ぼんごおにぎりの握り方は?レシピやお米の炊き方のポイントも紹介!

ぼんごおにぎり握り方

おにぎり専門店「ぼんご」の美味しいおにぎりの握り方のポイントは何でしょうか?

口の中でふわっとほどけるおにぎりは大人気で行列が絶えません。

そんなぼんごのようなおにぎりが家でも作れる握り方にレシピ、お米の炊き方のポイントを調査しまとめました。

お気に入りの具材を入れてぜひ家でつくってみてください。

スポンサーリンク

「おにぎり専門店ぼんご」おにぎりの握り方ポイントは?

ぼんごのおにぎり握り方のポイント①3手以内で握る

一番のポイントは「3手以内で握る」ことです。

ぼんごのおにぎりはぎゅうぎゅう握らないで「優しく、軽く、3回押さえる」以上で終了。

これが美味しさのポイントなんですね。

この方法がふわっとした美味しいおにぎりの秘訣だそうです。

 

家で作る際の作り方を紹介します。

  1. 茶碗にラップをのせます
  2. 手にご飯がつかないよう塩水もしくは酢水を手につけます
  3. 1にご飯をいれ、具材が入るように真ん中をくぼませ具材をたっぷりいれます
  4. 3の半分のご飯を手に取ったら具材の上に押し付けないよう優しくのせます。
  5. ラップを絞って丸くします
  6. 手に塩をつけます
  7. ラップを外して3回優しく軽く押さえます
  8. 海苔をつけて形を整えます
  9. トッピングを上にのせたら完成です

 

ぼんごのおにぎり握り方のポイント②炊き上がってから少し冷ます

おにぎりを握るときにラップにごはんを広げ5分くらい冷ますとお米が冷めてきゅっと縮みます。

縮むことで空気が入るので食べたときに口の中でお米がほどける至福の食感が味わえます。

スポンサーリンク

「おにぎり専門店ぼんご」おにぎりの握り方の動画はある?

セブンルールで紹介されていたときの予告動画がありました。

一瞬ですがおにぎりを握っている様子がわかります。

実際に視聴しましたが専用の入れ物にごはんを4つほど並べその上の具をもさっと乗せる。

さらに上のごはんをのせて3回軽く包んだら海苔をつけて完成!

お客さんがワクワクした幸せそうな顔で握る様子を見ているのが印象的でした。

スポンサーリンク

「おにぎり専門店ぼんご」おにぎりでお米の炊き方のポイントは?

ぼんごのおにぎりお米の炊き方のポイントを次は見ていきましょう!

  1. 浸水時間は1~2時間
  2. 水分を少し少なめにする

おにぎりには柔らかいごはんより少し硬めのごはんが向いています。

少し硬めのごはんを使うことでお米がつぶれにくく1粒1粒を感じることができます。

しかし水分を減らすと炊きあがったときは美味しくても時間がたつとぱさつきやすくなります。

それを防ぐために浸水時間を長めにするとずっと美味しいごはんが炊き上がります!

スポンサーリンク

「おにぎり専門店ぼんご」のレシピでおにぎりを家で作っている人はいる?

なかなかお店に行けない人でぼんご風おにぎりを自宅でも作れるのかみんなはどうしているのでしょうか?

家でぼんごのおにぎりのように作ってもやはり本場とは違うと感じてしまうようですね。

ぼんごでは持ち帰りもあって持ち帰りを買って家で食べるという方もいました。

ぼんごで気に入った具の組み合わせを家で試しているという方もいて、それは簡単に真似できていいですよね♪

スポンサーリンク

ぼんごおにぎりの握り方は?レシピやお米の炊き方のポイントも紹介!まとめ

ぼんごのおにぎりの握り方やお米の炊き方のポイントについてまとめてきました。

おにぎりを口でほどけるようにするには握るというより軽く3回押さえる程度が正解でしたね。

お店に中々いけない方は紹介した方法で家でおにぎりを作ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA