シンデレラ実写版の結末ラストは童話と同じ?あらすじネタバレを紹介!

『シンデレラ実写版』は2015年に公開されたディズニー映画、基となった童話はもちろん1950年のディズニー版アニメーションもとても有名ですね。

不遇な女の子がふとしたきっかけで成功をつかむ話を「シンデレラストーリー」と表現するくらい、ネタバレも何も、結末ラストまでのあらすじは皆さんご存知かと思います。

しかしながら『シンデレラ実写版』は近年のディズニーらしく、自立したヒロイン像、また悪役側の事情を掘り下げる描写などでストーリーに深みを持たせています。

ハッピーエンドが約束されている本作ですが、気になる途中の紆余曲折を含み結末ラストまでのネタバレあらすじを見ていきましょう!

スポンサーリンク

映画「シンデレラ実写版」のあらすじ

それでは「シンデレラ実写版」公式の予告編とあらすじを見ていきましょう!

貿易商の父と優しく美しい母の愛情を一身にうけ、幸せな子ども時代を過ごしていたエラ。しかし、母が病に倒れこの世を去り、仕事で長旅が多い父は、エラをひとりで家に残すことを忍びなく思い、新たな妻を迎え入れるが、旅先で父までもが帰らぬ人となってしまう。すると、まま母と姉たちはエラに辛くあたるようになり、山のような仕事を言いつけ、屋根裏に住まわせ、召使のような扱いをするように…。寒さに耐えられない夜、ぬくもりの残る居間の暖炉の前で眠ったエラ。翌朝、顔に暖炉の灰をつけたまま働くエラを、姉妹は“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼び、大笑いする。
残酷な仕打ちに耐え続けたエラだったが、涙を抑えきれず家を飛び出してしまう。森に馬を走らせたエラに、城で働いているという“キット”と名乗る青年が声をかけてくる。彼と話すうちに自然とエラは笑顔を取り戻していた。彼は「また会おう」と言い残し、城へ帰っていった。

ある日、城で王子の妃選びの為に国中の未婚の女性を招いての盛大な舞踏会が開かれることに。
エラは「キットに会えるかもしれない」と考え、亡き母のドレスを着て参加しようとするが、まま母と姉たちにドレスを引きちぎられてしまう。希望を失いかけていたエラの前に、フェアリー・ゴッドマザーが現れる。
彼女が魔法の杖を振ると、カボチャは馬車に、トカゲは御者に、破れたドレスは美しいドレスに、そして、履きなれた靴は、光り輝くガラスの靴に変わった。
「魔法が続くのは12時まで。さあ、楽しんでおいで」。エラはキットに会うために、お城に向かうのだった。

引用:ディズニー公式サイト https://www.disney.co.jp/movie/cinderella/about.html

アニメ版ではヒロインの名前そのものが「シンデレラ」でしたが、本作では童話の設定である「灰かぶり=シンデレラ」を採用し、エラという名前になっています。

また予告編を見るとアニメ版では意地悪な顔をしていた継母が美魔女に、そしてマントを着たおばあさんだったフェアリーゴッドマザーが、こちらも文字通り美魔女になっており、設定やビジュアルでアニメ版との違いを出していますね!

ではここから、ストーリーを順に追いかけていきましょう!

スポンサーリンク

映画「シンデレラ実写版」の内容をネタバレ

それではここから結末の手前までネタバレありで内容をご紹介します。

View this post on Instagram

Cate Blanchett is The Wicked Stepmother. #Cinderella

A post shared by Cinderella (@disneycinderella) on

幸福な子供時代

昔々あるところに裕福で愛し合う夫婦の元に一人の女の子が生まれ、エラと名付けられた。

エラは美しい郊外の屋敷で両親から溺愛されすくすく育つが、母親がどんなときも勇気を優しさを忘れずにと言い残して急逝

父親はエラのために母親がいた方がいいのではと考え、二人の娘を持つ洗練された美しさを持つ未亡人と再婚するが、今度は父親が仕事で出かけた旅先にて客死。

継母と義姉たちの浪費により財産はみるみる減り、元から家にいた召使たちは全員解雇されてしまう。

そして継母のことを「奥様」と呼ぶように強いられ、屋根裏部屋に追いやられ、エラは召使のような待遇へと追いやられていった

View this post on Instagram

Love at first sight. #Cinderella

A post shared by Cinderella (@disneycinderella) on

森で運命の出会い

家中の家事を一人でこなすエラを召使として扱い、食事の同席も許さない継母たち。

ある日寒さのあまり屋根裏部屋では眠れず居間の暖炉の残り火で温もりを感じて寝ついたところ、朝起きたら暖炉の灰で顔が灰まみれに。

それを目撃した義姉たちから「汚いエラ」「灰まみれのエラ(シンデレラ)!」と囃し立てられたエラ。

それまで亡き母の遺言に従い、ひたむきに毎日を過ごしていたが、とうとう心が折れ泣きながら馬で屋敷を飛び出して森へと向かう。

森で鹿狩りをしていたキットという若者と偶然出会い声をかけられるが、心優しいエラは狩りの獲物を逃がすように訴え、やりとりを通じて二人は互いに惹かれあっていく

エラを警戒させないように城勤めの青年だと伝えたキットの正体は王子。

城に戻り病に伏せる父王から早く結婚するよう急かされた王子は、エラのことが忘れられず、貴族だけでなく国中の未婚女性を招いた大舞踏会を開催することにあいなった。

フェアリーゴッドマザー現る

舞踏会開催のおふれを聞いたエラはお城での舞踏会ならばキットとの再会もできるのではないかと胸を躍らせる。

当然、継母と義姉たちも大張り切りで準備、エラに大量の仕事を押し付けた上に、エラが用意した亡き母のドレスをこき下ろし、あまつさえドレスを破って舞踏会への参加を阻止する。

あまりのことに亡き両親との思い出の温室で泣きくれていると、老婆が現れ飲み物を所望すると心優しいエラはミルクを差し出すが、悲しみは隠せない。

フェアリーゴッドマザーについて老婆が触れるが、悲観的になったエラは子供の頃の話だと返答、しかし老婆が杖を一振りすると光に包まれた美しいフェアリーゴッドマザーが現れた

「ビビデバビデブー!」の呪文で、かぼちゃの馬車、ネズミたちは白馬、トカゲは従者、ガチョウを御者に変えて、破かれたエラのドレスは美しいブルーのドレスに。

仕上げにガラスの靴に履き替え、「12時には魔法がとける」という忠告とともに舞踏会が開催されているお城へと送り出されたのであった。

舞踏会での劇的な再会

舞踏会では王子はいつエラが現れるかで他の女性たちのことは気もそぞろ。

そこへ到着したエラ、王子の姿をしたキットに迎えられ驚くと同時にキットの正体を知る。

ダンスに誘われたエラは舞踏会の場で王子と踊り、また離れがたい二人は広間を離れて王子の秘密の庭へと向かい、お互いの思いを再確認する。

王子が意を決してエラにプロポーズしようとしたまさにその時12時の鐘が鳴り響き、大慌てでエラは城を後にする。

王子の手元に残されたのはエラの履いていたガラスの靴の片方、また魔法が解けたエラの手元にもやはりもう片方のガラスの靴が残されていた。

エラは幸せな思い出の記念として、ガラスの靴を屋根裏部屋に大事にしまうのであった。

スポンサーリンク

映画「シンデレラ実写版」の結末をネタバレ!童話と同じラストシーンなの?

それではラストシーンがどうなるか、気になりますね。

View this post on Instagram

Ready for anything, as long as it’s with you. #Cinderella

A post shared by Cinderella (@disneycinderella) on

「シンデレラ実写版」の結末

舞踏会の翌日、王の容態が悪化し「愛する人と結ばれるように」と王子に遺言を残して死去。

王子は父の遺言に従い「ガラスの靴を持つ娘は名乗り出るよう」おふれを出す。

すでに舞踏会で王子と踊る謎の姫の正体をエラだと確信していた継母は、屋根裏部屋でガラスの靴を探し出しており、エラの目の前で粉々に割ってしまう。

エラを諦めきれない王子は城の兵士に変装し、自ら市井に探しに出るが政略結婚をさせたい家臣の奸計もありなかなかエラを見つけられない。

なんとか郊外のエラの住む屋敷までたどり着いた王子だったが、娘は義姉たち二人だけと言われ諦めて帰ろうとしたところに、美しい歌声が微かに聞こえてきた。

その声でエラの存在を確信した王子、エラを屋根裏部屋から探し出す。

粗末ななりをしたエラは「自分は何も持っていないが、それでも私を選んでくれるのか?」と問うが、王子は「貴方が誰であろうと愛している」と答えてガラスの靴を差し出す

もちろん誂えたようにガラスの靴はエラの足にぴったりであった。

城に向かう馬車の中で同乗した義姉たちはこれまでエラにしてきた仕打ちを謝罪、寛容なエラは謝罪を受け入れ、許しを与える。

王子とエラは国を挙げての祝福の中、盛大な結婚式を行い国王と王妃となった

幸せの立役者であるフェアリーゴッドマザーによる「二人は公平で優しい君主となった。大切なことは勇気と優しさと信じること、あとは少しの魔法も」という言葉で物語は終わる。

スポンサーリンク

シンデレラ実写版の結末ラストは童話と同じ?あらすじネタバレを紹介!まとめ

シンデレラ実写版の結末ラストまでのネタバレあらすじを見てきました。

大まかなあらすじは童話とも同じですが、グリム童話ではラストにひどい目に合わせた義姉たちが鳩に目を突かれて全盲になるという勧善懲悪な構造を持つのと比較すると、謝罪から許しがあるなどニュアンスに相当違いがあります。

またアニメ版と比べても、結末近くにガラスの靴が継母によって粉々にされてしまうところ、王子自らがガラスの靴を履かせるなど、よりドラマチックに仕上がっていますね。

前向きなヒロインにより新たな魅力が加わった「シンデレラ実写版」、未見の方は機会があったらぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です