エヴァンゲリオン序感想はつまらない?アニメと一緒で見る必要なしの評価?

エヴァンゲリオン序感想つまらない

エヴァンゲリオン序、新劇場版第一作目にして大成功を収めた映画ですがその感想はつまらない、アニメと一緒などかなりキツイ評価を下す人や、見る必要なしと断言されている人もいる作品です。

しかし同時に絶賛の声も多く、何度も繰り返し視聴されている人もいます。

では、エヴァンゲリオン序のどのあたりが評価され、どこがつまらないのか、皆さんの感想などをまとめながら紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン序」感想はつまらない?面白くない派の口コミ

・アニメと内容が同じ

・その後の展開が読めるので退屈

・アスカがいないとか見る価値がない

面白くない、つまらないという感想を持つ人の意見をまとめてみました。

基本的に原作アニメシリーズをしっかり見た人からの意見が多いようでアニメと物語の構成が同じ、先の展開を知っているから面白くないと感じている人が多いようです。

 

また、エヴァンゲリオンの二大ヒロイン、アスカが登場しないなどラブコメ展開を期待していた視聴者からの落胆の声も大きく、見る価値がないとまで言われる理由には男性ファンの目に見えない心理も大きく作用したようです。

では、エヴァンゲリオン序とアニメの違いと共通点についてまとめてみます。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン序」つまらないのはアニメと違いがないから?

エヴァンゲリオン序がつまらないといわれる最大の理由はアニメと違いがないからだといわれていますが、具体的にどこが同じなのかまとめてみます

碇シンジをはじめとするキャラクターの立ち位置、初号機や綾波レイとの出会い、襲来する使徒の順番と倒し方、父ゲンドウとの確執、そして初号機の暴走と物語の核となる部分は非常に似ています。

 

また、当然の事ながらキャラクターや初号機などのビジュアル面でも大きな変更なく、監督の庵野秀明が製作時に語ったリビルド(再構築)を強く意識した結果だと思われます。

「エヴァンゲリオン序」アニメとの違いはココ!

エヴァンゲリオン序とアニメは似ている部分もありますが、明確な違いも多数あります

その中で特に重要となってくるのが物語終盤で登場する渚カヲルの存在細部のキャラ設定変更です。

例えば使徒がアニメでは18体おり、最初に来襲する使徒が第3使徒ですがエヴァンゲリオン序では全部で13体、最初に来襲するのは第4使徒です。

また、海の色が原作アニメと違い、紅い事から前作劇場版でのサードインパクト後の世界を意識して作られており、世界観そのものが似て異なる事だとわかります。

 

さらに序を評価する上で最も欠かせないのがヤシマ作戦です。

原作ではシンジとレイの絆を描いた物語として完結していますが、本作ではNERVスタッフやシンジのクラスメートなどにもスポットライトがあたり、人類全体の作戦という意識がすごく強く描かれていました。

 

そして最後にミサトがリリスの存在を最初から知っている点です。

原作では復讐の為にNERVに入ったミサトが何故リリスの存在を知りながらもNERVに在籍するのか、今後物語を大きく歪めていくことを示しています。

つまり、エヴァンゲリオン序とはアニメと似ている部分もありますが、あくまで似ているだけで異なる物語なのです。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン序」感想が面白い派の評価・口コミ

・ヤシマ作戦が最高すぎる

・序破Qと連続で見ると面白さが倍増する

・見れば見るほど考察案件が増えて面白い

 

エヴァンゲリオン序はつまらないという評価が多い一方、最高、面白いという感想も非常に多いです。

 

新事実の考察などマニアックなファンの意見もありますが、エヴァが使徒と豪快に戦うシーン、そしてクライマックスのヤシマ作戦など戦闘シーンでの画質の向上が特に評価されているように感じます。

また、続編との連続視聴や複数回視聴する事を勧める評価も多く、比較、あるいは重複する事で画質の素晴らしさがわかるなど絶賛の声が多数上がっているので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン序」感想は画質に賞賛の声?

他にも細部に渡る進化の過程を絶賛する声が多数。

中でも終盤での第6使徒の動きやエヴァ初号機が出撃するシーン、そして日本中の電力を砲身に込め狙撃する決戦のシーンは何度も見返す人が多数でたようです。

エヴァンゲリオン序で培った技術は続編の破やQは勿論、同じ監督作品、シン・ゴジラなどでも活かされており、その技術力はどの映画でも高く評価されております。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン序」感想は見る必要ないは本当?

https://www.instagram.com/p/BfFY6HsAmM6/?utm_source=ig_web_copy_link

エヴァンゲリオン序の感想をまとめましたが、見る必要があるかないかはかなり個人的な趣味に偏ると思います。

極端な話、話題についていくために最低限内容だけ知っておきたいのであればアニメだけ見ても大丈夫です。

しかし、その後の破、Qとみていくにはやはり前提として序を見た方がよいと感じます。

つまり、周りに合わせたいだけならアニメの1話から6話視聴で十分ですが、趣味としてアニメ鑑賞をするのなら見るべきだと思います。

内容が同じという方も多いですが、進化した映像や時代に合わせた世界観や人物像の描き方の変化をしっかり体感できれば全く別の作品として楽しむことができるからです。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオン序感想はつまらない?アニメと一緒で見る必要なしの評価?まとめ

エヴァンゲリオン序の感想はつまらないか、そうじゃないか。そして内容がアニメと一緒で見る必要があるのかについてまとめます。

主観により考え方は変わりますが、興味があるのならきっと見て後悔する事はないと考えます。

中にはつまらないと感想をいう人や見る必要はないと評価する人もいますが、大切なのは見た時、自分がどう感じるかではないでしょうか。

エヴァンゲリオン序は映像美や内容だけでも十分エンターテイメント作品として面白いので、今回で興味が沸いた方は是非一度手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA