ハケンの品格2の原作ネタバレ!ドラマと結末は違い結婚するか予想!

ドラマ「ハケンの品格2」続編の原作ネタバレが気になりませんか?

13年前に放送されたヒットドラマ「ハケンの品格」続編の結末は原作や前作と違うのか、予想なども知りたいですよね。

ここでは「ハケンの品格2」の原作やネタバレの有無を調査。

脚本家の傾向を探りつつ、ドラマの結末を前作と違うのかも含めて予想してみたいと思います!

ハケンの品格2続編に原作やネタバレはあるの?


「ハケンの品格2」続編に原作やネタバレはあるのでしょうか?

原作の有無をはじめ、コミカライズ化される可能性も探ってみました。

ハケンの品格に原作は無い

2007年に放送された「ハケンの品格」に原作はありませんでした。

続編である「ハケンの品格2」も同様で、原作はありません

脚本家・中園ミホによるオリジナルドラマとなっています。

コミカライズ化されている

2007年の「ハケンの品格」に原作はありませんでしたが、ドラマ終了後にコミカライズ化されました。

コミック版の主人公は、森美雪。篠原涼子が演じていたスーパー派遣社員・大前春子ではありません。

森美雪は、新米派遣社員として大前春子と同じ部署で働いていた女性です。

さらに東海林や里中といった大前春子と絡みの多かった人物の登場もなく、柳沢という男性が主任であるなど、ドラマとは違った設定で描かれています

続編もコミカライズ化の可能性

前作「ハケンの品格」がコミカライズ化されましたので、続編も同様となる可能性はあります。

ドラマの放送期間中や放送後に関連書籍が出版されるのは珍しいことではありません。

「ハケンの品格2」も原作がないですし、可能性は大いにあるでしょう。

ただし最近では人気コミックを実写化したドラマが多い中、逆パターンでコミカライズ化となると条件も厳しくなりそうです。

よってコミカライズ化の可能性は、ヒットドラマになった場合のみ出てくるものと思われます。

「ハケンの品格2」が視聴率の高い話題のドラマとなってくれることを祈りましょう 😀

ハケンの品格2続編の脚本家は中園ミホ


「ハケンの品格2」続編の脚本家は、中園ミホです。

原作がないドラマの結末予想には、脚本家の傾向を探る作業は欠かせませんね!

というわけで、中園ミホの脚本について調査してみました。

中園ミホが脚本を担当したドラマ

「ハケンの品格2」続編の脚本家・中園ミホが担当したドラマがこちらです。

  • Age35 恋しくて
  • やまとなでしこ
  • 花子とアン
  • Doctor-X 外科医 大門未知子
  • 西郷どん

有名なタイトルを紹介しましたが、他にも数多くあります。

また「ハケンの品格」では「放送文化基金賞」と「放送ウーマン賞2007」の二つの賞を受賞。

中園ミホは大ヒットドラマをいくつも担当してきた、有名な脚本家の一人です。

原作がなくても、内容には期待できそうですね!

脚本の特徴や結末の傾向

「ハケンの品格2」続編の脚本家・中園ミホの作品特徴や結末の傾向を探ってみました。

原作ありとオリジナル、両方の脚本でドラマを描いてきた中園ミホ。

彼女の脚本の結末には、ハッピーエンドの傾向がみられます

スッキリ感あり、感動ありで視聴者も号泣といったシーンは多数!

結末のその先をポジティブにイメージさせる作品が多いのも特徴です。

前作・ハケンの品格のポイントも確認

原作なしで制作された「ハケンの品格」。前作のポイントを確認していきましょう!

  • 当時の正社員と派遣社員の格差、主人公の派遣としての生き方などが描かれている。
  • 大前春子は時給3,000円の特Aランクのスーパー派遣社員。契約は自身の希望で三ヶ月のみ。依頼されても更新することはない。
  • 大前春子に派遣先の東海林(大泉洋)と里中(小泉孝太郎)の二人が好意をもつ。恋愛要素あり。
  • ラストは大前春子が左遷された東海林の元へ。左遷先で辛い思いをしている東海林を、あくまでも派遣の立場から助けようとする。

恋愛に関して、はっきりとした結末は描かれませんでしたが、明るい未来を想像させるラストでした。

「ハケンの品格2」続編では、東海林役の大泉洋、里中役の小泉孝太郎が続投します。

前作で主任だった里中は課長に昇進。さらに新しい人物も多く登場するため大前春子を中心とする人間関係がどうなるか」がポイントになってくるでしょう。

ハケンの品格2続編の結末は前作と違う?ドラマラストを大予想!


「ハケンの品格2」続編の結末は前作と違うのでしょうか?

原作ネタバレがありませんので、ドラマラストを大予想してみたいと思います。

予想①ドラマのラストで結婚!

「ハケンの品格2」結末予想の一つ目は「ラストで結婚」のパターン。

今回は続編として大前春子がテレビに再登場しますが、さらなる続編が制作される可能性は低いと思われます。

大前春子も定年になっちゃいますからね 😥

「ハケンの品格2」の結末は大前春子が結婚、仕事もプライベートもハッピーに!といったラストなら視聴者も安心ですよね。

予想②今回も結婚は無し

「ハケンの品格2」結末予想の二つ目は「今回も結婚は無し」のパターン。

スーパー派遣社員・大前春子は続編でもスーパーなのは間違いありません。三十以上あった資格も増えているかもしれませんね。

そんな大前春子は、やはり仕事のできるオンナ。結婚なんてしなくても生きていけます!

結婚するしないに関わらず、不器用ながらも大切な人は大事にするのが大前春子なのです。

結婚という枠に縛られず、自由に生きていく姿をみせてくれるでしょう

このパターンの結末は、わりと前作に近い感じですね。

予想③大前春子が社長に

「ハケンの品格2」結末予想の三つ目は前春子が派遣会社の社長に就任する」パターン。

スーパー派遣社員を育成すべく、大前春子が今までいた派遣会社の社長になっちゃうという 😀

少々スパルタな感じはあるものの、派遣社員としての実力と実績を活かし、ヘタレな新米派遣社員を次々とスーパー派遣社員へと変えていきます。

その成果は世界でも注目され、大前春子はスティーブジョブズなみの有名人に!

以上、続編である「ハケンの品格2」の結末を三つ予想してみました。

私は大前春子が世界の有名人になるパターンが一番面白いような気がします。

あなたはどんな結末を予想しますか?

ハケンの品格2ドラマのネタバレを紹介!

ハケンの品格2ドラマの実際の内容もネタバレありでご紹介していきます!

1話ネタバレ

13年ぶりに帰ってきた大前春子。スーパー派遣っぷりはあいかわらず!

春子はS&Fを去ってからスペインらしき外国で働いていました。

現地の人たちとも仲良くなっていた春子でしたが、急遽日本に呼び戻されまた派遣社員として働くことになるのでした。

以前春子とともに派遣社員として働いていた耕作はハケンライフで正社員として働いていました。

そこで仕事を紹介された春子はまたS&Fで働くことに。

S&Fは春子がいたころのような勢いはなくなってしまっていました。

里中と浅野

里中と浅野はそれぞれ課長と主任に昇進していましたが、以前のことをあの頃はよかったと思い出話にふけるのでした。

そこへやってきた春子を見て2人はびっくり。

春子不在の間、春子はS&Fにいたスーパー派遣で、すごい派遣社員がいたのだと語られていたのです。

里中たちは早速春子に覚えているかと話しかけに行きますが、春子は覚えていないときっぱり。

そして3か月自給分はしっかり働くので、と以前と変わらない口調でバリバリと働き始めるのでした。

部長宇野VS春子

部長の宇野は春子のことを話で聞いた程度でよく知らないので、第一印象が不愛想で最悪だったこともあり大丈夫なのかと不信感を抱いていました。

しかし春子の仕事のスピーディーさ、仕事の出来を見ていて彼女の能力の高さを認めます。

春子は船上での商談の際に春子にロシア語の通訳をするようにと言われるのでした。

ハケンとセクハラ問題

一方で春子の他にもいる女性の派遣社員が2人いて、派遣5年目になる亜紀は頭を悩ませていました。

亜紀は3か月の契約更新のたびにびくびくしてしまう派遣社員でした。

というのももうすぐ30歳になってしまうから、できる仕事も限られてくるからという理由からでした。

多少嫌なことがあってもセクハラまがいなことをされても我慢して、波風立たないように地味に働いていました。

一方で新卒の派遣社員として入ってきた小夏は20社の大手企業を受けたものの全部落ちてしまい、派遣社員として働くことになったのです。

小夏は何かと亜紀のことを気にかけており、彼女がセクハラまがいなことをされていることにも気づいていました。

小夏はそんな現場をこの間見たのだと本人に言いに行きますが、余計なことを言わないようにと強く言う亜紀。

しかし黙ってはおれず、小夏は耕作にそのことを電話で相談していました。

しかし耕作は亜紀本人が特に何も言ってきていないからフォローできないと言います。

小夏は苛立ちながら電話を切るのでした。

一方里中は仕事終わりに浅野と飲みに行っていました。

東海林と春子の思い出

そこで別の会社で働いている東海林と出会い、S&Fに春子が戻ってきたのだと伝える里中。

長い間春子に会っていなかった東海林は、春子のことを「とっくり」と呼んでいたことも忘れかけていました。

長い間一緒に飲んでいた里中と東海林でしたが、帰り道で春子にいきなり告白していた昔話を語ります。

あれから東海林はバツイチになっており、里中はどういう訳かいまだに独り身でした。

帰り道で春子に会うことになった2人。

春子はなぜか七輪を持っていて、バスに乗って行ってしまいました。

船上で商談の日、春子は通訳として同席していました。

上司たちは春子の通訳があるからスムーズに商談が進んでいるように見えましたが、春子は言わなくていい余計なことまで外国語で言ってしまっていました。

会社で監禁?

一方で亜紀と小夏はピンチに陥っていました。

小夏があれから匿名でセクハラをされていることを言ったところ、軟禁されてしまったのです。

亜紀は余計なことをするなと言ったのにと怒りますが、後の祭りでした。

小夏はトイレに行くと言って里中に助けの電話をかけますが、途中で連れ出されてしまいます。

しかし通話モードのままになっていたので、悪事が働いていることは筒抜けになってしまっていました。

それを聞いていた里中と春子。

春子は壁を壊して2人を助けに行き、この件は一件落着となります。

亜紀はクビになることを恐れていましたが、里中はそんなことはさせないと安心させるのでした。

春子の活躍

春子は船が動かないことに不満を言う商談客のために船を動かし、食事が食べたりないと言えば港まで連れていきます。

そこでこの間持っていた七輪で干物を焼いて食べさせ、満足させるのでした。

商談は大成功となりましたが、春子はこのままではこの会社はだめになってしまうと里中と東海林に言います。

そして東海林を見て「くるくるパーマ」と言い放つのでした。

ハケンの品格2の1話ネタバレまとめ

  • 春子は船乗りの免許も持っていた。
  • 里中はいまだ独り身、東海林はいつの間にかバツイチに。
  • S&Fは以前春子が派遣社員として働いていたときほどの勢いがなくなっていた。
  • 以前春子と一緒に派遣社員として働いていた耕作はハケンライフの正社員に。
  • 春子は里中たちのことを覚えていないと言うものの、東海林には「くるくるパーマ」と言い放つ。

まとめ・ハケンの品格2続編の原作ネタバレについて

「ハケンの品格2」続編の原作ネタバレと、結末まで予想しご紹介しました。

「ハケンの品格2」は、脚本家の中園ミホによるオリジナルドラマでしたね。

さらに中園ミホの脚本の傾向から、ハッピーエンドの結末を予想。三パターンをご紹介しました。

ラストは前作と違う?それとも同じ?

実際にはどんな結末が待っているのか、最後までドラマを見守りたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です