってことですよね。

親子で炎から幼い子供を救うなんて、ドラマチックです。

 

光秀の父親は病気ですでに亡くなっていますので、もしこの武士が父親だとすると駒は恩人に会えないことになります。

それは少し悲しいですね。

予想②織田信長

意外なところで織田信長だったというのはどうでしょうか。

織田家のある尾張と美濃は隣同士なので、美濃の狐の話ももしかしたら聞くことがあったのかも。

駒の覚えていた歌が少し違うというのも、美濃の人間ではなかったという伏線だったとか。

ただ問題は年齢でしょう。

信長は光秀より年下という説が多いので、駒と同年代の可能性が高いのです。

でも、あれが信長だったら、話としては面白いですよね。

 

駒が架空の人物だからこそ恩人が誰なのかわからなくて、ストーリーに面白みが増してますね。

歴史上の人物に設定付け加えたりすると、変になっちゃうことありますもんね。

オリジナルキャラの良い使い方、上手い話への絡ませ方だなと思います。

「麒麟がくる」駒役の女優にみんなの声は?

「麒麟がくる」で駒役を演じる門脇麦さんへのみんなの声を集めてみました。

演技力の声

門脇麦さんの駒、とても自然でスッと心に入ってきますよね。

可愛いだけじゃなくて、ちゃんとツライ生い立ちを乗り越えて、今の仕事に誇りを持ってるんだなと伝わってきます。

役の背景が活かされてるというか、反映されてるというか、奥行きを感じさせるのは門脇さんの演技力のたまものだと思います。

かわいいの声?

門脇麦さんはどちらかというと素朴な感じのお顔立ちですけど、そこがいいですよね~。

麒麟がくるは斎藤道三のシーンや戦のシーンなど、キツイところもあるので駒が出てくると、その雰囲気や笑顔に癒されます。

麒麟がくる駒役の女優は誰?駒を助けた人は美濃の将軍か考察も!まとめ

麒麟がくるで駒を演じる女優、門脇麦さんについてご紹介しました。

演技だけでなく歌やバレエなど多彩な魅力をもった方でしたね。

駒を助けた人、光秀の父親でしょうか、それともまったく違う人でしょうか。

考察が当たっているか、駒の活躍とともに楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です