エヴァンゲリオン破の感想はシンジかっこいい!面白い声の理由とは?

エヴァンゲリオン破感想

エヴァンゲリオン破の感想にシンジかっこいいという言葉をよく聞きます。また、面白い、過去最高作など高い評価を受けています。

エヴァンゲリオン破といえばこれまでのエヴァンゲリオンとは違いエンターテイメント性をかなり重視され、初めて見た人でも面白いという感想や評価が自然と出る作風から、多くの新規ファンの獲得に成功した作品です。

しかし、常に気弱で内気なシンジがシンジかっこいいとまでいわれた理由について検証していきます。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン破」感想はシンジかっこいい!綾波レイへの対応が最高?

エヴァンゲリオン破のシンジかっこいいという感想ですが、特にレイへの対応は優しさも相まってか個人的には坂口健太郎並のイケメンに見えました。

 

特にコメントにもあるようにゼルエルによく似た第10使徒との戦闘では、アニメ版とは違い、明確にレイを救う為という目標を持ち、必死に戦います。

そしてアニメ版では初号機の暴走によってS2期間を取り込むのですが、エヴァンゲリオン破ではシンジ自身の力により初号機は覚醒、進化します。

 

さらに、使徒に取り込まれ、諦めのように「私が消えても代わりがいる」というレイの言葉に対し「綾波は綾波しかいない」「だから助ける」と力強く励まし、使徒から無理やり助け出す姿はまさにヒーローそのものでした。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン破」感想は面白い!戦闘シーンが人気?

マリは弐号機より仮設5号機の方が最高だった

三人で協力して戦うシーンがたまらなかった

シンジだけじゃなくアスカやレイも成長していてすごくいい

 

エヴァンゲリオン破ではシンジのカッコいいシーンだけでなく、戦闘シーンでも多くの評価を得ています。

また、戦闘シーンを評価している人の中には女性や普段アニメをあまり見ない人もいるようで、真の意味で万人受けする映像追求に成功したようです。

では、その中でも特に評価の高かったシーンを紹介していきます。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン破」感想の面白いシーンベスト3を紹介

エヴァンゲリオン破ではシンジかっこいいの他にも、戦闘シーンが最高だった。キャラの成長が見られてよかった、新キャラマリがいいなど様々な高評価の感想があります。

しかも、全編にわたり様々な視点から評価されているので、本当に面白かった所がどこなのか、少しわかりにくいところがあります。

そこで、独断と偏見、そして皆様の感想をまとめ、特に評価の高い面白いシーンベスト3を紹介していきます。

3位 エヴァンゲリオン仮設5号機とマリの鼻歌

まず3位ですが、新キャラマリと独特の多脚型エヴァンゲリオン仮設5号機です。

第3使徒との戦闘も含めとても鮮烈なシーンですが、中でも水前寺清子さんの名曲、365歩のマーチを口ずさんでいた事でとても話題になりましたね。

短い時間ですがマリというキャラ像がしっかりでていて新型エヴァもカッコよく、そしてなんといっても最高のバトルシーンも兼ね揃えた名シーンでした。

2位 エヴァンゲリオン3号機とアスカ

個人的にはシンジ、レイ、アスカの三人が協力して戦う第8使徒戦を押したいのですが、Twitterなどの人気を見るとやはりァンゲリオン3号機にアスカが乗った事はかなりインパクトがありました。

本来、シンジの親友トウジが乗り、シンジにトラウマを植え付けるシーンなのですが、本作ではアスカが乗った事により、シンジはより深く落ち込み、初号機に乗らなくなってしまいます。

 

この一連の流れをアスカの来日から友情を深め、レイと3人で戦うなどの後に行うからこそシンジの気持ちに寄り添え、多くの共感や感動を与えたのではないかと思います。

 

また、余談ではありますが、アスカの新コスチュームが可愛いという声も多く聞かれます。

3号機のテストパイロットに志願した理由がレイのシンジに対する気遣いを見てという人間的成長が見られた事も大きなポイントだったようで、このシーンにより多くのアスカファンができた事も事実です。

1位 第10使徒との決戦、そしてシンジ覚醒

1位はやはり第10使徒との決戦です。

アスカが戦えない為、代わりにマリが弐号機に乗り、ビーストモードを発動した事も人気の一つですが、やはりアスカを救えず絶望しながらもレイを救う為、再び初号機に乗り込む姿を見た多くの方が感動したようです。

 

俺には真似できない

あんな風に来てくれたら誰でも好きになる

映画館で思わず立ち上がりそうになった

 

などなどシンジの有志を見てかなり感情を揺さぶられたようで、しかも前回失敗した救出も初号機を覚醒させる事で見事成功させた事も良かったのではないでしょうか。

 

一つだけ残念な事があるとすれば、覚醒がサード・インパクトのきっかけとなってしまい、最後の最後に美味しい所を全部カヲルに持っていかれた所ですが、そのツメの甘さが逆にシンジらしいのかもしれません。

スポンサーリンク

「エヴァンゲリオン破」感想で挿入歌・翼をくださいの評価は?

世代によっては卒業式の歌う代名詞とも言われた「翼をください」ですが、最近ではエヴァンゲリオンの挿入歌というイメージが強く、エヴァンゲリオン破の為に作られたと思われている方も意外と多いようです。

 

また、この曲が流れるのが丁度初号機に乗ったシンジが綾波を助け、その後サードインパクトを起こそうとする所までというのもあって、この曲を聴くと涙が出る、色々と考えさせられる、トラウマになりそうなど曲への想いも様々です。

レイ救出までを思い出す人にとっては最高のラブソングに。

サードインパクト直前を思い出す人にとっては葬儀の般若心経や教会での懺悔の言葉に聞こえるようです。

 

しかし、エヴァンゲリオン破のBGMといえば「翼をください」といわれる程認識は強いようで、良くも悪くも強烈なインパクトを与えられた曲となりました。

スポンサーリンク

エヴァンゲリオン破の感想はシンジかっこいい!面白い声の理由とは?まとめ

エヴァンゲリオン破の感想や評価をまとめましたが、やはりレイを救ったシンジかっこいいは本物のようです。

また、シンジだけでなく、アスカやレイといったパイロット達の成長や白熱した戦闘シーンも面白いといわれる大きなポイントのようです。

そして挿入歌「翼をください」では様々な感情を揺り動かされたようなので、興味のある方、まだ見ていない方は一度エヴァンゲリオン破を改めて見るのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA