浅田家のネタバレなしのあらすじとラストまで徹底ネタバレ!原作は小説ではなく写真家のアルバム?

映画「浅田家」のネタバレなしのあらすじとストーリーの徹底ネタバレを紹介!

原作は小説ではなく写真家のアルバムという浅田家。

嵐の二宮さん主演で映画化されました。

こちらの記事では原作の情報やラストシーンまでの徹底ネタバレをお届けします。

映画「浅田家」のあらすじ

まず浅田家のあらすじをみていきましょう。

「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」彼が選んだのは“家族”だった−INTRODUCTION主演:二宮和也×原案:浅田政志×監督:中野量太 笑いと涙の感動実話!
父、母、兄、自分の4人家族を被写体に、“家族がなりたかったもの”“家族でやってみたいこと”をテーマに様々なシチュエーションでコスプレして撮影、ユニークな《家族写真》を世に送り出した写真家・浅田政志。普通の家族が、消防士、バンドマン、レーサー、極道、ラーメン屋……等々、全力でなりきった姿を収めた写真集「浅田家」は、思わず笑みがこぼれる仲睦まじい家族の光景として好評を博し、写真界の芥川賞ともいわれる第34回木村伊兵衛写真賞(2008年度)を受賞しました。本作は、この「浅田家」と、東日本大震災の津波で泥だらけになった写真を洗浄し元の持ち主に返すボランティア活動に参加した浅田政志が、作業に励む人々を約2年間にわたって撮影した「アルバムのチカラ」の2冊の写真集を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で、第41回報知映画賞作品賞、第40回日本アカデミー賞優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞ほか、その年の映画賞を総なめにした中野量太監督が、実話に基づき独自の目線で紡いだオリジナルストーリー作品です。
写真家・浅田政志を主人公に、彼の人生と彼を支えた家族をユーモアたっぷりに温かく描き、なぜ彼が“家族”というあまりにも身近な存在を被写体として選んだのか、そして撮り続けるのか。一人の写真家の人生を通して《家族の絆》《写真が持つチカラ》を色濃く映し出します。

引用:浅田家公式サイト

写真家「浅田政志」さんが4人家族を撮影したことから身近な存在を写真にとることの意味、家族の意味を問いかける作品になっています。

映画「浅田家」のネタバレ

映画「浅田家」の内容を徹底的にネタバレして紹介していきます。

「浅田家で一番印象的な出来事」

浅田家では、お父さん(平田満)が家事をしてお母さん(風吹ジュン)が看護師で生計を立てています。

お父さんは、子供が帰るまでにシフォンケーキを作る子煩悩。

ある日、お父さんが食事を作っている際、誤って足を包丁で切ってしまいます。

それを発見しお母さんに連絡しようとした次男・政志(二宮和也)が慌てて転び顎から出血、それをみた長男・幸宏(妻夫木聡)が階段から落ちたのでした。

お母さんは、自分が働く病院で縫うほどの大けがをしている家族を見て呆れて笑ってしまいます。

これは、政志が小学生の頃の出来事です。

 

時は経ち、政志は写真の専門学校に進学しますが、単位が足りません。

先生は、良い写真を課題として提出すれば卒業を認めると言ってくれました。

専門学校に行ってから家族と交流していなかった政志でしたが、いきなり家族に協力をお願いするのでした。

政志は、浅田家の男三人がケガした事件を写真で再現し、学校から評価されぶじ卒業することが出来ました。

「家族の夢を叶える政志」

しかし、その後全く写真を撮らなくなった政志は、パチンコでその日暮らし。

兄はそんな政志を叱りますが、父はやりたいことをやればいいというのでした。

政志は、実は消防士になりたかった父の夢を叶えるために兄を使って知り合いの消防士から消防車を借りて、家族4人で消防士に扮して写真をとりました。

父はえらく感動しています。

その後母のやりたかった極道と、兄のやりたかったレーサーなどコスプレをし家族写真を撮り続けるのでした。

「東京で勝負」

その写真に自信を持っていた政志は、これを持って東京で勝負すると言って実家を出て行きます。

応援する父と母とは違い理解を示さない兄でしたが、餞別にアルバムをくれるのでした。

政志は、無計画で上京したために、幼なじみで恋人の若奈(黒木華)のアパートに転がり込みます。

東京ではカメラアシスタントをしながら写真を売り込む日々。

しかし、出版社では、ただの家族写真と言われ相手にされません。

「個展がきっかけとなり写真集を出版」

若奈の薦めで政志は、個展を開きます。

見に来た出版社の人から評価を得て写真集を出しますが、簡単には売れません。

しかし、その後写真集「浅田家」は賞を取るのでした。

若奈は「賞を取ると思っていた。」といい、政志は、その晩泣き笑いしながら写真集をながめる若奈を見てしまいます。

「あなたの家族写真を撮ります」

写真集「浅田家」にはあなたの家族写真を撮りますと載せていました。

それを見て連絡をくれた初めての客は岩手の小学校に入学前の子供がいる家族でした。

政志はその後、脳腫瘍の子を持つ家族などの依頼に答え写真を撮るのでした。

「東日本大震災」

政志が、富山で個展の準備中に東日本大震災が起こります。

政志は、初めて家族写真を撮った岩手の家族を心配し、救援物資をまとめて車を走らせました。

すると泥だらけになった写真を洗う作業をしている大学生・小野(菅田将暉)に出会い手伝うことにします。

そして政志は、そのまま手伝い続けるのでした。

政志は、被災地で子供を亡くした男性・渋川(北村有起哉)のために遺影用の写真を卒業アルバムから探す手伝いをします。

さらに、お父さんの写真を探してる女の子・莉子(後藤由依良)に家族写真を撮ってと頼まれますが、断ってしまうのでした。

映画「浅田家」の結末・ラストシーンをネタバレ

浅田家の結末・ラストシーンをネタバレしていきます。

「父、倒れる」

兄から父の誕生日に帰ってこいと言われ久しぶりに実家に帰ります。

しかし、父は、誕生日パーティーをしている最中に倒れてしまうのでした。

それ以来、腑抜けてしまった政志。

心配した若奈がやってきて逆プロポーズします。

父のお見舞いに行く前にお参りをする政志と兄。

急に政志は、何かを思い岩手に帰るのでした。

政志は、莉子にお父さんの写真が無いのはお父さんが写真を撮っていたからだと、家族写真を撮った時に莉子に気づかせるのでした。

政志は、兄とお参りした先で、自分も父に写真を撮ってもらってばかりだったと思い出したのでした。

父は、意識を取り戻しまた政志に写真を撮ってもらうことを期待していました。

政志は、半年続けた写真を洗う作業を終えます。

東京に帰る前に一番最初に家族写真を撮った家族の無事を伝言板で知りました。

そして最後の浅田家の写真は、父のお葬式。

もちろん浅田家らしいコスプレ写真です。

浅田家の原作はアルバム?小説・漫画はない?

浅田家の原案は写真家・浅田政志さんの撮影した作品「浅田家」「アルバムのチカラ」2つのアルバムです。

アルバムが原案というのはかなり珍しいですよね。

直接的な原作となる話はなく、浅田政志さんの生涯をモデルにしているのですね。

 

この作品を映像にする監督は中野量太さんです。

中野量太監督のこれまでの代表作をみていきましょう!

  • バンザイ人生まっ赤っ赤。(2000年)
  • チチを撮りに(2013年2月16日公開)
  • 沈まない三つの家(2013年10月5日公開)
  • お兄チャンは戦場に行った!?(2013年10月5日公開)
  • 湯を沸かすほどの熱い愛(2016年10月29日公開)
  • 長いお別れ(2019年5月31日公開予定)

この中で「湯を沸かすほどの熱い愛」は自身が著書も発売しました。

浅田家を見た所感と評価

浅田家の評価
面白さ
(4.0)
感動
(4.5)
おすすめ度
(4.5)
家族愛
(4.0)
総合評価
(4.5)

破天荒な政志の人生はもちろん面白くて興味深いですが、それよりもなんだかんだと政志を支える兄と恋人・若奈に感動しました。

二人とも政志の才能に早くから気が付いていて突き放すことが出来なかったのだと思います。

コミカルなシーンとシリアスな話の二部構成になっていて飽きずに見れました。

いい加減のようで熱いハートの持ち主の政志は、何者かに動かされ写真を撮っているようにも思えます。

この映画を見ると誰かの夢を応援したい気分になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です