映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の感想は面白いorつまらない?グロイの声も

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の感想や口コミはどうなのでしょうか。

映画カイジは面白いのか、つまらないのかの評価、内容はグロイのかひどいのかとても気になりますよね。

 

2009年公開の映画「カイジ 人生逆転ゲーム」、藤原竜也さん主演で知名度の高い俳優陣も出演した大人気マンガの実写化ということで、気になる方も多いのでないでしょうか。

この記事では映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の感想口コミ、面白い派とつまらない派の意見、内容などをご紹介していきます!

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の感想は面白い?面白い派の評価・口コミ


映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の感想は面白いのでしょうか。

ここでは面白い派の評価や口コミを書いていきたいと思います。

  • 主人公のカイジが仲間を大事にする場面などがかっこいい
  • キャストの迫真の演技が素晴らしく、目が離せない
  • カイジならではの名言に心打たれる
  • 自分も共感できてしまい、頑張ろうと思った
  • 原作を知らなくても楽しめる、原作を読みたくなった
  • 心理描写がうまく描かれている
  • Eカードの盛り上がりがすごい

キャストの演技がすごくて面白い

主人公カイジが仲間と共にゲームに参加していき、仲間を大事にしていくところがかっこいい、「金は命より重い」などの名言が心打たれたという声がありました。

ゲーム時の心理描写がうまく描かれており、「Eカード」もシンプルなカードゲームだが、盛り上げ方が素晴らしく、映画として、原作を知らなくても楽しめる作品だと思います。

 

キャストも知名度の高い俳優陣が出演しており、藤原竜也さんと香川照之さんの熱い勝負のやり取りの演技や、山本太郎さんの人間として最低な演技はとても素晴らしかったです。

また、映画を観ている側も共感でき、頑張ろうと思った方もいたようで、人生の教訓になる映画だったと思います。

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」感想はつまらない?面白くない派の評価・口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 2019🎬48 カイジ . 悪魔的だ~〜! . . 何回も見た気がするけど、改めて。何回も見た気がするの、モノマネのせいか(笑)藤原竜也怪演。胸くそ悪くなるけど、クズクズ言われてたカイジがのし上がってく姿は最高。やっぱり、結末が分かっててもどんでん返すのはいいよね、スッキリするよね。 ちなみにわたしはゲーム苦手で、人を騙すのも苦手で、最初の山本太郎みたいなやつにコロッと騙されて終了するやつになる絶対。頭の切れ味良くしたい。 最後去り際の藤原竜也かっこよすぎて、あかんかった。ツンデレかまされたい。あと、また天海祐希。昨日のチアダンの熱血裏で努力してる先生役もよかったけど、今回のミステリアス罵声女社長マンもとっってもよかった~~すき。 . #poncinema #カイジ #藤原竜也 #天海祐希 #香川照之 #松山ケンイチ

ぽん(@pon_cnm)がシェアした投稿 –


ここからは映画「カイジ 人生逆転ゲーム」はつまらないのかどうか、面白くない派の評価・口コミを書いていきます。

  • 原作ファンは物足りない
  • 原作を詰め込みすぎてストーリー展開が早かった
  • 藤原竜也さんの演技が熱すぎてどの役も同じに見えてしまう

原作の内容を詰め込みすぎてつまらない
どうしても原作を2時間の映画で表現しようとすると、詰め込みすぎてストーリー展開が早くなってしまうため、原作ファンからは物足りないとの声がありました。

 

また、主役を演じる藤原竜也さんの演技がとても熱く、どの役を演じても同じに見えてしまうという声もありました。

全体的には低評価は少なく、高評価の方が多かったと思います。

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」感想はグロイ?グロシーンはある?


映画「カイジ 人生逆転ゲーム」、マンガではゲームの代償でグロシーンがあり、グロイ部分も描かれているため、映画ではグロシーンがあるのか気になる方もいるのではないかと思います。

ここでは、映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のグロいのかどうかの感想を、マンガの内容にも触れながらご紹介していきます。

 

映画内ではグロシーンはないですが、怖くて震えてしまうシーンとしては「鉄骨渡り」のシーンです。

高層ビルに鉄骨がかけられて、そこを手を使うことも許されない状況で渡る怖さはグロくはないのですが、ひやひやしてしまうのではないでしょうか。

 

マンガで出てくるグロシーンとしては「Eカード」の勝負の時だと思います。


映画では「Eカード」での掛け金は鉄骨渡りで得た賞金でしたが、マンガではカイジは無一文で「Eカード」の勝負に挑むため、掛け金はお金の代わりに身体の器官を賭けます

 

耳に特殊な機械を取り付け、針が鼓膜を破壊するまでの距離30ミリをチップとして使うカイジ。

負けて針が進んでくる時の音は耳に直接響いてくるため、マンガの中だとしてもぞわぞわしてしまいます。

 

負けが続き、カイジは耳に付けられた機械から脈拍などのデータを送られ、利根川が見ているというイカサマに気付き、耳に付けられた機械をとるために耳ごと取ってしまいます

そのシーンはどうしてもグロイシーンになってしまいますね。

 

マンガには映画では出てこない兵頭会長とのくじ引きゲームがあります。

そこにもグロシーンが存在します。

このゲームでの掛け金を1億円にするため、カイジは足りない分として指4本を差し出すことになりました。

兵頭会長とのゲームに負けてしまい、指4本を落とされてしまうシーンは目を背けたくなりますね。

 

また、カイジではなく、利根川が受けるグロイ場面もあります。

利根川はカイジとの勝負に負け、兵頭会長から土下座を強要されます。

しかし、その土下座の方法が焼けた鉄板の上での土下座でした。

もう聞いただけでもぞくっとしますね。

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」感想は演技力に賛否両論?


映画「カイジ 人生逆転ゲーム」には人気の高い俳優陣が出演しております。

しかし、そんな俳優陣の演技力に賛否両論があるようです。

ここではそんな賛否両論の意見を書いていきます。

 

全体的に演技の評価は高かったと思います。

それぞれの役にキャストがはまっていて素晴らしかったとの声が多くありました。

利根川を演じた香川さんの演説シーンは心に響くと、何回も観てしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

逆に藤原竜也さんはかっこよすぎて、クソ男カイジには合わない、どうしても毎回、熱く同じような演技に見えてしまうとの声もありました。

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」感想は面白いorつまらない?グロイの声も?まとめ


映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の感想は面白いのかつまらないのか、評価や口コミをまとめていきました。

マンガの実写化映画のため、どうしても原作ファンからの評価は低くなっていましたが、全体的には高評価な映画です。

 

また、マンガにはグロシーンが結構出てきますが、映画ではグロシーンはほとんどなく、グロイ系が苦手な方でも見やすい映画になっていると思います。

ハッとさせられる言葉やセリフなどもありますので、ぜひ観てみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です