半沢直樹2で大和田常務は手を組むの?味方になるのか考察!

半沢直樹2大和田常務手を組む

半沢直樹2で半沢と大和田常務は手を組み味方になるのか1話終了後話題になっています!

私の見解では2人が仲間になる可能性が高いとみています。

こちらの記事では2人が今後手を組む可能性の考察やなぜ味方になりそうといわれているのか1話の意味深シーンを振り返りながらお伝えしていきます。

みんなで半沢と大和田常務の今後について予想合戦をしていきましょう!

▼1話の視聴率今季最高の20%越え!

半沢直樹を今すぐ無料で見る方はこちら>>>

半沢直樹2で大和田常務が手を組む・味方になると言われる理由は?

なぜ今回放送された、半沢直樹2で大和田常務が手を組むのでは?味方になるのでは?と言われているのでしょうか。

気になる第1話のシーンを読み解いていきます!

手を組む予感を感じる1話のシーンとは?

手を組む予感を感じるのは、1話のラストシーン。

東京中央銀行の取締役となった大和田常務は、自分がよくしていた部下の伊佐山が実は裏で副頭取の三笠と手を組んでいました。

1話のラストシーンでは、大和田常務が「半沢くんが、動き出しましたか」と一言。

まさかの半沢直樹と大和田常務が手を組むのではないか?と、視聴者に予感を感じさせています。

半沢直樹2で大和田常務が手を組む?味方になるのか考察


半沢直樹2の1話で、TwitterなどSNSでは大和田常務が味方になるのではないかと話題になっています。

Twitterでのみんなの声はどうなのでしょうか?

もしそんな展開になったら激熱すぎる!と、期待に胸が膨らむ視聴者が早くも続出。

7年間土下座をしていたとTwitterでも話題になった大和田常務と半沢直樹の関係性も見逃せませんね。

大和田常務は半沢直樹と手を組んで味方になるのか?

大和田常務は半沢直樹の味方になるのか、まだ1話の現時点では分かりません。

ドラマ『半沢直樹2』の原作小説2冊には大和田常務は出てこないのです。

要は、ドラマ独自のオリジナルの登場ということになります。

そのため、今後敵になるのか味方になるのかは完全なるオリジナルストーリー。

 

大和田常務が第1話序盤、大和田は中野渡から帝国航空の再建計画を練るよう命じられます。

そして「頭取には多大な恩赦を受けました。その御恩は一生忘れません。施されたら、施し返す。恩返しです。」との名言!

大和田常務のことなので含みもありそうですし、元々半沢は大和田に恨みを持っていたこともあるのでこれから2人の関係がどのようになっていくのか目が離せませんね。

敵or味方を考察!

私の個人的な意見としては、大和田常務は味方になると思います。

その理由は今回の半沢直樹が立ち向かう相手です。

シーズン1に比べ、今回半沢直樹が立ち向かうのは国家権力というあまりにも大きな壁。

そんな強大な壁を前にして、かつてより敵だった大和田が味方になるのであれば、これは胸熱展開不可避です!

半沢直樹での大和田常務の役どころとは?

半沢直樹をシーズン2から見始めた方のために大和田の役どころを簡単に説明します。

全キャスト相関図についてまとめた記事にもありますが大和田は半沢直樹の父を自殺に追い込んだ人物です。

派閥意識の強い大和田は自分を慕ってくれている部下でもどんどん切り捨てるような冷徹な顔を持ちます。


土下座シーンはあまりにも有名ですよね。

しかも、この土下座シーンは台本には「土下座をする」としか書かれておらず、朝5時まで撮影が巻いているにも関わらずなかなか大和田常務(香川照之)が土下座をせず周りにいたメンバーが半ばキレかかっていた中での土下座シーンだったという逸話付きです(笑)

あの大和田常務の足が自分のものではないような、そんな動きの土下座シーンはこれまでの日本のドラマの中でも忘れられない名シーンと言えますね。

半沢直樹2で大和田常務は手を組む?味方になるのかみんなの予想は?

これから半沢直樹2では大和田常務との関係はどのようになっていくのでしょうか?

Twitterでは色々な意見が出ています。

多くの半沢直樹ファンは、大和田常務と手を組むのでは!?と期待する声が多く聞かれました。

歌舞伎役者で私生活ではいとこ同士という悪役2人の素晴らしい演技もTwitterで顔芸と評され話題になっており、今後も注目したいですね。

第1話でこの盛り上がり、これからも目を離せませんね!!

半沢直樹2で大和田常務は手を組むの?味方になるのか考察!まとめ

半沢直樹2で大和田常務が味方になる可能性は高いと考察しました。

ドラマ半沢直樹は小説2冊が元ネタです。

その小説に登場しない大和田をどのような役柄で物語を進めていくのか楽しみで仕方ありませんね!

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です