映画「惡(悪)の華」感想はつまらないしひどい?評価評判に興行収入も調査!

惡(悪)の華映画感想

映画「惡(悪)の華」の感想はつまらない、ひどいという評価や評判はご存知でしょうか

映画「惡(悪)の華」といえば実写映画だけでなく、アニメやラジオ、ドラマCDは勿論、舞台にまでなった人気マンガ作品ですね。

実写映画でも伊藤健太郎と玉城ティナの名演技で多くの評価を得た作品ですが、ただ面白くないというだけでなく、つまらない、ひどいという感想や評価が多いようです。

その理由について興行収入や評価、評判をまとめていきます。

スポンサーリンク

映画「惡(悪)の華」感想はつまらないしひどい?

映画「惡(悪)の華」感想はつまらないしひどいの真相についてまとめていきます。

「惡(悪)の華」がつまらない派の感想評価・口コミ

あえて実写にした意味がわからない

期待してた分、落胆がひどい

見たけど結局よくわからないまま終わってしまった

原作が好きなだけ残念だ

大きな声ではいえないけど映画代を返してほしい

などなど一言では上手くいえない程悪評が集まっており、キャスト、監督など高品質なものを集めたにも関わらず典型的な実写化失敗となってしまったようです。

また、何が悪かったのか具体性がないのにつまらないしひどいなどの感想が集まっています

では何がいけなかったのか、ひどいという理由についてまとめます。

「惡(悪)の華」がひどいと言われる理由は?

惡(悪)の華がひどいといわれる理由を大きく3つにわけて解説していきます。

理由①題材が実写向けではなかった

根本的な理由となってしまいますが、主人公のSM願望や下着を盗むなど女性から共感よりも侮蔑されそうなテーマ性がよくないのではないでしょうか。

これが究極変態仮面のようなギャグテイストの変態作品であればまだ良かったかもしれませんが、男子中学生という多感な時期の男性の願望を描くのはやはり実写化作品には向かなかったのです。

理由②犯罪が多すぎる

映画という限られた時間内に何度も繰り返し行われる窃盗、それも思春期女性の下着を盗むという相手にトラウマを植え付けるような行動を何度も行う主人公。

さらにその恋人で彼氏に拒絶されたので火をつけるといった放火犯など物語に登場する主要人物に危険人物が多すぎる為、共感という分野に圧倒的向いていなかったのが原因ではないかと考察します。

理由③俳優が良すぎる

1つめ、2つめと理由がやや重複しますが、伊藤健太郎など今人気のイケメン俳優たちが汚れのような配役を担ったのが原因だと考えます。

映画館まで来場した人の中には彼のファンも多かった事が予測できます。

その為、落胆の声も大きかったのではないかと考察します。

スポンサーリンク

映画「惡(悪)の華」感想が面白いの声はある?

View this post on Instagram

#惡の華 #惡之華 #akunohana #押見修造

A post shared by Erika (@art.erika) on

映画「惡(悪)の華」のひどい理由についてまとめましたが、感想の中に面白いという声がなかったのかまとめていきます。

「惡(悪)の華」が面白い派の感想評価・口コミ

面白いを超越していてスゴイ、それしか感想がでない

姉妹で見に行ったけど内容について2時間も語ってしまった

配役もマッチしていて控えめにいって最高だった

などなど良い感想を言う人からはかなり高い評価、評判を得ており、内容についても様々な場所や媒体で議論されています

また、何度も繰り返しみたり、友人や家族を誘い2度、3度といく人も多いようで中毒性のある作品でもあるようです。

スポンサーリンク

映画「惡(悪)の華」キャストの感想・評価は?

映画「惡(悪)の華」のキャストについて賛否両論ですが、感想、評価をまとめていきます。

主演:伊藤健太郎の感想・評価

主人公、春日高男を演じた伊藤健太郎に関しては元々の高い評価や朝の連続テレビ小説出演など話題性にも事欠かさず、惡(悪)の華でも高く評価されています。

中には春日にしか見えないなど演技力や見た目に関しても文句がほとんどないようです。

ヒロイン:玉城ティナの感想・評価

ヒロイン、仲村佐和を演じた玉城ティナですが、PとJK、オオカミ少女と黒王子など少女漫画の実写化に多数出演。

本作においても迫力ある演技やその可愛い容姿が評価されており、絶賛の声も多数あります。

ヒロイン:秋田汐梨の感想・評価

佐伯奈々子を演じる秋田汐梨はなんと16歳と現役高校生でありながらも熱演されており、その年齢からか、高い評価だけでなく、今後の伸びしろについても注目を集めています

しかし、伊藤健太郎、玉城ティナといった主演たちの怪演ぶりのせいか、演技力については良くも悪くもないようです。

スポンサーリンク

映画「惡(悪)の華」主題歌の感想・評価は?

映画「惡(悪)の華」の主題歌について、評価、感想をまとめていきます。

主題歌を歌ったのは2014年に結成したばかりのロックバンド、リーガルリリーで、曲名はハナヒカリです。

歌詞、曲共にかなり高水準の歌ですが、映画「惡(悪)の華」のイメージとはややことなるようです。

スポンサーリンク

映画「惡(悪)の華」の評判を興行収入から調査

映画「惡(悪)の華」の評判を興行収入から調査していきます

「惡(悪)の華」の興行収入

映画「惡(悪)の華」の興行収入ですが、調査の結果、具体的な数字はわかりませんでした。

しかし、公開1周目からベスト10入りする事なく公開終了までずっと圏外にいた事から興行収入は控えめに言って大赤字という結果で間違いないようです。

スポンサーリンク

映画「惡(悪)の華」感想はつまらないしひどい?評価評判に興行収入も調査!まとめ

映画「惡(悪)の華」の感想はつまらないしひどい、興行収入についてまとめていきます。

惡(悪)の華の感想や評価については賛否両論ですが、興行収入といった観点から見ると、大失敗だったようです。

 

また、これが評判を下げる最大の原因となったようですが、俳優の熱演ぶりや深い議論が交わされる程の内容などから意外と食わず嫌いから忌避しているだけの方も多いようなので、これを期に一度見てみるのも良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA