エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?

エヴァンゲリオン破あらすじネタバレ

エヴァンゲリオン破のあらすじをネタバレしながらアスカの死亡とサードインパクトについてまとめていきます。

エヴァンゲリオン破といえばエンターテイメント性が強く、映画上映時、序の倍の興行収入を叩き出したことで有名ですね。

また、新キャラマリの登場をはじめ、サードインパクトや使徒の大幅変更、そしてアスカの設定まで大きく変化した事でも驚愕した作品です。

そんなエヴァンゲリオン破のあらすじをネタバレしながらラストまで紹介していきます。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン破」ネタバレなしのあらすじ

エヴァンゲリオン破のあらすじをネタバレなしでお送りします。

エヴァンゲリオンで戦う事を決意した碇シンジは大きな運命を託される。

次々と現れる使徒に対し、NERVはエヴァンゲリオン弐号機のパイロット、アスカと仮設5号機のパイロット、マリを第三新東京へ招集、エヴァと使徒の戦いはさらに激しくエスカレートしていく。

そして物語は原作を離れていき、サードインパクトへと近づいていく

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン破」ネタバレをラストシーンまで

エヴァンゲリオン破のネタバレあらすじをラストシーンまで紹介していきます。

まず、物語冒頭では序で強敵、第6使徒を倒したNERVでも、来日するアスカでもなく、新キャラ、マリにスポットライトが当たります。

プロローグ マリ対第3使徒

舞台は北極NERV基地、封印していた第3使徒が突如覚醒し基地内を大暴れするところから物語は始まります。

 

第3使徒は原作に登場しない独特の形をしていますが、新キャラ真希波・マリ・イラストリアス操る緑のエヴァ、仮設5号機が出撃し、暴走を食い止めようと奮戦、激戦の末、仮設5号機は大破してしまうものの見事第3使徒のコアを破壊し、撃退に成功します。

墓参りと弐号機参戦

舞台は再び日本に戻り、シンジと父、ゲンドウの墓参りから物語は始まります。

二人はシンジの母、綾波ユイの墓を参った後、ミサトと共に帰りますがそこで使徒が襲来します。

 

第7使徒は原作アニメに登場しない特殊な形状をした使徒ですが、来日した式波・アスカ・ラングレーの乗るエヴァ弐号機と壮絶な空中戦を行い、キックによりコアを砕かれ消滅。シンジはアスカと最悪の出会いをします。

 

その後、アスカはミサトの家に同居、シンジのクラスメイトになりますが、シンジに裸を見られるなど印象は最悪のまま、日常パートは続き、シンジは空から密入国してきたマリとも不思議な出会いをします。

 

しかし、平和はいつまでも続かず、第8使徒、原作では第10使徒サハクィエルが空から落下してきます。

ミサトの作戦によりシンジ、アスカ、レイの三人は協力して使徒を受け止め見事撃退し、パイロット同士の確かな絆が構築されます。

暴走するエヴァと第9使徒

エヴァのパイロット同士の絆が深まった頃、エヴァ4号機の消滅事件の煽りを受けてエヴァ3号機が日本で起動実験が行われることになり、アスカがテストパイロットを志願します。

原作ではシンジの親友、トウジが乗り、悲劇を生むのですが、破ではアスカが乗り込み、やはり起動実験中に第9使徒に乗っ取られてしまいます。

 

シンジは一人でエヴァ3号機と対峙、アスカが乗っていることを知ると戦闘を拒否しますが、ゲンドウの命令により初号機のダミーシステムが起動。

シンジを乗せたまま初号機は第9使徒もろともエヴァ3号機も徹底的に破壊、アスカが乗るエントリープラグまで砕いてしまいます

 

そしてアスカ死亡を目の前で見たシンジはエヴァに乗ることを辞め、NERVを去ることを決意します。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン破」結末ラストをネタバレ

初号機の攻撃で生死を彷徨ったアスカですが人知れず生存、しかし、精神汚染がひどくエヴァに乗れる状態では無いためシンジ達とは合わせず隔離されてしまいます。

 

そんな事を知らないシンジはアスカの死に絶望し、ミサトの家を出ますがそこで新たなる使徒、第10使徒が現れます。第10使徒は最強の使徒ゼルエルとよく似た容姿をしており、無敵の力を発揮します。

 

アスカの代わりに弐号機に乗ったマリも奥の手のビーストモードを発動させるも敗北。

N2地雷で攻撃しようとしたレイの乗る零号機も第10使徒を倒すどころか捕食されてしまいます。

 

まるでアニメ版のゼルエル戦のような壮絶な展開が続く中、レイを救う為立ち上がったシンジは初号機に乗り、人の形に姿を変えた第10使徒を攻撃、覚醒した姿で使徒を圧倒、消滅させ無事レイの救出に成功します。

 

ですが、エヴァ初号機の覚醒はサードインパクトの引き金だったようで初号機は神のような姿へと変貌して、シンジとレイを飲み込んでいきます。

このままサードインパクトで物語は終わるのかと思ったその時、月から新たなるエヴァに乗った渚カヲルが現れ、槍で初号機のコアを攻撃、サードインパクトを防いだ事でラストを迎えます。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン破」アスカは死亡したのかネタバレ

エヴァ3号機といえば原作トウジは重症を負い、マンガ版では死亡と縁起の悪い機体ですが、テストパイロットとして乗り込んだアスカも初号機のダミーシステムによって全身を引きちぎられ精神崩壊を起こす程のダメージを負います。

しかし、破のラストに流れるQの予告特典でも片目に眼帯をつけたアスカが元気そうに叫んでいる事から死亡はしていません。

しかし、アスカが重症を負った後、シンジは一度もアスカと会えていなかった為、死を強く意識してしまったのではないかと思います。

また、エヴァンゲリオンQで発したアスカの発言からアスカはすでに人ではなく別の生物になっている事がわかっているので、アスカ生存の理由はこのアスカの身体に起こった変化が大きく関係しているとも考えられます。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオン破ネタバレあらすじ!アスカ死亡でサードインパクト?まとめ

エヴァンゲリオン破のネタバレあらすじですが、アスカ死亡はあくまでシンジの視点からだけで無事生存、サードインパクトも無事防ぐことができました。

しかし、続編Qではサードインパクトこそ防げたもののその被害がかなり大きかった事が判明しています。

また、アスカが死亡しなかった理由に関してはチルドレンという事が大きく関わってくるようなので今後上映されるシン・エヴァンゲリオン:ⅱで真実が語られるかもしれませんね。

エヴァンゲリオン破はこれ単体でもかなり楽しめる作品となっているので新作の前に一度見直してみるのも良いのではないでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA