危険なビーナス犯人は誰?怪しい人物予想最新とネタバレ!

危険なビーナス犯人アイキャッチ

ドラマ危険なビーナスですが登場人物が多いので犯人が誰なのか全然わからないですよね。

そこでここまでの最新情報をふまえて犯人が誰なのか予想してみました。

さらに原作での犯人が誰なのかもネタバレしちゃいます。

危険なビーナスはドラマ版と原作で違いがあるのか、原作を知っておけば分かりますね。

原作をふまえてドラマ版の犯人が誰なのか考えてみましょう。

危険なビーナス犯人は誰?犯行内容とは


ドラマ版の危険なビーナスの犯人は誰なのか。

いろんな人が出てくるのでみんな怪しく見えてきますね。

特に怪しいと感じた3人をピックアップしてみました。

危険なビーナス犯人予想①謎の執事:君津光


原作と違った結末にしようと思えば一番怪しいのはオリジナルキャラクターですよね。

その中でも特に怪しいのは執事である君津光です。

 

もちろん波恵に言われて殺人する実行犯の可能性もありますが、私の予想は違います。

君津は矢神家に仕えているけれどその素性は謎のままです。

もし矢神康治(もしくは康之介)の隠し子だとすれば、明人がいなくなって一番得をするのは君津になります。

伯朗の母・禎子が死んだ時、彼は11歳なので自分の親が禎子を殺した可能性も十分あります。

 

そんな衝撃の展開、矢神家ならありそうですよね。

しかも公式インスタやTwitterで登場回数が多いので、結構物語に関わってくるのではないかと思います。

危険なビーナス犯人予想②先妻の長女:矢神波恵


遺産相続のもめ事で明人がいなくなったとなれば一番怪しいのは矢神波恵です。

いま遺産を管理しているのは波恵ですし、明人がいなくなれば遺産を相続する可能性がぐっとあがります。

 

もし波恵が遺産を勝手に使っていたとすれば自分が全部相続しなければならなくなりますよね。

それに波恵なら外から連れ子と一緒に来た禎子をあまりよく思って無さそうですし、事故に見せかけて殺害なんてこともありそうです。

これなら明人の妻である楓のことを調べるのにも納得ですね。

危険なビーナス犯人予想③祥子の夫:支倉隆司


祥子の夫である支倉隆司は矢神家の人々に頭が上がらないようなので長年の恨みがありそうですね。

特に経営が傾いていた矢神園を立て直したのに矢神家からの見返りは無いようですし、遺産を貰いたいと思ってもおかしくありません。

 

明人が遺産を相続してしまえばもう遺産を相続できなくなってしまいます。

それに比べて波恵が相続すれば、康之介の後妻の次女である自分の嫁が後に遺産を相続することになります。

しかも遺産を矢神の人たちから奪えば、矢神家へ復讐したことになりますよね。

これ以上跡継ぎを産ませないために禎子を殺すこともありそうです。

危険なビーナス犯人は誰かネタバレ!


それでは原作での犯人は誰なのでしょうか。

今回ネタバレしちゃいたいと思います。

犯人は兼岩憲三!


実は伯朗はもちろん手島家と最も仲の良かった兼岩憲三が犯人でした。

信頼している相手なだけに衝撃は大きいですよね。

 

しかも明人拉致計画だけでなく禎子を殺害したのも憲三でした。

なぜそんなことになってしまったのでしょうか。

犯行動機は?

伯朗の父・一清は後天性サヴァン症候群でした。

矢神康治が一清の脳腫瘍を治療した際に後天性サヴァン症候群を発症してしまったのです。

 

彼の描いていた絵画「寛恕の綱」は数学的に非常に価値があり、数学者である憲三は完成を楽しみにしていました。

ところが一清が亡くなってしまい「寛恕の綱」が完成したのか分からないどころか所在も分かりません。

 

そんな日々が十数年続いたある日、明人から見せられた写真にたまたま「寛恕の綱」が写っていたのです。

「寛恕の綱」は禎子が隠し持っているに違いないと思った憲三はどうしても見たい一心で家に忍び込んでしまいます。

その時、禎子に見つかり溺死に見せかけて殺害してしまったのです。

 

明人を誘拐しようと考えたのもこの絵が関係してます。

もし明人が先に「寛恕の綱」を見つけてしまえば数学的価値に気づかれてしまうので、先に見つけておく必要がありました。

「寛恕の綱」を先に見つければ一清が描いた絵なので、一清の作品を管理している兼岩家に来るはずです。

そうすれば念願だった「寛恕の綱」を手にすることができます。

 

普通の人にはたったそれだけ?と思う動機かもしれないですが、憲三にとっては犯罪をして手に入れたいほど価値のあるものだったのですね。

危険なビーナス犯人の最後はどうなるかネタバレ!


事件の犯人と分かり追い詰められた憲三は最後どうなるのでしょうか。

 

実は絵画が手に入らないならと家に火をつけて絵画と共に焼け死のうとしたのです。

結構大胆な行動ですね。

しかし明人の嫁ではなく実は潜入捜査員だった楓によって憲三は助かります。

 

燃え盛る炎の中、伯朗は隠されていた「寛恕の綱」を発見するのです。

危険を冒して「寛恕の綱」を取りに行こうとしますが失踪していた明人に止められます。

実は明人は拉致されてなく、警察に保護されていたのでした。

絵画は無くなってしまいましたが兄弟の絆は深まった気がしますね。

 

ドラマでは伯朗と明人の兄弟愛も見られるのでしょうか。

そこにも注目して見ていきたいですね。

危険なビーナス犯人は誰最新予想とネタバレまとめ


危険なビーナスの犯人は誰なのかを予想してみました。

せっかくドラマになるのだから原作と違った展開になると面白いですね。

犯人は誰なのか毎週予想合戦が始まりそうです。

 

みなさんも最新情報を元に犯人予想をするとより楽しめますよ。

そういった意味でも危険なビーナスが楽しみですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です