ドラマ「HERO」感想は面白いorつまらない?面白くない派に魅力を紹介!

ドラマHERO感想面白い面白くない

平成ドラマのヒット作「HERO」は面白い作品との声が圧倒的に多い中、つまらない、面白くないという感想があるようです。

2001年放送のドラマ「HERO」は異色の検事・久利生公平を主人公にした超人気作品で知っている方も多いと思います。

ダウンジャケットにジーンズとおよそ検事らしからぬラフな服装で、はじめは驚いた方も多いのではないでしょうか。

木村拓哉さんが魅力的なだけでなく、ストーリーが爽快でとても面白いとの感想が多く、続編・映画にもなりましたね。

そんな魅力あふれるドラマ「HERO」の面白いポイントと、つまらない・面白くない派の意見も徹底調査しましたのでお伝えしていきます。

ドラマ「HERO」感想は面白い派が圧倒的に多い?


ドラマ「HERO」の感想は圧倒的に面白い派が多いのではないでしょうか。

では、面白い派の口コミをお伝えしていきますね。

面白い派の感想評価・口コミ

HERO何度観ても面白いキムタク作品の中で断トツに好き!

やっぱり面白いと思う。 キムタクはどのドラマでもキムタクとかケチつける人がいるけど、沢山の作品に出てそんな中でも「自分のキャラ」があるのってとても素晴らしいし感銘を受ける。 子どもの頃から大好きだけど今でもカッコいいよ!

久利生公平(キムタク)が検事として活躍するドラマで、私はこのドラマで「物事の正しさ」や「間違っている事は間違っていると認める素直さ」それらを学ばされたように思う

ドラマ色々みてるけど、HEROってよくできた面白いドラマなんだ。これを超えるドラマがあるのか。

ほうじ茶飲むと、ふと久利生さんと雨宮さんのお泊まり回を思いだしちゃう。それくらいHEROは傑作だと思っております。

面白い派の感想としては、とにかく木村拓哉さん推しにはたまらない作品だったことが分かりますね。

破天荒な久利生さんと、恋愛に興味の無いカタブツな雨宮さんなど、キャラクター設定も楽しめる要因でした。

 

木村拓哉さんがかっこいいだけでなく、ストーリーもとっても爽快でドラマ全体を通して楽しめる作品でしたね。

続編や、映画版が制作されましたが、まだまだ続きを期待してしまいます。

ドラマ「HERO」はここが面白い!その理由を紹介!


ドラマ「HERO」はどんなところが面白いのでしょうか。

その理由を3つ分けてご紹介していきます。

面白い理由① 異色の検事・久利生公平が魅力的すぎる

まず、元不良で中卒から大検を受けて検事になったという久利生のキャラ設定が目を引きますよね。

服装も茶色のダウンジャケットにジーンズで一見チャラいのに、実は正義感溢れる好青年というギャップ。

 

木村拓哉さんが演じる事で、とても魅力的な検事として映ったと思います。

面白い理由② 久利生と雨宮の掛け合いが気になる

通販好きの一面がありお茶目な久利生さんと真逆を行くような真面目な雨宮さん。

この二人は恋愛に発展してもうまく行きそうにないのですが、それでもなんだか期待してしまうところに目が離せない意見多数。

 

続編では二人がうまくいったようないかないような、微妙な感じのセリフがあり大変気になります。

面白い理由③ ストーリーがわかりやすい

検事という仕事が何なのか知らなくても、分かりやすくストーリーが作られている。

1つの事件を長々と掘り下げていくというわけではなく、毎回事件を解決(起訴・不起訴)していくので、難しい事が苦手な人も見やすい。

 

ただ、検事は滅多に現場へ行って捜査することはないそうで、そのあたりはドラマかな…と思ってしまいますね。

ドラマ「HERO」の感想につまらない・面白くないの声はある?


ドラマ「HERO」でつまらない・面白くないの感想はどんな内容なのでしょうか。

口コミを調査しましたのでご紹介します。

つまらない派の感想評価・口コミ

設定はギャグ、ストーリーはシリアスなんだけど、コミカルでどっちつかず感はある。

どんな役でもキムタクはキムタクでキャラクター分けできない。

キムタクと松さんのラブ要素が薄くて残念すぎる~

ダウンジャケットで法廷に立つ設定に無理がある。

つまらない派の感想は面白い派の方とは真逆で、木村拓哉さんのキャラクターに違和感があるという内容多数でした。

また、あまりストーリーそのものは難しくないので、本格的検事ものを期待していた人には少し物足りない感じがしたようですね。

ドラマ「HERO」の魅力は何?伝説の視聴率がでた理由とは?

ドラマ「HERO」魅力は何なのでしょうか。

伝説の視聴率がでた理由を考えてみましたのでご紹介します。

魅力① テンポの良いストーリー

1話ごとに事件を解決(起訴・不起訴)が基本スタイルなので、飽きずに見やすい。

魅力② キャストが魅力的

木村拓哉さん演じる主人公の久利生公平以外にも、松たか子さん演じる雨宮舞子、個性派俳優の八嶋智人さん、小日向文世さん、阿部寛さんの他、行きつけのバーのマスターで「あるよ」のセリフでで有名になった田中要次さんなどなど、多くの有名俳優が出演していて、どのシーンも楽しめます。

魅力③ 月9絶頂期で時代とマッチしていた

当時の月9枠は基本的に高視聴率をマークしていたところに、木村拓哉さん起用のいわゆるトレンディドラマとも違った内容が功を奏したと思います。

近年のヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が平均14.5%だったことを考えると「HERO」の34.3%は驚異的な数字な事が分かります。

 

そういう時代だった言うと簡単すぎるかも知れませんが、今後連続ドラマで30%越えはなかなか難しいかも知れませんね。

ドラマ「HERO」感想は面白いorつまらない?面白くない派に魅力を紹介!まとめ

ドラマ「HERO」感想は面白いのか、それともつまらないのか。

面白くない派の意見も確認しながら、ドラマ「HERO」の魅力についてお伝えしてきましたがいかがでしたか。

良くも悪くも木村拓哉さんというスター性のある方が主人公を演じているので、その点が気になるような意見も多くありました。

元々木村拓哉さん推しではない方も、このドラマで好きになった、久利生公平が見事にハマってる、など肯定的な見方に変わっているようにも感じました。

平成の大ヒットドラマとなった「HERO」は魅力的なキャストや、爽快なストーリーの他に当時のトレンドを多く抑えたことが多くのファンを生んだと思います。

検事という一般的に固い仕事と思われた職業を、ドラマの中とはいえ信念基づいて行動する久利生公平に憧れや共感を抱いたのではないでしょうか。

ドラマ「HERO」の面白さは視聴率がすべてを物語っていると思いますので、見ていない方には一見の価値ありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です