浅田家のあらすじネタバレ!原作は小説ではなく写真家のアルバム?

浅田家のあらすじネタバレ!

原作は小説ではなく写真家のアルバム?

映画「浅田家」のあらすじやネタバレをまとめました。

浅田家のあらすじ

まず浅田家のあらすじをみていきましょう。

公式サイトではまた発表がないのでニュースで明らかになった部分をご紹介します。

被写体は父、母、兄、自分の4人家族。“家族でやってみたいこと”をテーマにさまざまなシチュエーションでコスプレして撮影する、そんなユニークな家族写真を世に送り出した写真家・浅田政志。バンドマンや消防士、ラーメン屋などになりきったその姿を収めた写真集『浅田家』は、思わず笑みがこぼれてしまう仲睦まじい家族の光景が好評を博し、写真界の芥川賞ともいわれる第34回木村伊兵衛写真賞(2008年度)を受賞した。

写真集『浅田家』のほか、東日本大震災の津波で泥だらけになってしまったアルバムや写真を洗浄し、元の持ち主に返すボランティア活動をする人々を約2年間にわたって撮影した『アルバムのチカラ』など現在の日本写真界において独特の存在感を放つ。同作は、その浅田政志の2つの写真集『浅田家』『アルバムのチカラ』を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)などを手がけた中野量太監督が、独自の視点と脚本で、実在する家族の物語に挑む。

身近でかけがえのない存在を写真に撮ることの意味、写真に残すという行為そのものの意味。写真とは? 故郷とは? 家族とは? 本作では、実話をベースにオリジナル要素を加えながら、写真家・浅田政志が写真を撮り始め、東日本大震災という未曽有の天災を通して、それでもなお彼が家族写真を撮ることに向き合い成長する姿を描く。

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2149874/full/

写真家「浅田政志」さんが4人家族を撮影したことから身近な存在を写真にとることの意味、家族の意味を問いかける作品になっているようです。

 

スポンサーリンク

浅田家の原作ネタバレは?小説・漫画はない?

浅田家の原案は写真家・浅田政志さんの撮影した作品「浅田家」「アルバムのチカラ」2つのアルバムです。

アルバムが原案というのはかなり珍しいですよね。

直接的な原作となる話はなく、浅田政志さんの生涯をモデルにしているのですね。

 

この作品を映像にする監督は中野量太さんです。

中野量太監督のこれまでの代表作をみていきましょう!

  • バンザイ人生まっ赤っ赤。(2000年)
  • チチを撮りに(2013年2月16日公開)
  • 沈まない三つの家(2013年10月5日公開)
  • お兄チャンは戦場に行った!?(2013年10月5日公開)
  • 湯を沸かすほどの熱い愛(2016年10月29日公開)
  • 長いお別れ(2019年5月31日公開予定)

この中で「湯を沸かすほどの熱い愛」は自身が著書も発売しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。