コンテイジョン映画のネタバレあらすじ!結末で判明する感染源は何?

コンテイジョン映画ネタバレ

映画、コンテイジョンのネタバレあらすじをまとめていきます。

映画、コンテイジョンといえば2011年にアメリカで制作されたスリラー映画で感染症と死に恐怖する人々を描いた事で有名ですね。

2020年、コロナウイルスの猛威を見て、現実逃避か対抗策考案の為か、このコンテイジョンが再び注目を浴びているのはご存知でしょうか

この映画でもウイルスは中国から持ち込まれ、世界中で猛威をふるうことになりますが、その結末や判明する感染源について、あらすじをまとめながらネタバレしていきます。

スポンサーリンク

映画「コンテイジョン」のあらすじ

映画コンテイジョンのあらすじをまとめていきます。

下記のあらすじは公式サイトに記載されているものです。

香港出張からアメリカに帰国したベスは体調を崩し、2日後に亡くなる。時を同じくして、香港で青年が、ロンドンでモデル、東京ではビジネスマンが突然倒れる。謎のウイルス感染が発生したのだ。新型ウイルスは、驚異的な速度で全世界に広がっていった。
米国疾病対策センター(CDC)は危険を承知で感染地区にドクターを送り込み、世界保健機関(WHO)はウイルスの起源を突き止めようとする。だが、ある過激なジャーナリストが、政府は事態の真相とワクチンを隠しているとブログで主張し、人々の恐怖を煽る。その恐怖はウイルスより急速に感染し、人々はパニックに陥り、社会は崩壊していく。国家が、医師が、そして家族を守るごく普通の人々が選んだ決断とは

https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=3292

あらすじだけ見ても感染症の危険性が伝わってきますが、この内容、実は2020年に猛威をふるったコロナウイルスと感染経路や世界への広がり方などが非常に似ていることがわかります。

現実でもこの映画のように早急に対応できれば良いのですが実際には国際問題や医療の限界、予算の都合など上手くいかないのかもしれませんが、映画程ウイルスが強力ではないのが救いですね。

また、あらすじだけでも壮大な絆や愛が描かれる事が伺えます。

スポンサーリンク

映画「コンテイジョン」の内容をネタバレ

View this post on Instagram

最近観たDVD。 『コンテイジョン(Contagion)』2011年。高い確率で死をもたらす感染症の脅威とパニックを描く。 時々なぜか観たくなる映画。ドラマチックな盛り上がりもなく淡々とした展開なので、万人にはおすすめ出来ないけどw 不安煽る音楽と半スッピンのグウィネス・パルトローが良い☺️ #StevenSoderbergh#Contagion#MarionCotillard#MattDamon#LaurenceFishburne#JudeLaw#GwynethPaltrow#KateWinslet#コンテイジョン #映画ポスター風#映画ポスター作ってみた#パニック映画 #洋画#movie#DVD#movies#movieposter #ポスターデザイン #film#films#cinema#movieinstagram#movieinsta#movieposterdesign

A post shared by vin (@vin5013) on

映画コンテイジョンの内容をネタバレしていきます。

悲しみの始まり

アンダーソン社に勤めるベスは香港帰りに元恋人、ジョンとの愛瀬を楽しみ、アメリカに住む夫と息子のいる家へと帰ります

しかし、その後ベスは高熱に苦しみ昏睡へと陥り、そのまま亡くなってしまいます

さらにジョンやベスの夫や息子まで次々と亡くなってしまい世界は徐々にですが狂い始めます。

アラン暗躍

この事件を知り動き出したジャーナリストのアランは伝染病について国を調べていく。

その頃、政府は医師や学者など識者を集め原因や感染経路、そして特効薬の作成に着手するも上手くいかず難航します。

そして政府はベスの遺体を解剖し脳が壊死している事実に気づく。

 

一方アランはネットに自身が感染者でありながら植物のレンギョウを摂取し続けた事で完治したと嘘の情報を流し大儲けに精を出し、このアランの情報に世界は踊らされ、より混沌へと陥っていきます。

解明した事実と混沌する世界

識者たちの懸命な努力により感染源は香港、飛沫感染で伝染る事が判明しました。

しかし、投資家と組んで詐欺を働くアランのせいで人々はレンギョウを買い漁り、争いに満ち溢れます。

ワクチンの開発にも成功しますが、進化するウイルスの前にはその役目を十分に発揮できずにいます。

そんな時、自分の体にワクチンを打ち込む女性医師が開発したワクチンが特効薬であると判明。

すぐに世界はこのワクチンの量産に着手し、世界の人々は徐々に混乱から平和を取り戻していきます。

残念ながら2600万人という途方もない犠牲者を出しながら。

スポンサーリンク

映画「コンテイジョン」の結末最後(ラストシーン)はどうなる?

映画、コンテイジョンの結末やアランのその後、そして気になる感染源は何だったのかをネタバレしながらまとめていきます。

コンテイジョンの結末

世界が平和を取り戻したことでアランは詐欺容疑で逮捕されてしまいます。

しかし、アランは偽情報を流し続けた事で得た莫大な財産を使い無罪を勝ち取ります

さらにアランを信じる人々はいつまでも信じ続け、アランは悠々自適な生活まで獲得してしまうのです。

つまり、ウイルスの脅威こそ消えたものの、悪い人は元気に残るのです。

コンテイジョン感染源は何だったのかネタバレ

コンテイジョンの結末では感染源について語られていませんが、エピローグでその原因が描かれているのでネタバレしていきます。

香港で感染したベスの働くアンダーソン社はバナナの栽培をしていました。

これだけだとなんの変哲もありませんが、バナナの栽培場所を根城にしていたコウモリがバナナを食べ、そのコウモリが豚の小屋に糞をし、それを豚が食べてしまいます。

そう、このコウモリの糞を食べた豚こそが感染源でした。

その後、豚は香港に出荷され調理場で料理されますが、ベスは料理人との面会を申し出て豚を調理していた料理人はあろうことか手を洗わずベスと面会を行い、握手してしまい、これが最初の感染となってしまいます

コンテイジョンは現在U-NEXTの無料トライアルでタダで視聴可能です。

まだ見たことない方は公式サービスで安全にご視聴ください。

\無料で見れるのはU-NEXTだけ/
コンテイジョン動画2

今すぐ無料トライアル
U-NEXTでコンテイジョンを
無料視聴する>

↑その他、話題の洋画も配信中↑

スポンサーリンク

コンテイジョン映画のネタバレあらすじ!結末で判明する感染源は何?まとめ

コンテイジョン映画のネタバレあらすじをまとめていきましたが、最後は詐欺を働いたアランが元気に過ごすというなんとも後味の悪い結末を迎えました。

また、コウモリの糞を食べた豚が感染源という実際に起こり得る感染源には深く考えさせられるものがあります。

映画コンテイジョンはただのパニック映画ではなく、世界の危機を警告する隠れた名作なのだと思います。

まだ見ていない方や興味を持った方は一度視聴してみるのもよいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です