インフェルノ映画の結末ネタバレとあらすじ!ラストウイルスの陰謀は?

映画『インフェルノ』はダン・ブラウンによる同名小説の映画化で、世界的なベストセラーとなった『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』の続編です。

難解だと評判の原作に対して映画オリジナル結末が用意されており、たとえ原作が既読でネタバレあらすじを押さえていても、見るまでラストが分からない仕掛けとなっています。

今回は『インフェルノ』の気になるラストも含め、結末までのあらすじをネタバレなしでご紹介していきます!

スポンサーリンク

インフェルノ映画のあらすじ

まずは映画『インフェルノ』の公式のあらすじをチェックしていきましょう!

「今、このスイッチを押せば人類の半分が死ぬ。
しかし、押さなければ人類は100年後に滅びる。
全てはお前次第だ-」

天才宗教象徴学教授VS天才大富豪の生化学者

『ダ・ヴィンチ・コード』
『天使と悪魔』は
序章に過ぎなかった。

ラングドン教授に突き付けられた挑戦状、それは、アメリカの大富豪ゾブリストが、人口増加問題の過激な解決策として生み出したウィルス。
伝染病を利用した人口淘汰を目論むゾブリストが、詩人ダンテの叙事詩「神曲」<地獄篇インフェルノ>に隠した暗号コードとは?
人類を滅亡に導く陰謀を阻むため、ラングドンが挑む謎とは?

この謎が解けなければ、世界は“地獄”と化すーー。

引用:映画『インフェルノ』オフィシャルサイト https://bd-dvd.sonypictures.jp/inferno-movie/#!/story

トム・ハンクスが演じるお馴染みラングドン教授が異常に凝った謎に取り組むシリーズの3作目。

今度の舞台はフィレンツェで、1作目のパリ、2作目のバチカンに続き、美しいヨーロッパの古都で繰り広げられるミステリーアドベンチャーです。

謎解きの面白さもさることながら、今回もフィレンツェやイスタンブールの名所が盛りだくさんで登場しますので旅行気分も楽しめるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

インフェルノ映画の内容をネタバレ

それでは、映画『インフェルノ』のあらすじをネタバレでご紹介していきます!

幻覚と記憶喪失と殺し屋と

ハーバード大学の教授で宗教象徴学を専門とするロバート・ラングドン。

ボストンの大学にいたはずが、目が覚めるとそこはイタリアはフィレンツェの病室で、さらにここ数日の記憶も失っていた

やってきた女医のシエナ・ブルックス医師がラングドンの状況を確認しようと質問するが、思い出そうとする彼の脳裏には世界が地獄(インフェルノ)へと陥る悪夢のような幻覚がフラッシュバックするのみ。

そんなラングドンにシエナは頭部に負った怪我のせいで一時的に記憶喪失になったことを告げると、そこへ突然ラングドンを狙った警察官の服装をした暗殺者が現れ同室にいた男性医師を殺害。

ラングドンはシエナに連れられ、命からがらシエナの自宅アパートメントへ逃走したのであった。

謎の所持品

シエナは警察に通報しようとしたが、先ほどの暗殺者が警官の姿をしていたことからラングドンが止め、アメリカ領事館へ電話をすることをシエナに頼むとパソコンを借りてメールをチェック。

イニャツィオ・ブゾーニという知らない男から謎めいたメールが来ていたが、記憶がないラングドンにはさっぱり心当たりがなかった。

引き続き地獄のような幻覚に悩まされるラングドンにシエナは着替えを勧め、ラングドンはバスルームへ。

着替えを済ませたラングドンが出てくると、シエナがラングドンの所持品からこれを見つけたと、見覚えのない筒状のものを見せる。

シエナはこれは危険物を運ぶバイオチューブだと指摘、確かに側面にはバイオハザード(生物学的危害)のマークが刻み込まれ、さらに指紋認証が搭載されていた。

ラングドンは自分が関与しているかもと指紋を当ててみると、見事認証され、中から小型のプロジェクターが現れたのだった。

地獄の見取り図

プロジェクターから映し出されたのはダンテの神曲「地獄編」を元にイタリアの画家ボッティチェリが描いた「地獄の見取り図」にアルファベット、文章、人名が書き足されたものだった。

二人は書き記されていたバートランド・ゾブリストなる人物が関与していると考え、インターネットでゾブリストを検索すると、ゾブリストの動画を発見。

ゾブリストが地球上の人口爆発を大きな問題として訴え、また大胆な人口抑制の可能性を熱く語る過激思想を持つ大富豪かつ生物化学者であることを突き止める。

しかしながら、その過激思想ゆえに取り締まられ、追い込まれた末に3日前に投身自殺をはかっていた。

書き足されたアルファベットはアナグラムで、並べ替えるとイタリア語で「探し出せ」という意味となり、二人は地獄の見取り図に隠された謎を追うことにした。

誰も信用できない

身の危険を感じたラングドンはアメリカ領事館に電話するも、とっさに居場所をシエナのアパートから見えるホテルだと伝えたところ、程なくして先ほど病院でラングドンを襲ってきた暗殺者がそのホテルに現れる。

アメリカ領事館も信用できなくなったラングドンは、追っ手を巻きながらシエナと二人でゾブリストの残した地獄の見取り図の謎を解くために、フィレンツェのあちこちを周る。

フィレンツェにある世界遺産ヴェッキオ宮殿の五百人大広場にたどり着いた時、職員の一人からラングドンに「ダンテのデスマスクをまた見に来たの?」と声をかけられる。

デスマスクを再度見に行くと紛失しており、防犯カメラの映像からラングドンはダンテのデスマスクを謎のメールを送ってきたイニャツィオ・ブゾーニと共に盗み出していたことが発覚。

 呆気にとられる一堂だったが、セキュリティアラートが鳴り出すと、ラングドンはとっさに職員のカードを奪ってヴェッキオ宮殿内をシエナとともに逃げ出し、追ってきた暗殺者を返り討ちにする。

ゾブリストの野望

その暗殺者が所属していたのは、亡きゾブリストが死ぬ前に契約していた民間危機管理会社「大機構」。

CEOのハリー・シムズはゾブリストが公表するように依頼していたビデオを不審に思い、発表の前日に内容を確認したところあと約半日後に大量に人を死に至らしめるウイルスが世界に解き放たれることを知る。

またラングドンたちは同時にWHOからも追われていた。

実はWHOの女性事務局長エリザベス・シンスキーこそがゾブリストの野望を察知してラングドンに謎を解くよう依頼の上フィレンツェに連れてきた張本人であった。

まさかラングドンが記憶喪失になったとは思わず、ラングドンの突然の逃走に戸惑い必死で行く手を追いかけていたのだった。

ゾブリストの野望を知ったシムズは、エリザベスに協力を申し出て共同戦線を張ることとなる。

裏切り者は誰だ

逃げ出したラングドンとシエナにWHOの職員を名乗るブシャールという男が接触してくる。

ラングドンの記憶喪失の経緯やゾブリストの野望を語るブシャールを二人は信用し、次なる目的地へ三人で電車で向かうことにした。

WHOの事務局長エリザベスが黒幕であると匂わせるブシャールだが、ラングドンは記憶を少しずつ取り戻しており、今回の謎解きを依頼しに大学に来たのはエリザベスであることを思い出していた。

そんな話をするということは、ブシャールこそが裏切り者であると判断、シエナに合図をしてブシャールを出し抜いて目的地へ向かう。

着いてみるとラングドンは自分の推理が誤りで、本当の場所はトルコのイスタンブールにある博物館アヤソフィアであることに思い至る。

追ってきたブシャールに応対している中、シエナに正しい場所を伝え先行させ自分も追いかけようとすると、なんとシエナが裏切りラングドンは窮地に陥る。

なんとシエナはゾブリストの恋人であり、亡き恋人の野望を成就させようと一人ウイルスのありかへと向かうのであった。

スポンサーリンク

インフェルノ映画の結末ラストはどうなるかネタバレ!

それでは映画『インフェルノ』の結末までネタバレありで見ていきましょう、ラストはどうなる!?

「インフェルノ」の結末

 ブシャールに捕らわれ窮地に陥ったラングドンだったが、シムズがブシャールを仕留めて助かり、シムズ、エリザベスと合流する。

シムズによると大機構の協力を怪しんだラングドンにより協調が拒否され、仕方がなく記憶喪失の状況を作り出すために仕組んだ出来事で、最初に病室で殺された男性医師は死んでいないとのこと。

ラングドン、シムズ、エリザベスの三人はトルコへと向かい、ウイルスがあると思わしき地下貯水池へたどり着くが、折しもコンサートが開催中で大勢の人であふれていた。

捜索の甲斐あって透明ケースに入ったウイルスの場所を突き止めたエリザベスだったが、ラングドンの説得虚しく亡き恋人の意志を継いだシエナは遠隔リモコンでウイルスの起爆装置を作動させてしまう。

しかしながらWHOは近辺の電波を切っており、リモコンは作動しなかったため爆発は避けられた。

諦めきれないシエナはシムズと刺し違え、命をかけて手動で起爆装置にスイッチを入れるとウイルスのある水の中に飛び込んだが、ウイルスの入った透明のケースは破けず人類は救われた

その後、無事にWHOによってウイルスは回収され、デスマスクを返却するためにラングドンはフィレンツェに赴いたのであった。

スポンサーリンク

インフェルノ映画の結末ネタバレとあらすじ!ラストウイルスの陰謀は?まとめ

映画『インフェルノ』の結末ラストまでのあらすじをネタバレありで見てきました。

とにかく登場するところが、世界遺産クラスの有名な史跡、美術館、宮殿など観光ガイドとしても優れているのではないでしょうか。

人類の滅亡を企む悪人がなぜか主人公が解くためのヒントをいっぱい残したりするのですが、そこはエンターテインメント、謎解きのカタルシスと美しい街並みの両方を楽しめる親切設計ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA