映画カイジ2のネタバレあらすじ!ライオンと沼のラストはどうなる?

この記事では「カイジ2人生奪回ゲーム」のネタバレあらすじ、気になる結末をまとめていきます。

大人気コミックの映画シリーズ2作目!

2011年に公開され、原作にないライオンが出てくるオリジナルゲーム、この作品の目玉ともいえるイカサマパチンコ沼!

 

今回も藤原竜也さん演じるカイジが、人生奪回ゲームに挑み、勝利できるのかどうか。

ライオンと沼のギャンブルの最後を気になる方も多いのではないでしょうか。

クズ男カイジの勝負後のラストシーンのネタバレも併せてあらすじをご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画カイジ2人生奪回ゲームのネタバレなしあらすじ

映画「カイジ2人生奪回ゲーム」のあらすじをネタバレなしでまずご紹介します。

 

シーズン1で命をかけた大勝負に勝ち、多額の借金をチャラにしたカイジだったが、再び借金まみれになり、地下の強制労働施設送りになっていた。

仲間たちに希望を託され、2週間だけ地上に出ることができた。

 

しかし、自分と仲間たちの借金2億円を稼がなければいけない…

1回当たれば10億円以上の賞金が手に入る一攫千金のギャンブル、通称「沼」

カイジをライバル視している一条との因縁の対決。

果たしてカイジを待っているのは天国か地獄か…

命をかけたギャンブルに挑む!

スポンサーリンク

映画カイジ2人生奪回ゲームのネタバレ!ライオンと沼の結末は?

「カイジ2人生奪回ゲーム」のライオンと沼のギャンブルの結末、気になりますよね。

ここからネタバレをご紹介していきます!

地下労働施設

今回はカイジが地下の強制労働施設で働いているところから始まります。

悪条件のもと、カイジは自由を求め、こつこつと働きます。しかしビールなどの甘い誘惑に負け、なかなか自由への道は縮まりません。

 

そこにカイジはレクリエーションという名目でギャンブルゲームが行われているとの話を聞きます。

ギャンブルゲームの内容はサイコロを使ったチンチロ。

カイジはイカサマに気付き、仲間たちと力を合わせ、14日間の外出権を得ることができました。

利根川との再会

仲間たちに希望を託され、地上に出たカイジは2週間の間に、仲間と自分の借金の総額2億円を稼がなくてはいけません。

カイジがどうやって2億円を稼ごうか悩んでいたところ、前作でカイジに負け、帝愛グループから追放されホームレスとなっていた利根川と再会します。

利根川から帝愛グループの裏カジノの話を聞きました。

裏カジノでの最初の勝負

カイジは裏カジノに出向き、そこで知り合った坂崎と裕美と手を組み、裏カジノの大物、通称「沼」と呼ばれる巨大パチンコの攻略をしようとします。

裕美は前作で鉄骨ゲームにともに挑み、命を落とした石田の娘でした。

 

しかしその裕美は裏カジノの支配人、一条が送り込んだスパイだったため、カイジたちは裏切られ、ギャンブルに失敗してしまいます。

ライオンのギャンブル「姫と奴隷」

元手の金を失い、失望するカイジに一条は「姫と奴隷」というゲームを持ち掛けます。

このゲームは挑戦者の前に3つのボタンが用意され、2つのボタンはライオンが入っているに檻に繋がっているミスボタン。

残る1つのボタンは姫が入っている正解ボタン。

その正解ボタンを押すことができれば賞金3,000万円を手にすることができ、ミスボタンを押してしまうとライオンが解き放たれ命を落としてしまうという、命をかけたゲームです。

 

姫は正解の番号を知っています。ただ、姫は単独で脱出できると賞金300万円を手に入れることができます。

挑戦者のほとんどは多重債務者のため、賞金3,000万円を手に入れても手元に残る金は少ないのです。

姫は少ない分け前より300万円を手に入れたいためにウソの番号を言う場合もあります。

 

姫を信じて良いのか分からないなか、カイジの前に現れた姫はなんと、先ほどカイジたちを裏切った裕美でした。

カイジは裕美を信じて大丈夫なのか悩みます。

しかし利根川の助言もあり、裕美の言葉を信じることにしました。

そしてその番号は正解の番号で、見事カイジは賞金を手にすることができました。

「沼」への挑戦

その金で沼を攻略するため、坂崎とカイジは作戦を練ります。

そこに利根川と裕美もやってきて、仲間に迎え入れました。

作戦もしっかり立て、いざ沼に挑戦!

 

しかしそこで再び裕美に裏切られてしまいます。

裕美はカイジたちが玉をすり替えていると一条に伝えていました。

しかしカイジたちは裕美にウソの作戦を伝えていたのです。

真の作戦とはビルに大量の水を運び、ビル自体を傾け、パチンコ台の釘を調整するという作戦でした。

 

一条も負けるわけにはいかないため、パチンコ台自体を傾けさせたり、玉が入る穴の中から空気を出したりと、あからさまなイカサマを仕掛けてきます。

そのイカサマにも負けじと、1,000万円を借りられる裏ATMでカイジ、坂崎、利根川の3人は金を借り、うまくいくと思っていたのですが、資金のすべてを使い切ってしまいました。

 

資金を失い、失望していたカイジに声をかけてきたのは、2度もカイジたちを裏切った裕美でした。

父親の復讐をするため、帝愛グループを裏切ったのです。

裕美も裏ATMから1,000万円を借り、その資金で再び「沼」に挑戦。

一条の仕掛けたイカサマを乗り越え、カイジたちは見事に勝利し、一条は地下送りとなりました。

スポンサーリンク

映画カイジ2人生奪回ゲームのラストシーンをネタバレ

大金を手に入れたカイジはその金で、地下の仲間たちを助けます。

そこに利根川が現れ、カイジにお互いが手に入れた賞金を懸けた勝負を挑んできました。

勝負の最中、賞金を入れていた車が炎上。

 

カイジは賞金がなくなったと思い、仲間のもとに行きます。

しかし、その火災は利根川が仕組んだものだったのです。最後の最後にカイジは騙され、大金を失ってしまいました。

せっかく大金を手に入れても最後には騙されてしまうという終わりがさすがカイジという終わりだと思います。

スポンサーリンク

映画カイジ2人生奪回ゲームの結末を考察


カイジは最後騙され、大金を失ってしまいますが、騙されたことに本人は気付かず、地下から解放された仲間たちのもとに行き、とても幸せそうです。

手元に残ったのはごくわずかな金だとしても、地下の生活から解放され、自由を手に入れたカイジは、大金を手に入れるだけが幸せではないと感じていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

映画カイジ2のネタバレあらすじ!ライオンと沼のラストはどうなる?まとめ


「カイジ2人生奪回ゲーム」のネタバレあらすじをまとめていきました。

ライオンを使った命を張ったゲーム、大金を手に入れる大勝負「沼」。

この2つのゲームがとてもハラハラしたのではないでしょうか。

 

最後はカイジらしく騙されて終わるという期待を裏切らない映画だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA