IT THE ENDネタバレ(2019年後編)!結末はグロ過ぎラスト?     

ホラー映画ITシリーズの続編『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』が2019年11月1日(金)に公開されるや、初週の観客動員で1位を記録しました。

2017年に公開された前作の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』はホラー映画史上歴代1位の記録となりましたが、2019年に公開された続編である本作も2年前の勢いそのまま好発進となりました。

 

ホラー映画は苦手、でも話題の映画のシリーズ2作目である『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のことは気になる、という方も多いのでは。

ネタバレなしでストーリーをご紹介しちゃいますので、展開を知って怖さを先取りしてから見ればあまり怖くないかも!!

もちろんここからネタバレします、と注意喚起いたしますので、最後まで知りたくない方もご安心くださいね。

 

「IT THE END(2019年続編2)」ネタバレなしのあらすじ!

View this post on Instagram

Welcome home, Losers. #ITMovie

A post shared by IT Chapter Two (@itmovieofficial) on

 

メイン州デリー、かつて負け犬チーム・ルーザーズクラブ7名の活躍により撃退したはずの殺人ピエロ・ペニーワイズ。

27年後、ひとりデリーに残ったマイクは図書館の司書をしながらペニーワイズの謎や街の歴史を調べていたが、再び恐れていた事態が起き始めているのを感じ、街を出て行ったかつての仲間たちに電話で戻るよう連絡する。

 

デリーの中華料理屋で旧交を温めるルーザーズのメンバーたち。

街を出たメンバーたちはリーダー格だったビルは脚本家となり、紅一点のべバリーはデザイナー、常に喋っていたリッチーは人気コメディアン、太っちょだったベンはイケメン建築家、不安症だったエディはリスクアナリストとしてそれぞれの分野で成功を収めていた

席は一つ欠けているまま料理は進み、デザートのフォーチュン・クッキーが出てきてしまう。

フォーチュン・クッキーのおみくじからは来なかったスタンリーの不吉な示唆と怪物が飛び出し、6名は応戦するもウェイトレスから他の人には見えてないことを知らされる。

 

スタンリーに電話すると奥さんが出てマイクからの電話のすぐ後に自殺したことを知らされ、怖くなったメンバーはビルを除いて即座に街から出ようとする。

マイクは一人残りながらも、やはり及び腰だったビルを図書館に連れて行き必死で説得。

スタンリーも含めて7名全員の子供時代の思い出の品を集めて燃やすチュードの儀式を行えば、ペニーワイズを弱らせて倒すことができると突き止めたというマイクに心を動かされ、ビルは他のメンバーの説得し、再びペニーワイズへと立ち向かうこととなる

 

以下、ネタバレありなので、ご注意ください!!

スポンサーリンク

「IT THE END(2019年続編2)」ネタバレを結末まで

https://www.instagram.com/p/B2W-aOYlaeb/?utm_source=ig_web_copy_link

 

27年経ち復活したペニーワイズは現在のデリーの子供達を襲い始める。

 

マイクが先住民からヒアリングしたことにより、ペニーワイズの正体が、”デッドライト”と呼ばれる3つの光であり、大昔に落ちた隕石と関わりがあること、またチュードの儀式で先住民の壺にペニーワイズを封じ込めることができることが明らかになった。

メンバーたちは、それぞれの過去と向き合い、自分たちの思い出の品を探すよう個々に行動を開始、自殺したスタンリーの思い出の品は、子供時代の秘密基地にあったスタンリーのシャワーキャップが使えることとなった。

 

まずは父親からの虐待に悩んでいたべバリーは、かつて父親と二人で住んでいたアパートに心の拠り所としていたビルから来たと思っていたラブレターを取りに行くと、現在住んでいるという老婆が変化しべバリーを襲撃し、命からがら逃げ出す。

 

リッチーは廃墟となったゲームセンターからゲーム機用のコインを見つけ確保、いじめっ子に同性愛者であることをいじめのネタにされ、そのことをペニーワイズにも仄めかされた過去が蘇る。

 

子供時代に体の弱かったエディは行きつけの薬局へ向かうと地下から母親の声が聞こえ、向かうと亡くなった母の姿が、当時頼っていた喘息用の吸引器を手に集合場所へ戻る。

 

太っていたベンは体型のせいでいじめられていたが、密かにべバリーに思いを寄せていたことをペニーワイズに見透かされ、今でも肌身離さず持っている卒業アルバムに唯一名前を書いてくれたべバリーのサインだった。

 

ビルは自分のせいで弟ジョージーを亡くした後悔の念から逃れられず、少年時代に住んでいた家へ行くと別の一家がおり、そこの少年ディーンが「水道から声がする」と言うのを聞く。

思い出の品としてジョージーに折ってあげた紙の舟を発見するが、直感的にディーンがペニーワイズに狙われていることを知り助け出そうとするが失敗してしまう。

 

マイクはいじめられていた自分を守ってくれるためにルーザーズがいじめっ子グループに投げてくれた石を持ってきて、全部で7つの思い出の品が揃い、最終決戦へ。

 

戦いの場所は27年前にルーザーズクラブがペニーワイズと対峙した廃墟。

マイクの言った通りに儀式を行ったはずなのに、儀式は失敗し、ますます強大になるペニーワイズの襲撃される過程でリッチーを守ってエディが命を落としてしまう。

エディを殺された怒りでルーザーズクラブのメンバーたちから怯えが減ると、ペニーワイズの方が怯み始めていき、自分たちの恐怖心がペニーワイズを強大にすることに気づいた残された5人は口々にペニーワイズへの悪口雑言をぶつけていくと、どんどん小さくなり最後は心臓をえぐり出して潰すことにより、完全に勝利した。

その時に廃墟が崩れ落ちてきて、自分を守ったエディの亡骸を連れて行きたがったリッチーをビルとベンが引きずり出し、洞窟を抜け出した5人は27年ぶりに対峙した過去から日常へと戻っていった。

 

実はラブレターがビルではなくベンから来たと分かったべバリーは、暴力的な夫と別れてベンと二人で新たな一歩を踏み出すこととし、ペニーワイズを調べることを生きがいとしていたマイクは街を出る。

最後にスタンリーが自殺する前に書いた手紙がメンバーの元に届くが、恐怖のあまりペニーワイズと戦えないと悟ったスタンリーは自分が足を引っ張ることを想定し、自分が消えることでみんなの結束が高まることを期待しての行動であったことが明かされたのであった。

 

スポンサーリンク

「IT THE END(2019年続編2)」ネタバレ結末の考察

 

1作目である『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、少年たちが現在進行形で向き合っている恐怖を見つめて乗り越えて大人になっていくのがテーマとなっている作品でした。

 

それに対して、続編である本作は、少年時代のトラウマを時間が経つと忘れてしまうけれど、忘却は解決ではないということが示唆されているのではないでしょうか。

例えば父親に虐待されていたべバリーは逃げ出したはずなのに暴力的な夫と結婚してしまっていたり、ビルは心の奥底ではジョージーの死の罪悪感から吃音がなおらなかったり、ベンも成功しているのに初恋のべバリーのサインを持ち続けていたり。

 

本作ではデリーの街を出ると記憶がほとんど残っていないということで、街に残り司書となったマイクがみんなに知らせることでぼんやり思い出し、さらにはデリーの街へ戻ってくると記憶が蘇えり、思い出の品集めに奔走することがトラウマと直接向き合うことへとつながります。

またマイクの提出した解決方法は結局は解決とはならず、己の内なる恐怖心の克服こそが問題解決の手段であるということも、本作のテーマと言っていいのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

「IT THE END(2019年続編2)」ネタバレの所感

https://www.instagram.com/p/BxKs-1oFWi_/?utm_source=ig_web_copy_link

 

1作目はホラー映画史上No.1ヒットとなりましたが、やはりその要因としては「スタンドバイミー」+「グーニーズ」+怪談話という枠組みで、よくできたジュブナイル映画として見られたことにあったからだと思われます。

大人パートとなった本作もビル役のジェームズ・マカヴォイをはじめとしたキャストは一流揃い、友情の素晴らしさや、本作のテーマを過不足なく伝える丁寧な演出で原作者のスティーブン・キングもお気に召した一作とのこと。

ちなみにスティーブン・キングがカメオ出演した彼の原作の作品は当たらないと言われていたのですが、本作は順調にヒットを飛ばしており、一安心というところですね。

 

続編ですが、ルーザーズの面々の思い出の品集めのパートで、過去の振り返りを丁寧に映画内で行うので前作を見ていなくても問題なく見られます

その代わりと言っては何ですが、丁寧な作りな分、上映時間が169分と2時間50分あることも押さえておくといいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

IT THE ENDネタバレ(2019年続編2)!結末はグロ過ぎラスト?まとめ

2019年11月1日に公開されたばかりのITシリーズ2作目『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のネタバレありのストーリーをラストまでご紹介してきました。

 

続編ではありますが、丁寧な作りで本作IT THE END2だけ見ても理解できますし楽しめますが、せっかくの続編なので1作目のチェックしたいという方は2017年の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』もご覧になると、より思い入れが増すのではないでしょうか。

 

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、2019年11月1日からの公開で、まだまだ劇場でやっていますので、ネタバレを知りたくないという方は、ぜひ劇場へ足をお運びください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です