8年越しの花嫁はつまらないor泣ける?感動シーンに号泣の感想・評価?

感想つまらない感動シーン

映画8年越しの花嫁の感想はつまらないという声が多いんでしょうか。

感動シーンに号泣した、泣けるという声もありますが、怖いなんて感想も。

佐藤健さんと土屋太鳳さん主演の感動作、 8年越しの花嫁のみんなの感想をまとめてご紹介します。

つまらない派の意見も泣ける派の意見もどちらも大調査!

ホラーではないのに怖いなんて感想もあるようですが、なぜなんでしょうか。

実話がベースの映画8年越しの花嫁の感動シーンもまとめちゃいます。

スポンサーリンク

映画「8年越しの花嫁」感想はつまらないし面白くない?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#8年越しの花嫁奇跡の実話 #8年越しの花嫁 #佐藤健 #土屋太鳳

🕊🤍(@tkrknsk__)がシェアした投稿 –

まずは8年越しの花嫁がつまらないという意見を集めてみました。

「8年越しの花嫁」がつまらない派の感想評価・口コミ

映画的な良い部分がなかった。ドラマで十分

寝たきりになるまでが早すぎて、なぜ尚史がそんなに麻衣を想い続けられるのかわからなかった

ストーリーが予想通り過ぎた

もうちょっと深いエピソードが欲しかった

発病まえの2人の日常や回復までの彼女の苦労をもっと描いて欲しかった

実話である分、ストーリー展開が読めてしまうのがつまらないと思われた理由でしょうか。

それと発病までの2人の描写にあまり時間を割いていないのも残念なところでしょう。

2人の絆が見えなくて、なんで尚史がそんなに麻衣を一途に想い続けられたのかが伝わらなかったのかも。

実際には1年くらいお付き合いしてプロポーズ、そして発病なので色んなことがあったと思うんです。

映画なので時間の制約があるから仕方ないのかな。

スポンサーリンク

映画「8年越しの花嫁」感想は泣ける・号泣!

8年越しの花嫁が泣けるという意見も集めてみました。

「8年越しの花嫁」が泣ける派の感想評価・口コミ

よくあるお涙頂戴ものかと、冷めた目で見始めたがいつのまにか涙ぐんでしまっていた

尚史の麻衣を想うけなげな姿に心打たれました

8年待ち続けた一途な愛に感動

普段なら実話にどれぐらい盛っているのかなどと考えてしまうが、この作品は素直に泣けた

娘がいる私は親目線で号泣してしまいました

尚史、麻衣、麻衣の両親といろんな立場の登場人物がいて、みんなが互いを思いやっているので誰に感情移入しても泣けるポイントがあるようですね。

8年越しの花嫁は実話ですが、変に脚色せずに描いたところがよかったのではないでしょうか。

「ここ盛ってるな」なんてところが見えると冷めてしまうかと思いますが、そういうシーンがほとんどなく素直にストーリーに入れたのが泣いた人続出の理由だと思います。

その分盛り上がりには欠けるところもあったかもしれませんが、そういうのが鼻についてしまう人にも素直に受け入れられた作品のようですね。

「8年越しの花嫁」の感動シーンは?

8年越しの花嫁の感動シーンをご紹介します。

①身を引く尚史

意識を取り戻した麻衣ですが、記憶障害から尚史のことをまったく覚えていません。

それでも尚史は献身的に麻衣のリハビリをサポートします。

しかし、麻衣にはそれがだんだんツラくなってしまいます。

自分をすごく大切に支えてくれるのに全く思い出せない。

麻衣が葛藤していることに気づいた尚史は、自ら麻衣との別れを選択します。

②尚史の動画

麻衣の意識が戻らない中、尚史は自分の近況や麻衣への想いを動画に撮って、麻衣に送っていました。

ある日麻衣は尚史が予約していた式場のウェディングプランナーの女性と出会います。

そして予約の日が2人の出会った日であったことを知り、ずっと思い出せなかった携帯の暗証番号かもと打ち込むと。

そこには尚史からのたくさんの動画が。

それを見た麻衣は尚史の自分への愛の深さを知るのです。

③小豆島での再会シーン

尚史との記憶は戻らないままでしたが、携帯に送られてきていた尚史からの動画を見た麻衣は、小豆島にいる尚史に会いに行きます。

「あなたのことがもう一度好きになりました」と麻衣。

すると尚史は「ぼくはずっと好きです」と返すのでした。

一緒に歩いていこうと手を取り合い2人は歩きだします。

 

何年も待ち続けたのに、自分の存在が麻衣を困らせていると気付くや別れを選ぶ尚史。

本当に麻衣を愛しているんですね。

麻衣も記憶が戻ったわけではなく、改めて尚史を好きになったというのがいいですよね。

2人の心の移り変わり、心情に寄り添って丁寧に描かれているのも感動できるポイントですね。

それも押しつけがましくなく、自然で心動かされます。

主演のお2人の演技の素晴らしさもあるんでしょう。

ある程度は脚色されているところもあるのかな。

すべてこの通りだとしたら、尚史さんみたいな人と結婚できたらすごく幸せだろうなぁ。

感動シーンの連続に号泣した人続出の「8年越しの花嫁」

今ならTSUTAYATVで無料視聴可能です!

地上波放送を見逃した方やもう一度みたい方はTSUTAYATVをご利用ください♪

30日間無料キャンペーン中/
今すぐ無料トライアル
もっと情報を知る>
/るろうに剣心も配信中\

スポンサーリンク

映画「8年越しの花嫁」の感想に怖いの声?

8年越しの花嫁には怖いという感想も。

みんなはどんなところが怖いと感じてるんでしょうか。

自分も急になるか分からないのが怖い?

麻衣を襲う病気をリアルにしっかり描いてるんですね。

そこが怖いと感じるようです。

土屋太鳳さんの演技の素晴らしさもあって、自分が家族がなったらと想像してしまうんでしょう。

でもこんな病気があるってことを広く知ってもらうためには、リアルであることも重要ですよね。

こんな病気があって、今も苦しんでいる人がいるってことも考えてしまいます。

実際の尚史さんと麻衣さんも、病気のことを知って欲しいという想いもあって、映画化や書籍化してきたのかなと思います。

スポンサーリンク

映画「8年越しの花嫁」主題歌への感想は?

8年越しの花嫁の主題歌はback number「瞬き」。

この歌がまたいいと評判です。

主題歌が映画にぴったりの素晴らしい曲だと絶賛ですね。

映画の余韻が残るエンドロールで主題歌を聞いてまた泣けると映画の印象も残るし、いいですよね。

スポンサーリンク

8年越しの花嫁はつまらないor泣ける?感動シーンに号泣の感想・評価?まとめ

8年越しの花嫁の感想は、つまらないという声もありましたが、泣けるという声の方が多かったです。

感動シーンは号泣必至でしょう。

怖いと感じてしまうほどリアルな病気の描写や、尚史の一途な愛など見どころも多い映画だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA