まだ結婚できない男ロケ地ホテルは水戸市?茨城での桑野目撃情報は?

阿部寛さん主演の「まだ結婚できない男」の桑野が、相変わらず大人気ですよね。

初回放送から、桑野の講演での言葉に感動した人も多かったようです。

1話で桑野が講演を行ったホテルは、どこなのでしょうか?

「まだ結婚できない男」のロケ地として使われた、茨城県水戸市のホテルについて調査しました。

「まだ結婚できない男」ロケ地ホテルは茨城県水戸市?

「まだ結婚できない男」のロケ地に登場したホテルは、茨城県の水戸市にあるのでしょうか?

まどかが車で桑野を送って行ったのですが、講演が行われるのは「グレイトホテル」なのに、間違えて「グランドホテル」に連れて行ってしまいます。

その「グランドホテル」のロケ地となったのが、茨城県水戸市の「水戸プラザホテル」でした。

  • 名前:水戸プラザホテル
  • 住所:〒310-0851 茨城県水戸市千波町2078−1
  • 電話:029-305-8111

間違いに気づいて、すぐに移動してしまいましたが、どんなホテルなのか気になりますね。

まだ結婚できない男ロケ地!茨城水戸ホテルの口コミや料金は?

「まだ結婚できない男」のロケ地になった、水戸プラザホテルの詳細を見てみましょう。

2001年にオープンした水戸プラザホテルは、ハイクラスホテルを手掛けるジョン・デビッド・エジソン氏によるクラッシックなインテリアデザインのホテルです。

緑に囲まれたロケーションや、アトリウムガーデンパークなど、解放感のある空間を演出が人気です。

シングルルームやツインルームから、プラザスイートルームまであり、宿泊プランも豊富にあります。

  • シングルルーム:13,500円~
  • ツインルーム:17,280円~
  • ダブルルーム:15,120円~
  • ジュニアスイートルーム:64,800円~
  • プラザスイートルーム:108,000円~

女性限定のプランや60歳以上限定のプランなどの他、期間限定のおすすめプランなども企画されているので、チェックしてみてくださいね。

実際に泊まった人の声も見てみました。

行き当たりばったりで予約しましたが、予想以上にいいホテルでした。水戸にこんな素敵なホテルがあったとは驚きです。

ホスピタリティに優れたホテルです。居心地のいい空間で、落ち着きます

何度泊っても、素晴らしいホテルです。都内の一流ホテル並みのホスピタリティだと思います。

居心地のいい空間なのはもちろんですが、従業員などの対応面もよく、ホスピタリティレベルの高さを称賛する意見が聞かれました。

一度は訪れてみたいですね。

スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」ロケ地茨城県水戸市ホテルの目撃情報は?

「まだ結婚できない男」のロケ地、水戸プラザホテルでの目撃情報はあるのでしょうか?

ドラマを見ていた地元の人は、風景で水戸だと気づいたようですね。

まどかの運転で、車に乗ったままだったので、外に出る事はなかったのでしょうか?

撮影現場を目撃したという情報は、残念ながら見つかりませんでした。

 

今後も水戸が登場することがあるといいですね♪

スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」ロケ地茨城県水戸市ホテルは他のドラマでも使用された?

「まだ結婚できない男」のロケ地となった水戸プラザホテルは、他のドラマでも使用されたことがあるのでしょうか?

調べてみたところ、いくつかのドラマなどで使用されていました。

  • 沈まぬ太陽(上川隆也主演)
  • バクマン。(佐藤健主演)
  • 轢き逃げ 最高の最悪の日(中山麻聖主演)

 

アトリウムでイベントなども行われているので、アーティストなども訪れています。

素泊まりのプランもあるので、ロケ地巡りの際はチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」ロケ地ホテルは東京でも撮影?

「まだ結婚できない男」のロケ地として、東京のホテルでも撮影があったのでしょうか?

まどかが間違えてしまいましたが、実際に講演が行われる「グレートホテル」に急いで向かいます。

「グレートホテル」のロケ地として使用されたのが、東京の「ホテルカデンツァ光が丘」です。

  • 名前:ホテルカデンツァ光が丘
  • 住所:〒179-0075 東京都練馬区高松5丁目8
  • 電話:03-5372-4411

練馬区内にあり、ブライダルや宴会などもできる施設の整ったホテルです。

明るい雰囲気のシティホテルで、ドラマの中では宴会場が撮影に使われていました。

スポンサーリンク

「まだ結婚できない男」ロケ地ホテルのシーンをネタバレ!

「まだ結婚できない男」のホテルカデンツァ光が丘でのシーンを、少しネタバレしたいと思います。

1話で、桑野が「未来の建築を考えるシンポジウム」というテーマで講演をしました。

その中で桑野は、人生100年と言われる時代で、将来を不安に思う人も多いということを挙げます。

ですが、不安もあるが希望もあるのだと言い、残りの人生を楽しむチャンスだとも語ります。

そのために、自分は自分が年をとって住みたいと思える家を造りたいのだと言い、まどかや有希江、聴衆たちの拍手を浴びるのでした。

 

桑野のこの時の言葉には、わたし自身も感動しましたし、元気ももらったような気がします。

「結婚できない男」ってこんな感動的なドラマだっけ?と思ってしまうほど、いいシーンでした。

時々、核心をつくような言葉を残すんですよね~桑野って!

スポンサーリンク

まだ結婚できない男ロケ地ホテルは水戸市?茨城での桑野目撃情報は?まとめ

「まだ結婚できない男」のロケ地、1話に登場した2つのホテルについてご紹介しました。

水戸市の「水戸プラザホテル」と、東京の「ホテルカデンツァ光が丘」がロケ地として使用されていました。

ロケ地巡りの際の、参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です